インダストリー4.0の成功への6つのステップ

インダストリー4.0の成功への6つのステップ – 記事

インダストリー4.0は様々な場所で話されています。
デジタルトランスフォーメーションの旅を始め、それを成功させる方法についての、質問、心配、不安があるのは、あなただけではありません。
2017年 Annual Manufacturing Reportの回答者の75%は、インダストリー4.0の影響について理解していないと答えました。
この不確実性は、インダストリー4.0イニシアチブの発案に全面的に、コミットすることを躊躇する主な理由の1つとして挙げられています。

以下では、デジタルトランスフォーメーションの旅を始めるにあたり、インダストリー4.0成功への6つのステップを念頭に置いて説明しました。

1.デジタルツインの作成

デジタルツインは、資産または工程の複製です。まず、あなたの現在の状態を真に理解することによって、ビジネスにおいて正しい質問をしたり、答えたりすることができます。

2.デジタルツインを使用して、ハイレベルの管理を強化する

インダストリー4.0の取り組みの背後にあるトータルな変革には、トータルのマネジメント買い付けが必要です。
重要なステークホルダーには、デジタルツインが作成される前に参画してもらう必要があります。
ツインの視覚的性質は、すべてのステークホルダーが、エンドツーエンドの相互間の複雑な動作を理解するのを助ける強力な方法です。
早期のエンゲージメントは、大きな変化に伴って起こる感情的な意見を軽減させるのに役立ちます。

3.デジタルツインを使用して適切な質問をし、明確な目標を設定する

管理者は、問題の複雑さや状況を完全に理解することなく、危機の最中でも問題に対して経営資源を投入する傾向があります。
デジタルツインは、さまざまなシナリオにおいてプロセスがどのように動作するかを、高いレベルで理解することを可能にします。
この仮想テストグラウンドにより、当初から現実的なターゲットを設定することができます。

4.インダストリー4.0のテストと優先順位付けの実装オプション

あなたは、ビジネスパフォーマンスに最大の影響を及ぼすと予想される、プロセスステージとテクノロジーに焦点を当てました。
あなたは、検討しているさまざまな技術投資をテストして実験できるように、プロセスのより詳細なデジタルツインを構築することを検討することをお勧めします。これにより、自信を持って実装に進むことができます。

5.スキルの習得、適切なテクノロジーの取得、テクノロジーの実装テクノロジー

投資の優先順位付けを行うにあたっては、導入に先立って適切なスキルと能力を確保する必要があります。
これは、取得、トレーニング、および開発のいずれかによって行うことができます。
実装を進める際には、デジタルツインを使用して、以前に設定した目標や目標に対して提供された価値を追跡する必要があります。
これにより、実装は継続的され、収益が最大化されます。

6.継続的な改善から継続的な革新への移行

インダストリー4.0の旅は、運用の俊敏性を継続的に改善することを目標としているため、終わりはありません。
伝統的な継続的改善技術は、過去のデータと伝統的なプロセス分析に基づいています。代わりに、企業は明日の革新的なパフォーマンスの差別化要因を予測し、他の誰かの前に行動する必要があります。これは継続的な革新の時代です。

Lannerのエグゼクティブブリーフィングペーパー「インダストリー4.0:シミュレーションと予測デジタルツインを使用して成功したデジタル変換をサポートする」をCOO Andrew Aitkenがダウンロードして、より詳細なガイドとインダストリー 4.0の旅の課題についてのディスカッションを行います。

原文はこちら: 6 Steps to Industry 4.0 Success

関連記事はこちら:
【IoT用語集】デジタルトランスフォーメーションとは?
デジタルツインがIoTの展開に重要な5つの理由

インダストリー4.0の成功への6つのステップ 世界のIoTに関するレポート公開中