【IoTトレンド】「IoTがデジタルマーケティングを変革する5つの分野」など最新のリスト記事まとめ

【IoTトレンド】「IoTがデジタルマーケティングを変革する5つの分野」など最新のリスト記事まとめ – 記事

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。

IoTがデジタルマーケティングを変革する5つの分野

IoTがデジタル・マーケティング戦略に与えるインパクトを検証しましょう。

  1. パーソナライズ化 - ここの消費者から送信されるデータを解析することで、それぞれに最適なカスタマーエクスペリエンスを提供できる。
  2. インスタント・サービス - 何でも思いついたときにすぐ欲しい、というミレニアル世代に対応。例えばスマート冷蔵庫がミルクがもうすぐなくなりそうなのを察知して、オンラインでミルクをオーダーするなどが将来可能となるかも。
  3. 広告の機会 - コネクテド・デバイスの全てが新たな広告媒体になりうる。
  4. 解析と起因 - IoTを介して生まれた膨大な量のデータが、マシーン・ラーニング・アルゴリズムを充実させ、予測解析をより正確なものにする。又、幅広い種類のコネクテド・デバイスを通じて、消費者の意思決定パターンなどがより正確に解析できるようになる。
  5. スマート・プラットフォーム - 膨大な量のデータを処理し、適切なメッセージを送信し、結果から学ぶことが可能なテクノロジーの開発が必要。

話題の元記事はこちら: 5 ways IoT is changing digital marketing

IoT初心者にお薦めの8冊の本

IoTに関しては、どこから初めて良いのか分からない、と言う人も多いと思います。そんなあなたのために、IoT初心者にお薦めの本、8冊を紹介します。

  • The Inevitable : Understanding the 12 technological forces that will shape our future (Kevin Kelly著)
    現在私たちの周りにあるテクノロジーが、未来への道筋を既に作っている、と言う考えに基づき、未来へのロードマップを描いている。
  •  IoT Inc : How your company can use the Internet of Things to win in the outcome economy (Bruce Sinclair著)
    IoTの最も重要な目的、アウトカム、焦点を当てたビジネス向けの指南書
  •  Building the Internet of Things(Maciej Kranz著)
  •  Race against the machine(Erik Brynjolfsson・Andrew McAfee共著)
  •  Internet of Things: Principles and Paradigms
  •  Getting started with the Internet of Things: Connecting sensors and microcontrollers to the cloud
  •  Enterprise IoT: Strategies & best practices for connected products & services
  •  The ultimate introduction to IoT

話題の元記事はこちら: 8 best IoT books for beginners

ヘルスケアで成功する為の、5つのIoT戦略

ヘルスケア分野でのIoTの活用の可能性は盛んに論じられていますが、これを実現させる為には充分に練られた戦略が必要となります。その根幹となるのが、接続性です。それに伴いデータ管理やセキュリティなどの課題も発生します。
ヘルスケア分野で成功する為に必要な戦略には、以下の項目が必要となります。

  1. 先ず、ネットワークインフラに焦点を当てること - アプリから取り掛かることが良くありますが、これは間違いです。
  2. デバイスの可視化とデータ解析 - これにより変更が必要な際に迅速な対応が取れます。
  3. セグメンテーションを用いて、ネットワークの安全性を確保する。
  4. モニタリングを最優先事項に据える。
  5. オンボーディング・アプローチを統一する - 組織の全ての部門でのアプローチを統一する、例えばISO基準に基づく設定など。

話題の元記事はこちら: 5 Strategies to Achieve Successful IoT in Healthcare

5つの悪名高いIoTハッキングと脆弱性

IoTデバイスの数は飛躍的に増加していますが、これに伴いハッキングによる被害も拡大しています。この問題を一気に解決する方法は、残念ながらまだ発見されていません。
ここでは、我々にハッキングの脅威とセキュリティの重要性を知らしめた、5つの悪名高いIoTハッキングの例を紹介します。

  1. Mirai DDos (distributed denial of service)Botnet - 東海岸のほとんど全ての地域でインターネットの速度を落としたり、シャットダウンすることに成功。犯人はRogers大学の学生。
  2. Jeepとバーチャルのカージャック - Charlie MillerとChris Valasekが2016年にJeepチェロキーを使って、バーチャル・カージャックが可能であると証明。同時に、ハッキングしやすい車種のリストも発表し、自動車メーカーに警鐘を鳴らした。
  3. Owlet WiFi赤ちゃん向けハートモニター - WiFiハブにリンクされた、このデバイスのネットワークが全く暗号化されておらず、アクセスに承認も必要ないことが判明。
  4. Devil’s Ivy及びRube-Goldbergアタック。
  5. CloudPets - 同社のインターネットに接続可能なぬいぐるみが、メールや両親が設定したパスワードに侵入できることが判明。

話題の元記事はこちら: 5 infamous IoT hacks and vulnerability

IoTアプリを開発する為の11のIoTビジュアル・プログラミング・ツール

チュートリアルやネットの記事を参考にすれば、最初のプロジェクトを構築することは可能ですが、その際でもプログラミング言語は大きな課題です。ほとんどのプロトタイピング・ボードはC、Python、Javaなどそれぞれのプログラミング言語を使用しています。自分で独自のIoTシステムを構築しようと思うと、最低でも一つのプログラミング言語を習得しなくてはなりません。
その際に役立つ、IoTビジュアル・プログラミング・ツールを紹介します。

  1. Node-red
  2. Visuino
  3. Wia
  4. Embrio
  5. Visualino
  6. XOD
  7. Wyliodrin
  8. Ardublock
  9. Modkit
  10. Zenodys
  11. ReactiveBlocks

このようなツールを利用することで、複雑なIoTソリューションも、大量のコードラインを書き込むことなく構築すること、が可能になります。

話題の元記事はこちら: 11 IoT visual programming tools to develop IoT apps