【IoTトレンド】「人口知能への心構え、3つのコンポーネント」など最新のWhat記事まとめ

【IoTトレンド】「人口知能への心構え、3つのコンポーネント」など最新のWhat記事まとめ

IoTトレンド】「人口知能への心構え、3つのコンポーネント」など最新のWhat記事まとめ – 記事

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。

人口知能への心構え、3つのコンポーネント

人工知能AI)は、よく人々の話題に上り、誰もが乗り遅れたくないと思っていますが、最近の調査では、この分野はまだ改善が必要なことが明らかになりました。
McKinseyの調査では、AIを導入するに当たっては組織に強固なインフラの基盤が必要だと指摘され、MIT Technology Reviewは充分なデータの必要性を指摘しています。又、KPMGによれば、AIへの投資は現段階ではまだあまり行われていないという事がわかりました。
これらの調査から、AIへのトランスフォーメーションに欠かせないものとして、明らかになったのが、データ、インフラ、組織文化の3点です。データでは量だけでなく、それが収集されるスピードも大切です。インフラでは強力なデジタルベースがAI成功に欠かせないと言われています。
AIは比較的新しい分野なので、組織にとっては、これからAIを導入するのは手遅れだということは無い、とMITの研究者は語ります。

話題の元記事はこちら: What are the 3 key components of Artificial Intelligence readiness

どのスマートホーム・プラットフォームを選ぶべきか

今では、多くの家電製品がインターネットに接続され、利用者とコミュニケーションを図ったり、家事の自動化が進んでいます。
異なるメーカーの製品を相互に交信できるように設定することが、益々必要となってきました。これを可能にする為に、ここ数年、様々な企業がプラットフォームを発表しています。この記事では、それらのいくつかを紹介します。

  • IFTTT - シングス同士の接続と、それらのインプット/アウトプット相互交信を出来る限り簡単に行えるようデザインされている
    Stringify - ハードとソフトを接続する
  • Yeti - ネットワーク内でコンパチブルなデバイスを自動的に検索する
  • Domoticz - オープンソースで人気の製品
  • Jeedom - カジュアルユーザー向け
  • OpenHAB - セルフホスト・クラウドサービス
  • Home Assistant - オープンソースで、よりエンドユーザーにフォーカスしたサービスを提供
  • Calaos - 家の中の全ての自動化を目指す
  • OpenNetHome - Java向け

話題の元記事はこちら: What smart home IoT platform should you use?

インターネット・オブ・シングスとは何で、誰がそれを使っているのか?

IoTデバイスを使用していても、実際にそれがどういうものなのかわからない、と言う人は多いと思います。実際のところ、IoTとは何なのでしょうか?
インター・コネクティビティがIoTの核です。例えばスマホなどは、この機能があるおかげでネットサーフィンや、天気予報、通勤経路の渋滞状況などをチェックすることができます。
もっと大きなスケールでは、世界の食糧危機を救うために、ミツバチの保護にもIoTが利用されています。又、航空機のエンジンやその他の部品の安全性などもIoTを使ってモニタリングされており、経費の削減のみならず、環境保護にも役立っています。
もう少し身近なところでは、スマートシティの防犯カメラや、自宅の防犯カメラなどで、住民の安全性確保にも役立っています。

話題の元記事はこちら: What is the Internet of Things and who is using it?

Industry 4.0とIoTは、あなたのビジネスにどの様な利益をもたらすか

競争の激しいビジネス環境を生き残るには、組織は全ての部署においてデジタルツールを備え、IoTを採用することで、組織の透明化や、競争力の強化を図る必要があります。
デジタル・トランスフォーメーションを核とする、Industry 4.0の到来がささやかれて久しいですが、組織の中にはまだ、これへの対応に戸惑っているところも見られます。
そのような中、世界中で30以上の製造現場にサービスを提供するGKN Power Metallurgyは、いち早くデジタル化を推進しました。同社はGlobal manufacturing execution system (MES)に1500の機械と800のデジタル化された測定スターションを接続しています。これらの全てのデータをビジュアル・ショップフロア・ツールを使って遠隔でディスプレイすることが可能です。
同時に同社は、社内でスタッフがデータを信頼するように啓蒙活動も行いました。全ての部署と全ての役職での同一の理解が必要です。今後は、同社だけでなく業界全てが同じように機能できるように変革を行うことが必要となります。

話題の元記事はこちら: What can Industry 4.0 and IoT do for your business?

LEDドライバーIoTとは何か?

LightFair 2018において、IoT-Ready Allianceの最初の基準が発表されたことを受け、LEDドライバー製造業者がデザインに関して変更を求められる分野を検証してみましょう。
新しい規格(V1 Specification)では、機械的及び電気的のみならずソフトウェアのインターフェースもカバーしており、現存の照明制御よりは下位互換性となっています。この規格は、非常に多用途な物で、Bluetooth Low Energy (BLE)、Zigbee、Z-Wave及びWiFiを含むワイヤレスやワイヤードネットワークで適用することが可能です。
Zumbotelのテクノロジー部門であるTridonicがV1 Specificationの開発に関して主要な役割を担い、LightFairで最初のIoT Ready LEDドライバーを発表しました。
この新しい、IoT Readyドライバーは、Green Energy Officeや同様にエネルギー効率を重視するプロジェクトなどユーティリティのリベートやインセンティブが可能なところで使用することを目的としています。

話題の元記事はこちら: What makes an LED driver IoT – compatible?

半導体ファクトリオートメーション業界の原動力に焦点を置き、今話題のツールやソフトウェアを分析 世界のIoTに関するレポート公開中