【IoTおすすめ本】2030年のIoT

【IoTおすすめ本】2030年のIoT

IoTおすすめ本】2030年のIoT – 記事

「IoT(モノのインターネット化)」について、具体的なビジネスの構造と自社にとってのビジネスチャンスを理解できるように解説。

内容紹介

“モノ・コトのインターネット化”が生活、産業、社会にもたらす地球規模の大変革! IoTと相性が良い日本が米国&欧州企業をリードする!? 市場規模、技術動向、ビジネスモデルまで、IoTの現在と未来がこれ一冊でわかる。

著者: 桑津 浩太郎
京都大学工学部数理工学科卒業。専門は情報通信、ソリューション分野における事業戦略、マーケティング戦略支援。特に光通信、無線、ネットワーク管理 などのインフラ領域。主な著書に『 ITナビゲーター』(東洋経済新報社)がある。

目次

  1. 第1章: IoT市場の現状
  2. 第2章: 産業別IoTの動向
  3. 第3章: IoTの技術動向
  4. 第4章: IoTのビジネスモデル

書籍情報

書籍名 2030年のIoT
著者 桑津 浩太郎
販売開始日 2015-12-11
金額 ¥1,944(本記事記事公開時点)
ページ数 176
出版社 東洋経済新報社

関連情報

情報の更新: 2018年08月06日現在

ブラジルのファクトリーオートメーション、2020年には80億8,000万ドルに。市場分析と今後5年間の予想 世界のIoTに関するレポート公開中