【動画】IIoT統合センサー、機械とモバイル機器を接続| Balluff

【動画】IIoT統合センサー、機械とモバイル機器を接続| Balluff

BalluffのIO-Linkはセンサーから情報を抽出し、インダストリー4.0を通して離れた場所でその情報を確認する事を可能にします。システムを複雑にすることなく、シンプルな接続で複数のセンサーから業界標準のコンピュータデバイスへの情報のフローを確立し、作業場、運営、エンジニアを繋ぎます。

<Jim Anderson: Director of Connect at Engineering.com>
あなたはIIoTをご存知でしょう。全ての産業にとってこれはバズワードですが、ここのところ業界を飛び交っています。それは実際何を意味するのでしょうか?もしあなたが工場の自動化またはマスプロダクションに関わっているのなら、沢山のセンサーと沢山の情報プロセスを抱えていることでしょう。こちらがこのトレードショーイベントの特別開発者Chris Duncanです。クリス、私たちは今沢山の代表的な各種センサー製品が並んだ壁の前にいます。私の工場の作業場には沢山の情報があり、私は自分がどんな情報を持っているのかを見る手段が必要です。

<Chris Duncan:Tradeshow and Event Specialist / Balluff >
インダストリー4.0を通して、当社の多くのIO-Link製品を利用する事ができます。私たちはIoTを通してipadや仕事場のオフィス、工場の作業場で情報を見る事ができます。ここにある圧力センサーを例にとってみます。圧力を変更するとここに違いがリアルタイムで表示されます。ですので、誰かがオフィスから出かけて行って、各機械を確認する必要がありません。

<Jim>
現在センサーは今まで出来なかったことを沢山やってのけます。以前私たちはセンサーには限界があって、圧力変圧器、温度トランスミッターなど基本的なことしか出来ないと思っていましたからね。現在はより洗練されてきており、圧力を同じに保つことは技術的な保証のようなものです。それはシステムをより複雑にしますか?それともシステムにとらわれませんか?IoTにとって私が幾つセンサーを持っているかは重要ですか?もしそうならどのようにですか?

<Chris>
素晴らしいことにこれらの製品の多くはIO-Linkを通しています。IO-Linkは異なる製品からどのくらいの情報を得られるかを決める主要な機能です。データがどれほど具体的であるかという複雑性に関してはIoTには関係ありません。全てのデータは既にこれらのデバイスにあります。IO-Linkはそこらから情報を引き出します。そして離れた場所でIoTを通してそれらを見る事ができます。

<Jim>
この場合、もちろんこれらのセンサーは接続されていません。これらはサーバーに接続されるのでしょうか?このセンサーから得られた情報はどのようにクラウドに送られるのでしょうか?

<Chris>
これらのセンサーはマスターボックスに繋がれます。マスターブロックはこの壁の後ろにあるPLCに繋がれます。PLCはシンプルなノートブックパソコンに繋がれ、ワイヤレスネットワーク環境を作り、それがこのiPadへの接続を可能にしています。そしてIPアドレスへいき、情報を取り出します。

<Jim>
この情報をエンジニアのオフィスのラップトップやデスクトップに取り出す事ができますか?

<Chris>
はい、離れた場所からモニターできるのが利点です。私たちは職場にこのようなシステムを持っていて、私の上司は飛行機の中でも休暇中でもビデオで彼のラップトップを映しては、はるか彼方からでも倉庫の情報を見せてきます。

<Jim>
複数のセンサーから業界標準のコンピュータデバイスへの情報のフロー。これがクリスの話していることです。

元動画


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
医療市場におけるAIソフトウェア、ハードウェア、サービスなど、人工知能の22のユースケースを紹介 世界のIoTに関するレポート公開中