【IoTトレンド】「Arduino VS Raspberry Piどちらのボードを選ぶか」など最新のビデオ記事まとめ

【IoTトレンド】「Arduino VS Raspberry Piどちらのボードを選ぶか」など最新のビデオ記事まとめ

IoTトレンド】「Arduino VS Raspberry Piどちらのボードを選ぶか」など最新のビデオ記事まとめ – 記事

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。

Arduino VS Raspberry Piどちらのボードを選ぶか

取り組んでいるIoTプロジェクトの為に、最適なデベロプメント・ボードを探していますか?究極の選択は、Raspberry PiかArduinoかに絞られることでしょう。現在のところは、両者は類似した製品に見えるかもしれませんが、実際のところは全く異なっています。
両者は共に、異なるユーティリティのためにデザインされ、異なる状況下で利用されます。ですから、プロジェクトの最高のパフォーマンスの為に、システム全体のエネルギー効率を保ちながら、どの状況でどちらを使用するかを知っておくことはとても重要です。
このビデオでは、この2つの人気商品によって提供される電子制御がどの様に異なっているかを説明し、2つの製品の主要な違いを開設し、プロジェクトにとってどちらを採用するのが適切かを判断する材料を提供します。

話題の元記事はこちら: Arduino VS Raspberry Pi, which board to choose for IoT projects

IoTとは何か?どのように機能するのか?

今回のEdurekaビデオでは、インターネット・オブ・シングス(IoT)に関して、知っておくべき基本のコンセプトを説明します。皆さんがびっくりするような事実や数字も提供し、異なるIoTアプリやIoTの特徴についても解説します。
IoTは私たちの生活に多大な影響を与えています。スマホで操作できるエアコンや、スマートカー、スマートウォッチなどその形態も機能も様々です。殆ど全てのデバイスにはセンサーが埋め込まれており、このセンサーからデバイスの稼働状況などのデータが収集されます。これらのデータは、プラットフォームに集約され、ここで解析が行われ、結果が必要に応じて吐き出されます。
その結果はデバイス間でシェアされ、より良いユーザー・エクスペリエンスを達成する為に活用されます。

話題の元記事はこちら: Internet of Things (IoT)/ What is IoT/ How it works/ IoT explained

IoT in Action - エネルギー効率をAzure IoTでエンパワーする

MicrosoftがAzure IoTを使っていかにスマート・エネルギーとデジタル・トランスフォーメーションの分野をリードしているかに興味はありませんか?
近々お目見えするMicrosoftのIoT In Action Webinarをこっそり紹介します。そこでは、数々のIoTの使用例から、エネルギー産業がIoTどのような利益を得ているのかを、利用者及び業界それぞれのレベルから知ることができます。

話題の元記事はこちら: IoT in action – Enpowering energy efficiency with Azure IoT

Azure IoTの始動とそのビジョン

今日のIoTショーでは、Azure IoTプログラム・マネジメントのパートナー・ダイレクター、Sam Georgeを迎え、Azure IoTの始動とそのビジョンに関して話を聞きます。
今日は特に、何故これらの製品を提供するのか、と言うことに焦点を当てたいと思います。Azure開発に当たっては、Microsoft社内だけでなく、広く海外にも出かけて、例えば中国で求められるIoTはどの様なものなのか、異なる業界で必要とされるIoTとはどんなものなのか、といったことを探し続けました。その結果、業界や国を問わず一律に求められる事柄があることがわかりました。
最初に着手したのは、経済効果への影響が最も期待できる、商業分野、製造業でした。最初の9ヶ月までは、毎日新しいことを学んでいました。その結果、最初に稼動させたのがIoT Hubでその後、Device Managementなどを追加していきました。

話題の元記事はこちら: Azure IoT – Inception and vision

Smart IoT - 仮想現実(AR)アプリ

今日のビデオでは、ARの小売業アプリを紹介します。仮想現実とは、現実世界で使用者の視点にコンピューターで生成された画面を重ね合わせる技術であり、これにより、複合的な視点が提供され、自然環境や周りの状況を際立たせ、知覚的に豊かな経験を提供することができます。
更に進化したARの技術(コンピューター・ビジョンの追加や対象物認識)などのおかげで、ユーザーの周りの現実世界の情報はインタラクティブになり、デジタルで操作可能になります。環境とその対象物に関する情報が、現実世界に重ね合わせられます。
Smart IoTはビジネスソリューションを提供する会社で、PAAS又はPlatformサービス、BAASもしくはブロックチェーンを提供しています。スマートリテール、スマート農業、スマートスクール、スマートシティやスマートスポーツなどのプラットフォームを提供しています。

話題の元記事はこちら: Smart IoT – Augmented Realty (AR) applications

インダストリー4.0テクノロジ市場2023年に214億ドルに達すると予測。市場の変化の詳細と懸念要素 世界のIoTに関するレポート公開中