【動画】化学企業がIIoTによる収益を最大化する方法:Webキャスト要約

【動画】化学企業がIIoTによる収益を最大化する方法:Webキャスト要約

化学企業がIIoTを取り入れることにより、既存の設備をより良く活用することができ、効率性を上げる事ができます。デジタル化する事で常に向上していき、今まで値段が高すぎて出来なかった事、物理的なものに対するデジタルアイデンティティの付与等を可能にします。また遠隔ソルーションは拡大しており、モバイルデバイスの利用によってさらに効率よく作業ができるようになるでしょう。

本日私たちは、どのように化学企業が安全を強化し、生産性を上げ、インダストリアルIoTを利用して収益を最大化するのか、その方法を語ります。

また自動運転化とプロセスのデジタル化が変動性を取り除き、製品の品質を上げ、最終的に顧客に対して良い結果に繋がるというお話をします。

サイクルタイムで育生する時間で何が出来るかをみてみると、あなたは追加の投資を避け、あなたが既に持っている設備をより良く活用し、既存の工場資産で収益性を上げる事ができます。

効率性の視点からみると10~15%向上しており、多くの顧客はこれらのデジタルソルーションに全てをひっくるめて、彼らの方向転換を最適化しようと試みています。

これらをデジタル化する事の素晴らしさは、歴史を作る機会が得られることです。そして向上の継続は延々と続きます。あなたは最初に節約をし、よりイノベーションに資金を出すことができます。

以前あなたがビジネスで、値段が高すぎて出来なかったことでIoTが可能にするものが3つあります。1つ目は、物理的なものに対してデジタルアイデンティティーを得られる事です。2つ目の最も大切なものは、物理世界でのデジタルステータスについてのアイデアが得られる事、そして3つ目は時々見逃され易いですが、ソフトウェアが自動で何かをする事が出来るというリモートコントロールです。

インダストリアルインターネットアプリケーションを彼らが取り入れた後にする事は何でしょうか?

私たちが現在目にしているのは、遠隔ソルーションの利用の拡大で、特にワイヤレスで利用可能なネットワークが工場により普及しており、モバイルデバイスの更なる利用によって作業員はより効率よく作業できます。これらの2つが次のフロンティアです。ですから私たちは現在機械に焦点を当てており、作業員にさらに注目をしているところです。

この秋、サンフランシスコの鉱山機械の産業IoTのカンファレンスに是非参加して下さい。

元動画


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方

関連記事はこちら:【IoT用語集】モビールマッピングシステム(MMS)とは?

IIoTへの戦略的な取り組みを進める製造業。IIoTをベースとした技術やユースケースを分析 世界のIoTに関するレポート公開中