L.E.K.コンサルティング調査によると、メーカーは熟練労働者不足がイノベーションを妨げる可能性があると懸念している

L.E.K.コンサルティング調査によると、メーカーは熟練労働者不足がイノベーションを妨げる可能性があると懸念している – 記事

ダウンサイジングではない労働力への投資は、自動化計画の優先度が高まります

ほとんどのアメリカのメーカーは、世界貿易に関連して不確実でもあるにもかかわらず、成長と投資機会が増加していることが判っています。しかし、彼らは大きい問題に直面していると述べています。将来のデジタル工場では熟練労働者はどこにいるのでしょうか?
7つの製造業分野の意思決定者200人に対するアンケート最近調査では、グローバル経営コンサルティング会社であるL.E.K. Consultingによると、米国の5つのメーカーのうち4社が自動化技術を増やす準備をしており、企業のわずか18%が自動化の最小限の計画を持っていると答えています。
このように、従業員スキルの向上と従業員のさまざまな機能の再訓練は、製造ラインの近代化だけを行い、自動化の進歩と製造の増加に備えて、メーカーの優先順位リストで高くなっています。特に、自動化が求職者としての評判を得ているにもかかわらず、実際にメーカーに積極的に従業員に投資するよう促しています。回答者のわずか22%は、自動化の採用拡大の牽引役としてダウンサイジングを念頭に置いていると主張しています。

「現在の貿易縮小と関連し、現在の不確実性にもかかわらず、この縮小は、米国のメーカーに優先順位がないことは明らかですが、熟練した労働力の格差とこれ全体の自動化戦略に与える影響を懸念しています。」

と、アメリカのL.E.K. Industrialsの実務担当マネージングディレクターであり、「2018製造優先調査」の共著者であるCarol Wingard氏は述べています。

「事実メーカーは主要な人材プールへのアクセスが新規または既存のサイトの施設拡張のために支配的な動機であると指摘しました。」

Internet of Things(IoT)ベースの製品(インターネットを介して他の相互に関連する製品にデータを転送することができる製品やデバイス)は、メーカーの関心を呼び起こしていますが、初期の開発段階でほとんど発見されています。データ収集に関する質問は遅延計画の主な要因ですが、メーカーは、技術、分析、オンサイトサポート、および商業技術と機能が不足している報告され 熟練労働者の職場不足問題への懸念が高まっていることを示しています。

「調査回答者の約7割が、IoTに対して様子を見たり早急の具体的措置のアプローチを取っていると答えています。これは、現時点で重度のIoT投資に対する懸念があることを示しています。」

と、調査レポートの共著者であり、L.E.K ConsultingのマネージングディレクターであるEric Navales氏は述べています。

追加調査の結果

大半のメーカー(66%)が、生産の機会を控えて明るい未来を見れるように、既存の電子商取引企業(例えば、Amazon)をビジネスを推進するための有望なパートナーであると考えています。

「アマゾンのような電子商取引企業は、短期的にメーカーに幅広い流通チャネルへのアクセスを容易に提供することです」

と、Wingardは語っています。

「しかし、私たちは、将来の収益性の高いチャネルとの葛藤の可能性は、今日の主要な電子商取引企業とのパートナーシップの魅力を抑制することができると思います。」

最後に、従来製造、サプライチェーン、オペレーションなどの非顧客対応の部門は、顧客のさらなる進化のために現在の市場動向に移行する必要があると、米国のメーカーは懸念しています。

「全体的なアプローチを使用しているメーカーは、顧客志向でない部署を対象に、顧客に優しい取り組みを実施することができ、これは、会社全体の運営と文化の変化をリードできます。」

とNavalesは述べています。

L.E.K. Consulting情報

L.E.K. Consultingは業界の詳細な専門知識と厳密な分析を使用してビジネスリーダーが実際の結果を達成するのを支援するグローバル経営コンサルティング会社です。当社は、顧客が一貫してより良い意思決定を行い、業績を改善し、株主利益を上げるための当社のアプローチにおいて妥協しません。同社は、業界最大手の民間および公共部門の組織、プライベートエクイティ企業、新規起業家企業を含むグローバル企業を助言しサポートしています。1983年に設立されたL.E.K. 米州、アジア太平洋、およびヨーロッパで1,200人以上の専門家を雇用しています。詳細については、http://www.lek.comをご覧ください。

注釈

  • 「ダウンサイジング」:ダウンサイジング(Downsizing)とは、サイズ(規模)を小さくすることを指し、ものや組織などに関して用いられている。
    モノのサイズを小さくすること。コスト(費用)の削減や効率化を目的として、より小型のものを用いること。もしくは新しい技術を用いて高密度化・小型化などをはかり、より少ない体積や重さで、従来と同機能もしくは、より高性能な工業製品を作ること。工業製品のダウンサイジング。
    組織の規模を小さくすること。一般には企業の従業員の人数削減。組織のダウンサイジング。

原文はこちら: Manufacturers Are Concerned Skilled Labor Shortage Could Stymie Innovation, Finds L.E.K. Consulting Survey