【IoTトレンド】「何故産業型IoTは通常上手くいかないのか? ― そしてその解決方法」など最新のハウツー記事まとめ

IoTトレンド】「何故産業型IoTは通常上手くいかないのか? ― そしてその解決方法」など最新のハウツー記事まとめ – 記事

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。

何故産業型IoTは通常上手くいかないのか? ― そしてその解決方法

もしあなたが製造業に従事しているなら、ここ数年、Industry 4.0の産業革命をサポートする産業型IoTを薦められたことがあると思います。AIや他のテクノロジーの話を聞けば、Industry 4.0は既に身近なものになってしまっていると考えても、不思議ではありません。Industry 4.0とは、ドイツ発祥のコンセプトで、全てのものがセルフ・ラーニング、自動修正にネットワークで接続されたシステムを指します。
しかし、現実はかなり異なっています。2017年半ばのCiscoの調査結果によれば、IoTへの取り組みの76%が失敗だと考えられています。
現実とマーケティングのギャップは、シークエンスの中で生じます。これを解消するには、先ず堅固なデータの基礎を構築することが必要です。次に組織が運営したい鍵となるビジネス・メトリックスを特定・理解し、その後でやっと高度なテクノロジーを用いたトランスフォーメーション・プロセスを開始することが可能になるのです。

話題の元記事はこちら: Why Industrial IoT is usually a failure – and how to fix it

手作りのスプリット・フラップ・ウェザー・ディスプレーを作る方法

スプリット・フラップ式の時計を見たことがありますか?これは、4組の数字盤がそれぞれ別個のタイミングで周り、時間を表示するものです。機械的にはかなり複雑なもので、これを構築するのは手間がかかります。
合計で144枚のフラップと、フレーム、これを回転させるギア部分が必要になります。ここのカードには数字が描かれています。
理論的には、XODビジュアル・プログラミング環境でプログラムを行い、Anduino Mega 2560またはESP8266モジュールで作動させます。コードが地元の天気をチェックして、フラップをステッパーモーターで回転させ、天気を表示します。

話題の元記事はこちら: How to make your own split-flap IoT weather display

わずか数分でIoTシステムを安全にする方法

IoTが成長すると共に、それを悪用しようと狙う輩も増えてきます。新製品が世に出るたびに、サイバーアタックへの新たな脅威が生まれている、と言うことです。
どの様なデバイスであれ、IoTの利用者は、自分のデバイスの脆弱性とサイバーアタックの脅威を認識し、できる限りの防御体制をとる必要があります。わずか数分で出来る対策として、以下のことを実施してみてください。

  1. 必要のない時には。Bluetoothをオフにする
  2. ブリーチ・ステータスをチェックする
  3. 強力でユニークなパスワードを設定する
  4. パブリックWiFiでの偽のWiFiネットワークに注意を払う
  5. ソフトウェア・アップデートをその都度行う
  6. デバイスの設定を見直す
  7. ファイヤーウォールをインストールする
  8. IoTデバイス向けの別のネットワークを設定する
  9. 職場のネットワークに個人のデバイスを接続しない
  10. 暗号化ツールを利用し、パスワードで保護されたZIPファイルを使う

話題の元記事はこちら: How to secure an IoT system in a mere few minutes

ホリデーの間、IoTを使って家の防犯をほどこす方法

夏休みをエンジョイしている間に、「玄関の鍵を閉めたっけ?」などという心配事には煩わされたくないものです。
このような心配をすることなく休暇を過ごす為に、IoTを活用してはどうでしょうか?
August Smart Lock Proを利用すれば、遠隔で、どこにいても玄関を開け閉めできます。同社のアプリをダウンロードすれば、どこからでも玄関が開いているか閉まっているかチェックできます。
Netatmo Presence Cameraは、防犯カメラの視界に入ってくるものが、人間か車か動物かなどを識別し、必要に応じてオーナーに通知を送る機能を備えています。又、Next Outdoor Camは、防犯カメラの映像を30日間保存し、必要に応じて隣人や警察とも情報を共有できるシステムを備えています。
Philips Hueを使って、夜間にはまるで家に人がいるかのように照明をつけたり消したりしたりして、防犯効果を高めることも可能です。
勿論、IoTデバイスそれ自体のセキュリティ対策を先ずお忘れなく。

話題の元記事はこちら: How to keep your home safe with IoT whilst on vacation

いかにしてIoTソフトウェアのアップデートを管理するか

デバイスの製造業者やサービス提供会社は、市場の要求に合わせてコンスタントに自社のIoT製品にアップデートを施しています。
ソフトウェアのアップデートのプロセスは、突き詰めて言えば、デバイスといくつかのファイルを融合させると言うことです。
ここで大切なのが、これらのアップデートが安全で信頼性の高いバックエンド上で管理されると言うことです。ここで有効なのが、Bosh IoT Rolloutsのようなサービスです。RolloutsはDirect device integration (DDI) APIをスタンダードフィーチャーとして備えており、どの様な接続性に対しても利用可能です。他のプロトコルアダプターに対しては、Device Management Federation (DMF) APIを介しての利用が可能です。
クラウド対応のIoTソフトウェア・アップデート・システムは、様々なドメインに対応しています。Bosh IoT Rolloutsが活躍する分野には、自動車産業、エネルギー分野、消費財、建物、農業、などがあります。

話題の元記事はこちら: How to manage software updates in IoT

半導体ファクトリオートメーション業界の原動力に焦点を置き、今話題のツールやソフトウェアを分析 世界のIoTに関するレポート公開中