【IoTトレンド】「ビジネス向けIoTに関する10のセキュリティへの懸念(そしてどのように身を守るか)」など最新のハウツー記事まとめ

IoTトレンド】「ビジネス向けIoTに関する10のセキュリティへの懸念(そしてどのように身を守るか)」など最新のハウツー記事まとめ – 記事

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。

ビジネス向けIoTに関する10のセキュリティへの懸念(そしてどのように身を守るか)

近年、IoTは私たちのスマートデバイスとの接し方を大きく変革しました。これはビジネスの世界で特に顕著に当てはまります。
しかし、インターネットに接続されるものすべてには、ハッキングされたり不正使用されるというリスクが伴います。
Young Entrepreneur Councilメンバーが、セキュリティ懸念事項と、それらの脅威からどのようにビジネスと顧客を守るかを考察しました。

  1. デフォルトの“ローデータ”ストレージ - ユーザーデータの匿名化や収集したデータの利用に関する規則の設定
  2. 安全でないデバイス - 安全でないデバイスをオープン環境のインターネットに接続することの危険性を認識する
  3. トロール及びバッド・プレーヤー - IoTの必要な機能のみを利用し、悪意のある攻撃を受ける機会を減らす
  4. サーベイラン
  5. アップデートを実行しない
  6. データの漏洩
  7. データストレージ規則の準拠
  8. DDoSアタック
  9. 繊細なデータの保存 - 顧客のクレジットカード情報はメインサーバーには保存しない
  10. スマートフォンのセキュリティ - スマホがしばしばハッカーのエントリーポイントとして使われると認識する

話題の元記事はこちら: 10 big security concerns about IoT for business (and how to protect yourself)

IoTにおけるAI:4つの使用例

IoTやAIを見ると、未来がもう手に届くところまで来ていると感じます。
IoTによって生み出される大量のデータをリアルタイムで効率よく正確に処理する為に、AIやマシーンラーニングが活用されています。これらが現在活用されている実例を、以下の分野で見ることができます。

  1. IIoT - 産業機械に取り付けられたセンサーから送られてくる情報にAIアルゴリズムを適用することで、ビジネスオーナーが問題をそれが発生する前に察知し、修復・修正することが可能です。予測メンテナンスが、この業界におけるAIの最も優れた貢献といえるでしょう。
  2. ヘルスケア - ヘルスケア・モバイルアプリやフィットネス・トラッカーなど私たちの身近でAIの恩恵を感じることができます。
  3. スマートホーム - スマート家電やスマート照明器具は、既に私たちの生活で利用されていますが、本格的なAIの利用で、家事の自動化は更に進むと思われます。

IoTやAIのセキュリティへの懸念は完全に払拭されたわけではありませんが、これらのテクノロジーは、今後益々私たちの仕事場や日常生活に浸透していくことでしょう。

話題の元記事はこちら: AI in IoT : 4 examples of how to make use of it

不動産業界におけるIoT:モダンな居住者を獲得する方法

不動産賃貸の分野で、自社の物件を効果的に宣伝し、安定して家賃を獲得する為の競争は益々激しくなっています。物件の中でも、モダンテクノロジーを採用して、エネルギー効率や居住者の利便性を向上させた物件は、この競争の勝者となっています。
古いタイプの居住者とモダンな居住者では、住宅に求めるものが全く異なります。
BISNOWによれば、現在の居住者は、モダンテクノロジーに余分にお金を払うことは厭わないそうです。例えば、建物全体でWiFi接続が可能であることや、セキュリティがしっかりしていることなどです。
自社の物件をより魅力的なものにするには、居住者にSNSで自分のアパートの様子を紹介してもらったり、ソフトウェアプロバイダーにわかりやすい取説を作ってもらったり、自社のウェブサイトをスマートホームの良さが引き立つものに作り直したりすることが効果的です。

話題の元記事はこちら: Using IoT in real estate : How to recruit modern residents

OpenCVをRaspberry Piに配備して、マシンビジョンを可能にする方法

OpenCVはマシーンビジョンには欠かせない部分です。この記事では、Raspbian Jessieをテストに使って、OpenCVライブラリーをRaspberry Piに配備する方法を紹介します。Raspberry PiボードのソースコードからOpenCVをインストールします。作業を開始する前に、デベロップメント・ライブラリーがインストールされていることが必要です。
次にOpenCV用のVirtualenvをインストール/コンフィグします。
その後、Raspberry PiへのOpenCVのインストレーションを検証します。
正しくインストールされたかテストする為に、cv2.imshow()ファンクションを使って、画像ファイルをディスプレイさせます。テストのために、Raspberry Piデスクトップにログインして、プログラムを実行します。これで、正しく画像が画面に現れたら、インストレーションは成功したと言うことです。

話題の元記事はこちら: How to deploy OpenCV on Raspberry Pi and enable machine vision

IoTの可能性を製造業に利用する方法

IoTの大きな可能性を認識している製造業のトップは、ビジネス機会に焦点を当て、問題解決に邁進すべきです。横道にそれてしまうことは簡単で、収益を得る機会を逃してしまうことも往々にして起こります。
TE Connectivityのチーフ、Terrence Curtinは、IoTを強化することで、自社が競争上の優位性を保つ為に解決しなければならない問題を明確にすることが大切だ、と語ります。Curitinが指摘する、意思決定の際に核となる判断材料は、以下のようなものです。

  1. 顧客を核に据える
  2. 製造環境を考慮する
  3. IoTのアドバンテージを有効利用するデザイン
  4. 労働者の効率・効果を認識する
  5. IoTを消化しやすいものにする

話題の元記事はこちら: How to use IoT capabilities for manufacturing

ロボットシステムが生産現場の安全性を向上させ、生産力を強化する。市場動向やタイプ別産業用ロボットの分析 世界のIoTに関するレポート公開中