企業が成功達成するためにIoTが改善しなければならない5つの課題

企業が成功達成するためにIoTが改善しなければならない5つの課題 – 記事

Deloitteの新しいレポートには、IoT(Internet of Things)が解決しなければならない5つの課題があります。すでにあなたが知っていることもあれば、そうでないこともあります。

もしあなたが、IoTが直面している問題を知っていると思うなら、Deloitteの新しい報告書、IoT の5つの進歩のベクトルでは、あなたの前提を確認する絶好の機会を提供します。

レポートの作者David Schatsky氏、Jonathan Camhi氏、Sourabh Bumb氏は、基本的にIoTの主な技術課題を提示し、それに対処するために何が行われているのかを見ていきます。 5つ課題のうちのいくつかは比較的よく知られていますが、他のものはあなたを驚かせるかもしれません。

5つのIoT課題

Deloitteのマネージングディレクターで住人の “トレンドセンサー”であるSchatsky氏から、IoTの最大のチャンスについて、5つの “進歩のベクトル”を見てみましょう。

1.セキュリティホール

Deloitteの報告によると、セキュリティが重要な問題であることは誰もが知っていますが、しかし、より多くのコンピューティングパワーと組み込みセキュリティ機能を備えた新しいIoTデバイスは、セキュリティの状況を改善するのに役立っています。
新しいハードウェアは、低電力マイクロチップを活用して、従来のサイバーセキュリティアプリケーションとプロトコルをよりよく実行します。また、IoTネットワークセキュリティも問題になっていますが、IoT固有のサイバーセキュリティソリューションの普及により、異常や潜在的に侵害されたデバイスの発見に役立っています。

2.プラットフォームの問題
スタンダードとプラットフォームの欠如は完全なIoTソリューションの開発と導入をより困難にしていましたが、多くのベンダーは現在、IoTハードウェア、ネットワーク、アプリケーションの統合を容易にするよう設計されたIoTプラットフォームを導入しています。
マルチベンダーソリューションの構築は、IoTの完全な実装を構築する上で最も困難な部分でしたが、新しいベンダーのパートナーシップは、統合されたサードパーティー技術を提供する数多くの主要ベンダーを含む統合されたエコシステムにつながりました。
ベンダーが統合の問題に取り組んでいる別の方法は、センサー、デバイス、分析、およびその他のコンポーネントを組み合わせてターンキーIoTソリューションを作成する「垂直」統合です。

3.高価で消費電力のかかるネットワーク

IoTデバイスは相互に通信するためにネットワークを必要としますが、従来のWANは比較的高価で電力消費量が多いです。これに対応して、数百の低コスト、低電力の広域ネットワーク(LPWAN)は、はるかに安価な接続性を提供しており、小型のバッテリ駆動機器であっても長年使用することができます。

4.解析が困難なデータ
IoTデバイスは多くのデータを生成することができます。しかし、しばしば、そのデータの多くは解析されず、使用されないままです。報告書によると、人工知能(AI)、機械学習、コンピュータビジョンは、IoTで生成されたデータを分析し、運用上の意思決定を自動化するためにますます使用されています。これにより、隠されたパターンを明らかにし、予測的な保守を可能にすることにより、プロセスの最適化、予測保守、動的なルーティングとスケジューリング、セキュリティなど、多くのIoTアプリケーションを強化することができます。

5.データの遅延

クラウド内のIoTデータを分析するとデータの遅延が発生し、リアルタイムのアラートを生成するのが困難になり、産業、企業、スマートな都市計画ではパフォーマンスを低下させることになります。
これに対応して報告書では、「IoTデバイスから生成されたデータの分析は、クラウドではなく、ネットワークのエッジでますます発生しており、物理的には、ローカルサーバー、マイクロデータセンター、またはデバイスがデータを生成します。」と述べられています。また、エッジでデータを分析することで、データ転送とストレージのコストを削減することもできます。

IoTの最大のチャンスは何?

Deloitteが5つの課題に取り組んでいることが正しいとすれば、それがIoTの成長にどのように影響するでしょうか?

Schatsky氏は、IoT市場の企業/産業部門は、2020年までに世界のIoT支出の半分以上を占める最速の成長を遂げるだろうと予測しています。
彼は、デジタル供給ネットワーク(DSN)アプリケーションが最大の受益者特に資産トラッキング、動的ルーティングとスケジューリング、資産とプロセスの最適化、および「条件ベースの監視/資本資産の予測保守」により、問題が発生する前に問題を特定します。

しかし、これらのトレンドを活用するために、組織は、

「接続するためのものを接続するだけでなく、実際のビジネス価値を生み出すIoTイニシアティブに焦点を当てるべきだ。多くのIoTイニシアチブは終了している。ソリューションで問題を探求し、人気で魅力はあるが現実の価値をもたらさないコンセプトに乗らないように注意するべきである。」

と警告しています。

原文はこちら: 5 ways the IoT must improve to achieve enterprise success

関連記事はこちら:【IoT用語集】オンプレミスとは?