CompTIA ChannelCon 2018が、サイバーセキュリティ、ドローン、およびその他の新動向と技術に関するセッションに関して国の首都で開催

CompTIA ChannelCon 2018が、“サイバーセキュリティ”、“ドローン”、およびその他の新動向と技術に関するセッションに関して国の首都で開催 – 記事

技術業界で最高の教育、ネットワーキング、およびパートナー関係のイベント;CompTIA ChannelCon2018では、木曜日にサイバーセキュリティと新技術に関するセッションとドローン会社の17歳のCEOアドバイスを盛り込んだセッションが行われました。

「すべての学校とすべての授業に私のような人たちがいます。」

と、ドローン技術を開発した実験航空宇宙会社であるWind Craft Aviationの創設者兼CEOのAlex TaylorがChannelConメインステージのインタビューセッションでりました。

「彼らは機会を提供しなければならない。」

○のメンバーであるTaylorは、カリフォルニア州で生まれました。宣教師の両親と一緒に、10年間、トルコに住んでいました。14歳の時にWind Craftを設立しました。16歳のアメリカで商業ドローンのパイロットになりました。

「私たちは、無人機を語るとき、航空進化について話しています。」

とTaylorは説明しました。

「これは、航空機をより入手しやすく安価で実用的にする、全く新しい革新です。」

 ティーンエイジャーはまた、米国での教室での学習状況についての意見を共有しました。

「すべて異なっているのです。私は教育でそれを認識していません。」

とTaylorは述べました。

「子供たちは希望する授業やカリキュラムを自由に選択する必要があります。」

無人機のもう一つのセッションは、現在および将来の商業アプリケーションに重点を置きました。現在最も多く使用されてドローンは、公共の安全活動、調査、監視、資産の追跡、携帯電話の塔のような構造物の監視をサポートします。

「私たちの顧客が探しているのは、データと情報のより迅速なアクセスです」

と、商業UAVドローンの飛行サービスとソリューションプロバイダであるConnexiCore™のCEOであるFrank Segarraは語りました。

ドローンにより膨大な時間を節約することができます。」

一時、数日、数週間または数か月かかった作業は現在、数時間内に完了することができると彼は説明しました。例えば、ドローンは正方形地図を作るために一緒に合体できる何百もの画像をキャプチャすることができます。定義された領域の重複した画像をグループ化して、実際の規模の領域の非常に詳細な最新の地図を作成します。
米国最大のゼネコンや建設管理のHensel Phelpsの仮想デザインと建設部門のRichard Lopezは、次のように述べました。

「私たちがどれだけの時間と費用を節約できるかは驚くべきことです。」

サイバーセキュリティの現状

また、木曜日ChannelConで二人のサイバーセキュリティの専門家が現在の脅威と対策について意見を交わしました。
Malwarebytesのシニアグローバル脅威セキュリティアナリストであるCody Mercerは

「ファイアウォール、アンチウイルス、侵入検知などの基本的なセキュリティアーキテクチャの必要性と使用が依然として存在します。しかし、今、クラウドインフラストラクチャへの投資の増加に伴い、境界のないセキュリティになっています。ほとんどのセキュリティは、エンドポイントデバイスにあります。」

SolarWinds MSPのTim Brownセキュリティ担当副社長は、新しい、より多くの技術の出現により、「私たちは、より多くの仕事をするようになりました」と述べました。
Brownは、

「私たちは多層(セキュリティ)モデルを欲しがります。終点に近いほど、より多くの検査をすることができます。」

と言いました。
 物事のインターネットは、サイバーセキュリティの専門家が直面している課題の一例です。

「すべてがIPアドレスを持っています」

とMercerは言いました。

「しかし、一日の終わりに、テレビと冷蔵庫を作る会社は、セキュリティを実装するように設計されていません。」

Brownは、IoTデバイスが必要に応じて安全に構築されていないことに同意しました。しかし、彼はまた、IoTの使用を阻止してはならならないと述べました。

「私たちは恐れることができず、私たちはスピードを遅くすることができない」

と、Brownは語りました。

「IoTは、単に機能ではなく、情報を考える必要があります。多くの利点があります。」

さらにサイバー安全性を確保するために取ることができる実質的な措置の助言を求めるためにBrownとMercerは、適切なバックアップ計画を立てるなどの措置をとりました。タイムリーにパッチやソフトウェア更新プログラムをインストールします。企業のすべての従業員を対象に、セキュリティ意識と教育を統合することができます。
Brownは、

「環境を既定のレベルまで引き上げると、他の人が環境を確保することが難しくなるでしょう。基本を顧みなければ不注意で無責任な話です。」

CompTIA情報

Computing Technology Industry Association(CompTIA)は4.8兆ドル規模の世界的な情報技術のエコシステムをリードしており、支持者です。世界経済をサポートする技術を設計、実装、管理、および保護する3500万人以上の業界や技術の専門家CompTIAは教育、訓練、認証、擁護、慈善および市場調査を通じて技術産業と人材を発展させるハブです。詳細については、http://www.comptia.orgをご覧ください。

注釈

  • 「サイバーセキュリティー」: cyber security サイバー攻撃に対する防御行為。コンピューターへの不正侵入、データの改竄や破壊、情報漏洩、コンピューターウイルスの感染などがなされないよう、コンピューターやコンピューターネットワークの安全を確保すること。
  • 「ドローン」:ドローンとは、無人飛行機の総称
    一般的に、ドローンと聞いて想像するのは、4~8つのプロペラが付いたラジコン(RC)だと思います。確かにドローンなのですが、これはドローンの中の1種であり「マルチコプター」と呼ばれるものです。ドローンとは無人飛行機を指す言葉です。

    ○ ドローンは昔からあった?
    ドローン自体は、もともと軍事用で利用されていました。無人小型ヘリコプターを利用して偵察に飛ばしたり、救援物資を届けたり、用途は様々です。しかし近年、モバイル技術の進歩やバッテリーの小型化によって、マルチコプターに搭載。操縦技術が必要だったマルチコプターが、革新的に用途が広がっていったのです。

    ○ ドローンの今後…
    マルチコプターの普及により空撮はもとより、空からの監視・観測、空からの警備、空からの物流など産業が広がっていくと予測されています。

原文はこちら: COMPTIA CHANNELCON 2018 ADJOURNS IN NATION’S CAPITAL WITH SESSIONS ON CYBERSECURITY, DRONES AND OTHER EMERGING TRENDS AND TECHNOLOGIES

【IoTレポート】トップインダストリアルロボティクス、トップサービスロボットによるトップロボット市場 – 2... 世界のIoTに関するレポート公開中