【IoTトレンド】「インテグレーション実例:スマートLEDライト」など最新の動画記事まとめ

IoTトレンド】「インテグレーション実例:スマートLEDライト」など最新の動画記事まとめ – 記事

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。

インテグレーション実例:スマートLEDライト

今日のチュートリアルでは、アプリデベロップメント-ハードウェアコントロールに関して解説します。
トピックは、スマートLEDライトです。チュートリアルの目標は、スマートライトを認識することです。明るい照明の下では、電灯が自動的に消灯し、暗い照明の下では自動的に点灯します。
これを実現する為にハードウェアで準備するものは、Ruffデベロップメント・ボード、リレー・モジュール、ライト・センサー、ランプホルダー用の電球と電線、スイッチつきのランプホルダー、工具、などです。
大切なことは、強いカレントを弱いカレント(5V又は3.5V)を通じてコントロールすることです。次にライトソケットに細工をします。その後、リレーと電球を繋ぎます。電球からの2本のワイヤーのうち、一本をライブワイヤーに、そしてこのライブワイヤーを“常にオープン”ピンに接続します。電球からのもう一本をゼロワイヤーに、そしてそのゼロワイヤーを“常にクローズ”4ピンに接続します。
ソフトウェアを開発し、実際に稼動するかテストします。

話題の元記事はこちら: Integration Example: Smart LED Light | #2.3 Ruff IoT Application Development Tutorial

デバイスをAzure IoT CentralにChirpしてみよう

今日のビデオでは、音を使ってIoTデバイスをワイヤレス・コンフィグや、Cloudコネクション情報その他を規定するスマートな方法を紹介します。
Chirpは、エンタープライズ・レベルでの利用が可能で、音声でデータを送信するためのクロス・プラットフォームSDKを作り出しました。そして、Azure IoTチームはChirpとコラボを実現させ、MXChip devkitを簡単に設定し、Azure IoT Centralに音声だけで接続する方法を紹介します。

話題の元記事はこちら: Chirp your device into Azure IoT Central

SUGCONベルリン:IoTラウンドテーブル

ベルリンで開催されたSitecore ユーザー・グループ・カンファレンスで、Peter Navarra、Richard Seal、Jason WilkersonとRob Habrakenをフィーチャーして行われた、IoTアプリに関するラウンドテーブル討議の模様を紹介します。
現状でも、未だにIoTを未来のものだと見る向きがあります。企業がIoTに本格参入するのを妨げている要因はなんだと思いますか?
顧客の成熟度が影響を与えていると思います。多くの企業が未だに、どうやってプラットフォームからレバレッジを得るかを逡巡しています。
最適なアプリにめぐり合っていない、と感じる組織も沢山あります。
IoTに触れる、初心者向けの最適なイントロはAlexaやGoogle Homeです。

話題の元記事はこちら: SUGCON Berlin: IoT Roundtable

エッジでのIoT:クラウドIoTを使って、エッジにインテリジェンスをもたらす

Google PlatformのIndranil Chakrabortyが、3つのトピックを解説します。
一つ目がEdgeの主要課題Google Cloudがこれに対して提供する解決策、そしてGoogle CloudとGoogleのインテグレーテドAIプラットフォームに対する取り組み、最後にデモを紹介します。
IoTには3つのコンポーネントがあります。ワイヤー若しくはワイヤレスでモノが接続されたネットワーク、デバイスとインターネットを繋ぐゲートウェイ、そしてデバイスから送られた情報を保管するクラウドです。クラウドは同時に情報をプロセスし解析する役割も担います。爆発的に増え続けるデバイスから送信されるデータを遅滞なく処理する為に、昨年GoogleはCloud IoT Coreを発表しました。Cloud IoT Coreの4つのフォーカスは、インテリジェンス、サーバーを使わないスケーラビリティ、セキュリティ、パートナー企業(組織)のエコシステムです。

話題の元記事はこちら: IoT at the edge: Bringing intelligence to the edge using cloud IoT

IoTセキュリティ基準はすぐそこまで来ているのか?

CPUとOSがIoTセキュリティの鍵なのでしょうか?今日はNanolock SecuirtyのErin Fineをゲストに迎えています。
Microsoftは最近、Microsoft Cloudのカスタマーに恩恵を与える、何十億ものデバイスへのセキュリティ対策を発表しました。Microsoftは自社のカスタマーのみを保護するセキュリティ対策を講じていますが、競合他社はどの様な対応をとっているのでしょうか?
Erin Fineの会社は、ウェブサイトに電話番号を表記して、誰でもセキュリティに関する相談ができるようにしています。同社が提供するのはMicrosoftと類似した対策ですが、Microsoftよりもより堅強であると自負しています。

話題の元記事はこちら: Are IoT security standards around the corner?

5Gへのロードマップ:4G、5Gアーキテクチャ、ネットワーク戦略、および計画を含む5Gに向けたワイヤレスネットワークの進... 世界のIoTに関するレポート公開中