【動画】CC LabsのIoTとAIが人々の生活を変える

CC Labs(CliniCloud)は、AIを搭載した製品開発をする会社です。CC labsは既存指定ある電化製品や家電と独自に開発したAIを組み合わせた製品を開発しており、より快適で楽な生活を提供するために日々沢山の製品の開発をしています。


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

Artificial Intelligence (AI)は今や世界中で色んな用途で使われています。iPhoneを持っている人ならば、Siriを使う事がありますよね。でも、次世代のAIは、本当の意味で「次世代」なのです。

医師は、テクノロジーを駆使した医療機器を作りたいと考え、Bluetoothで接続出来る聴診器と体温計を開発しました。

聴診器は、心拍数や肺の音を聞く事ができ、その情報を記憶し直接主治医に送ることが出来るので病院に行く必要がなくなりました。

その後、AIを搭載した医療機器を実際に使用した人に意見を聞き、医療機器に音声システムを搭載することを決め、製品に対して試行錯誤を重ねています。また、開発者は医療や健康管理だけに限らず全ての物にAIをいれられると考えています。

コーヒーメーカーにAIを搭載している機器もあります。AIは人間の好みのコーヒーを聞き、作ることが出来ます。「ラテにミルクを追加して」、など細かい要望まで聞いてくれることが可能です。

この機器はただ単にコーヒーを作るだけではありません。例えば、コーヒーを作り飲みながら「今日のニュースを聞かせて」とAIに言えば、その日の話題のニュースを読んでくれます。

他にも、体重計にもAIを搭載できます。体重計はその人が乗ると、体重を読み上げる機能が備わっており、目が見えない人でも使う事が出来ます。

体重は記録する事ができ、前回の記録と比較する事ができます。その他にも、リマインダーの機能も搭載されているので「明日ジムに行くことをリマインドして」と言っておけば次の日に体重計が教えてくれる事が出来ます。

CC Labsは、AIをどんな機器に入れたら良いかを考え、将来的にはナイフや銃など、色んなデバイスにAIを入れることを研究しています。

AIは特定のことだけではなく細かい事まで人間の要望に答える事ができるようになりました。今、Siriに「ビートボックスをして」と頼んでも基本的な知識しか搭載されていないSiriはビートボックスをする事ができませんが、この先AIの可能性にはリミットがなく無限に何でも可能にしてしまうでしょう。

CliniCloudについて

CliniCloudは、あなたがどこにいても安心を提供することに焦点を当てた次世代のヘルスケア会社です。患者とプロバイダーに、医療をよりアクセスしやすく手頃な価格で提供するためのテクノロジーを活用した貴重なツール、サービス、イノベーションを開発しています。
創設者Hon Weng ChongとAndrew Linは、2012年にMicrosoft Imagine Cupを受賞し、設立した会社です。

詳しくは、https://clinicloud.comをご覧ください。

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
産業オートメーション市場 – アジア太平洋およびヨーロッパ地域における市場の大幅な成長を予測 世界のIoTに関するレポート公開中