【動画】Eckhartは付加製造ソリューションでインダストリー4.0をリード

【動画】Eckhartは付加製造ソリューションでインダストリー4.0をリード

【動画】Eckhartは付加製造ソリューションでインダストリー4.0をリード

創業1958年のEckhartは、「あなたのラインに尽くす」をモットーに、産業製造、特に付加製造業の軽量化の面で素晴らしいソリューションを提供しています。インダストリー4.0に焦点を当て、3Dプリンターを利用し、Stratasysと繋がり、そしてまた素材にこだわることで、スピーディーに実証された、耐久性のあるソリューションを創り出しています。
Eckhart は1958年から産業製造ソリューションの提供者として活動しています。製造はとても難しい専門職で、制約のある供給の中で作業をしなければならず、かなりのプレッシャーの下に置かれます。それは、部品の不足、世界中から訪問してくる専門家の受入れ、最終顧客の嗜好は日々変わる、等です。

今後技術を持った作業員不足が懸念されます。これが顧客から日頃聞く話のテーマです。私たちはオペレータを入れ替えるのではなく、彼らが雇う事のできないオペレータを作り上げるというソリューションを提供できます。

私たちは付加製造業、特に付加製造業の軽量化の面で、顧客に対して素晴らしいソリューションとなるものも提供可能です。

私たちの顧客は実績のあるソリューションが欲しいのです。彼らはまた耐久性のあるソリューションを必要とします。これらのツールは8時間のシフトで1時間に60回使用されます。
シフトは1日3回、それを週に6、7日です。

Eckhartのモットーは「あなたのラインに尽くす」です。私たちはいつでも昔ながらのメタルの構造要素を軽量なものと取り換える事が出来ます。そして私たちが顧客と約束した内容を確実に満たしてきました。

そして私たちは、3Dプリンティングは触媒であると強く感じています。それはサプライヤーと協力して思いついたアイデアを繰り返し、そしてより早く試し、製造業で利用できる実証されたソリューションを持つ事を可能にします。

私たちは付加製造業でかなり特殊なツールを腕の末端に取り付ける、ピックアップ&プレイス・ロボットを設計しなければならなかったのですが、私たちは上手く幾つかのプロトタイプをデザインし、限られた時間と資金のなか、プリントするなど試行錯誤し、最終的に私たちがまさに欲しかった、腕の末端部分のツールのためのブラケットを得ることができました。

私たちはラグナットスターターツールを開発しました。通常オペレーターがラグナットを1つづつ取り上げ作業を進めていきますが、これはオペレーターにとって反復運動障害に繋がる傾向のある作業です。代わりに彼らはこの、一気に車にラグナッツを着ける事ができる軽量なツールを利用することができます。

私たちが最も焦点を当てているものはインダストリー4.0で、3Dプリンティングは産業空間に重大な変換をもたらす可能性があると信じています。ですから私たちにとっては3Dプリンティングの利用と、Stratasysとの関係を通し、最終的にスピードとカスタマイズ能力が得られます。

Stratasysの関係、そしてカーボンファイバーを使用したナイロン12の10-10-10のエンジニアリンググレードの材料で、私たちは耐久性のある永続的なソリューションを作り出すことが出来ます。

元動画


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
世界のスマートファクトリー市場、2025年には約29.6億ドルに。見える傾向と市場の詳細分析レポート 世界のIoTに関するレポート公開中