【IoTトレンド】「IIoTが石油・ガス業界を変革する5つの分野」など最新のリスト記事まとめ

IoTトレンド】「IIoTが石油・ガス業界を変革する5つの分野」など最新のリスト記事まとめ – 記事

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。

IIoTが石油・ガス業界を変革する5つの分野

IIoTは、石油・ガス業界の未来を形作ります。この業界が、現在遅れをとっているのは、旧態依然で効率の悪い資産管理やデーター収集へのアプローチです。これを変革できるIIoTの分野を紹介します。

  1. オペレーション効率の向上 - ベビーブーマー世代が定年を迎え、それを補う技能のあるスタッフの確保が難しい為、今後数年に渡って業界では、オペレーション効率の悪化が懸念されています。IIoTの予測メンテナンス機能の活用により、この部分を補填することが可能です。
  2. 収入 - IIoTや自動化への投資により、長期的に見て費用を削減でき、収入増加に繋がります。
  3. リアルタイムデータ - リアルタイムデータの収集・解析により、タイムリーな産油量調整などの決定が下せます。
  4. 安全性の向上
  5. 環境フットプリント - センサーの活用や予測メンテナンスにより、環境への悪影響を抑えることが可能になります。

話題の元記事はこちら: 5 ways IIoT will revolutionize the oil and gas industry

IoTが持続可能性をサポートする5つの分野

今年1月、World Economic Forumは“Internet of Things Guidelines for Sustainability”という報告を発表しました。ここでは、643のIoTテクノロジーをチェックし、その84%が国連の持続可能性開発目標に取り組んでいる、という事が分かりました。
IoTがどのようにCleanTechに貢献し、持続可能性のある開発に意味するところは何なのでしょうか?

  1. スマートグリッド - クリーンな代替エネルギーの安定供給が現実的なものでない現状では、グリッドを活用してエネルギーの供給を必要に応じてコントロールすることが重要です。
  2. スマート街灯 - 実際の明るさに応じて街灯を点灯したり消灯したりすることで、費用の削減が図れます。
  3. 水道モニタリング - 漏水の感知、水質管理など
  4. 空気汚染モニタリング - 大気中の砂塵、湿度などを観測することで、将来的に自然災害予測にも活用されることが望まれています。
  5. 交通網 - カスタマーエクスペリエンスの向上

話題の元記事はこちら: 5 ways the IoT is supporting sustainability

都市を安全に保つ、IoT、4つのヒント

CompTIAの調査によれば、60%のアメリカ人はスマートシティで暮らしたいと望んでいます。しかし当局者のわずか10%のみがスマートシティの実現は可能だと思っている、と言うことです。
IoTはコネクテド・シティの実装と安全確保に関して重大な役割を担っています。IoTが貢献している分野を以下で紹介します。

  1. センサー - IoTで接続されたセンサーの普及により、防犯だけでなく地域の交通情報、大気汚染の状況など1つのデバイスで複数の機能を持ったセンサーが現実的なものに
  2. 顔認識 - 最新の技術では、キャップやフードをかぶって、顔を隠していても顔認識機能は正常に作動します。これは都市の防犯に多大な恩恵をもたらします。
  3. 自動運転車両 - GoogleやTeslaなどの大手がこの分野の研究開発に取り組んでおり、安全な自動運転車両の開発を目指しており、2035年までには7600万台の自動運転車両が市場に登場すると予測されています。
  4. ドローン及びキオスク・サべーランス - 全方向撮影可能なドローンにより、都市の状況を広範にモニタリングすることが可能です。

話題の元記事はこちら: 4 IoT tips to make your city safer

都市に関して、IoTとAIが解決できる、3つの鍵となる課題

現在でも世界の人口の半分が都市部に居住しており、国連によれば、この割合は2050年までには3分の2に増えるであろうと予測されています。都市部への人口集中は、電気や水道の供給などの問題を抱えています。
ここでは、都市部が抱える3つの鍵となる課題と、それをIoTやAIがどう解決できるかを紹介します。

  1. モビリティの課題 - 交通渋滞の問題は、EUのGDPの1%もの費用がかかっています。IoTやAIを活用することで、リアルタイムで利用可能な駐車スペース情報の提供、渋滞や公共交通機関の混雑状況をリアルタイムで感知し対応する、交通網の効果的な運営、などが可能になります。
  2. 大気汚染 - 大気汚染の状況をモニタリング、リアルタイムに情報提供することで、どのタイミングでどこに何をすべきかをより明確に把握することが可能に。
  3. 高齢者ケア - 装着型のデバイスで、高齢者の健康状態や移動に関する情報をリアルタイムで収集。ムダの無いサポートを提供することが可能に。

話題の元記事はこちら: 3 key problems IoT and AI can solve for cities

安全なIoTデバイスを開発する為に最適な8つの方法

IoTデバイスは、ローカルネットワークや様々なウェブサイトに晒され、サイバーアタックの標的になっています。
このような脅威からデバイスやシステムを守る為のヒントを紹介します。

  1. しっかりサポートされたベース・ディストリビューションを使用する
  2. デバイスに対して、リモートでアップデートが可能な機能を実装する
  3. 解析ツールを利用して、セキュリティ強化の推奨情報を得る
  4. 静的解析ツールを利用して、トライバルバグを探知する
  5. テスト段階で、ダイナミック解析を利用して、メモリーバグを探知する(ASAN、Valgrindなど)
  6. リリースに際しては、フレームポインターを取り外し、コンパイラーの最適化をはかる
  7. コンパイラーのセキュリティ・フラッグを利用する
  8. バイナリーを取り外し、リリースモードをコンパイルする

話題の元記事はこちら: 8 best practices for developing secure IoT devices

ブロックチェーンがソフトウェア業界のインフラストラクチャを向上させる。2018年〜2022年の市場価値、成長パターン、現... 世界のIoTに関するレポート公開中