【動画】水の消費をNarrowBand IoT(ナローバンド)を使用し最大限に管理する – Aguas de Valencia社の事例研究

Aguas de Valencia社は、バレンシア州の本部で安全な水道を管理する会社です。60万台以上の自動検針装置を扱い、計100万台以上もの検針装置を常に管理しています。テクノロジーの進歩で、1日に24回も自動検針装置はデータを記録する事が出来ます。最近では、Vodafone社と提携して、NarrowBand IoT(ナローバンド)技術を仕様して試験を実施しました。これにより、Aguas de Valencia社は、独自の通信システムを駆使し、余計なインフラオペレーティングソフトウェアをインストールすることなく、メーターの読み取りをすることを可能にしました。


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

Aguas de Valencia社はスペインの水道会社で11の地域、また、中南米地域、アフリカ、そしてアジアの国々までも企業を提携している大手企業です。

革新的なイノベーションの導入は効率よく事業を展開させるのに最も重要な事だとこの会社は考えています。

Aguas de Valencia社は自動検針装置を採用しており、この会社の目標は、常にサービスの向上をさせる事で、顧客の満足度を高めようとしています。

Aguas de Valencia社は、60万台以上の自動検針装置を扱い、計100万台以上もの検針装置を常に管理しています。テクノロジーの進歩で、1日に24回も自動検針装置はデータを記録する事が出来ます。

通信技術の発展で、会社のインフラの状況を読み取り、自動検針装置から送られてきます。また、今後目標にしている事は、インフラ状況を元からあるデータを基にするのではなく、機械が自分で考えてインフラ状況を通知してくれることです。

Aguas de Venlencia社は、Vodafone社と提携して、ナローバンド(NarrowBand) IoT技術を検針装置に使用し、より良い事業を目指しています。

IoT技術を扱うのに最も重要なのは、信号が届きにくい場所を特定する事です。信号が届きにくい場所は主に、地下室の検針装置、地上よりも低い位置にある検針装置、または周りが金属で覆われている道路の下などの検針装置です。

Moncada(モンカダ)では、これらの問題が多い場所だという事が分かり、Moncadaでナローバンドのテスト試験を実施してみる事にしました。

結果は、前途有望でナローバンドの信号は問題なく全ての場所まで行き届き、ナローバンドIoTは今やこの会社でとてもスタンダードな自動検針装置になりました。

検針装置はとても高セキュリティでバッテリーは10年も交換しないでも持続して使用する事ができるので経費削減にもなります。

ナローバンドIoT技術は大規模な場所で簡単に、国内国外問わず使うことができます。

Vodafoneについて

Vodafone社は、150ヶ国以上でサービスを提供する世界最大の通信会社の一つです。クラウドビジネスやその他のサービスをより使いやすく安心して費用対効果位の高いものにすることに注力しています。1985年1月創業した後、2006年6月には市場価値が1340億ドルにも登りました。

詳しくは、https://www.vodafone.co.ukをご覧ください。

Aguas de Valenciaについて

Aguas de Valenciaは水の供給を近代化する事を目指している会社です。1890年に創立されてから127年の歴史を持ち、現在では大都市圏の水道の供給システムの管理をスペインのバレンシアを中心に、各国の地方自治にしています。

詳しくは、https://www.aguasdevalencia.es/Group/Who-we-are/Our-organization/をご覧ください。

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
コンピュータビジョン市場におけるAI:2023年までのコンポーネント別、業界別、地域別の世界予測 世界のIoTに関するレポート公開中