【IoTトレンド】「Bosh IoT専門家のIOTAテクノロジーに関する考察」など最新の動画記事まとめ

IoTトレンド】「Bosh IoT専門家のIOTAテクノロジーに関する考察」など最新の動画記事まとめ – 記事

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。

Bosh IoT専門家のIOTAテクノロジーに関する考察

Uweは、@BoshUSAの産業型IoTの専門家です。彼のIOTAトークンに関して、これの意味するもの、何故これがトレンドとなっているのか、に関する考察を紹介します。
コネクテド・インダストリーの定義では、マシーンラーニングやセンサーなどが、より効率的で迅速で、よりフレキシブルに接続されています。デバイス間が相互に、高度な透明性と迅速性で交信を行い、プロセスを最適化します。

話題の元記事はこちら: Thoughts of Bosh IoT expert on IOTA tech

IoT in Action - 次世代の農業革命

収集されたもの、及び予測されるデータに農家の農地への知識を加えることで、農地の生産性を向上し、費用を削減することが可能です。Microsoftは既に、FarmBeatsとAzure IoTプラットフォームを活用したソリューション・インテグレーターを活用することで、精密な農業の実現を可能にしています。
近々発足するMicrosoftのIoT in Action – Agriculture Webinarを紹介します。
まだ、誰もが知るまでにはいたっていませんが、農業は一大変革期を迎えおり、これを牽引しているのがIoTです。今日はTom Rileyをゲストに迎えています。Webinarでは、毎回一つの産業に焦点を当て、これを深く掘り下げていきます。
70%の清水は、牧畜や穀物のために使われているとのデータからも、水や土地の有効活用は重要な課題ということがわかります。

話題の元記事はこちら: IoT in Action – The next agricultural revolution

追加の周辺機器 - Ruffチュートリアル

Ruffは、JavaScriptのために構築された、アプリ開発の為のオペレーティング・システムです。Ruffはオープンで、効率的でアジャイルなプラットフォームをIoTアプリ開発に提供します。これによって、アプリ開発に着手することが格段に易しくなります。Ruffデベロップメント・システムには、Ruff OS、Ruff SDK、Rap Registry及びRuff Development Kitが含まれています。
Ruffでハードウェアアプリを開発する為に追加で必要となるのは、ソフトウェア開発の経験だけです。今日のチュートリアルでは「周辺機器を追加する」をテーマとします。これには(1)アプリにドライバーを追加する、(2)デバイスAPIを探る、(3)レイアウトを生成し、コネクションを完了する、(4)アプリを作成し、(5)アプリを実装又は実行する、の5つのステップが関わっています。

話題の元記事はこちら: Extra Peripherals – #2.2 Ruff IoT application development tutorial

Black Hat 2018 - AkamaiのエグゼクティブがIoTの脆弱性などを語る

IoTの脆弱性への関心は、益々高まっています。IoTデバイスへのボットネットの攻撃がニュースで取り上げられることも多くなっています。IoTセキュリティの分野ではセキュリティへの脅威の情報を共有することも盛んに行われるようになってきました。
大きな課題は、デバイスを製造する企業にとって、セキュリティ対策をとることが自社にとって経済的利益をもたらすと、認識・理解するようになることです。
最大の脅威はアタックサーフェスの大きさです。これが、IoTデバイスに対する自信に影響を与えています。

話題の元記事はこちら: Black Hat 2018 – Akamai exec discusses IoT vulnerabilities, SQL injections, phishing and more

世界最速のスーパーカーにIoTを確立する

Brandon ShibleyはToradex社のイノベーション担当VPです。ToradexはARMベースのSystem on Modules (SoM)の製造会社です。SoMは単一ボードコンピューターとは異なり、異なるコンポーネントをモジュールとしてオファーし、フレキシビリティとアップグレードの可能性を高めます。SoMは産業用の自動化、テストや測定、デジタル・サイン、自動車、医療分野などの特定な市場で利用されています。
SoMはスーパーカーや医療分野の自動化部門に、IoTをもたらします。
Toradex SoMは、世界最速の電気自動車Rimac Concept Oneに利用されています。この電気自動車は、Apalis iMX6を利用しています。
「当社は、産業グレードのハードウェアをロング・ライフサイクルサポートと共に提供しています。更にソフトウェアの分野でもSystem on Modulesに対するサポートを提供しています」と、Shibleyは語ります。

話題の元記事はこちら: Securing IoT of the World’s Fastest Super Car

関連記事はこちら:【IoTトレンド】「IoTとは何か?」など最新の解説記事まとめ

【IoTレポート】インダストリアルインターネット(IIoT)と製造業の将来、2021年までの予測 世界のIoTに関するレポート公開中