【IoTトレンド】「石油・ガス業界にIoTが貢献できること」など最新の解説記事まとめ

IoTトレンド】「石油・ガス業界にIoTが貢献できること」など最新のWhat記事まとめ – 記事

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。

石油・ガス業界にIoTが貢献できること

石油・ガス業界は、自然災害や地政学的変動など様々な課題を抱えています。これらの課題の解決には新たなテクノロジーの採用が不可欠ですが、ここで期待されるのがIoTです。
E2EのIoTソリューションを完成させることで、業界に変化をもたらすことが可能です。
具体的に効果が期待できるのが:

  • 石油の抽出率の計測、温度や圧力のモニタリング
  • パイプラインの監視
  • 機器の状態チェックや予防メンテナンス
  • 資源のリモート管理
  • 環境保護
  • リアルタイムでの輸送管理

などです。
課題となるのが、従来より多くのデバイスが関わることでの管理やデータ処理の問題、どのようにして最適なIoTプラットフォームを選択するか、初期投資にかかる金額、などです。

話題の元記事はこちら: What IoT product can do for oil and gas industry

IoTデータをスクレイピングする際に知っておくべきこと

ウェブスクレイピングとは、インターネット上を横断して、ウェブページに含まれるデータを収集することです。
ウェブスクレイピングは、APIを介して機能するサービス、又はウェブインターフェースから、若しくは様々なプログラム言語のオープンソースを介して行うことができます。
ウェブスクレイピングのモジュールとコンポーネントには、クロウリング、スクレイピング、エクストラクティング、フォーマッティング、エクスポーティングがあります。
ウェブスクレイピングの例としては、スポーツイベントでのデータコレクション、解析のために異なるソースからデータを収集する、調査目的、マーケティングでの活用、ジョブ・ポータルなどがあります。
IoTにおいても、データスクレイピングを行うことで、インフラなどで適切なデータがタイミングよく送信され、ステークホルダーがより迅速に決断を下すことが可能になります。

話題の元記事はこちら: What you need to know about scraping IoT data

ヘルスケア施設におけるIoTの未来

ヘルスケアにおけるIoTの将来像に関して、Johnson Controlの北米ヘルスケア・テクノロジー・ダイレクター、Brendon Buckley、JFK Health SystemのVP & CIO、Indranil Ganguly、HCAのVP(エンジニアリング&施設管理)、Brian Weldyに話を聞きました。
彼らが一様に認めていることは、カスタマイズされローカライズされた情報へ瞬時にアクセスできることが、施設のリーダーにとってゲームチェンジャーになる、と言うことです。
施設管理におけるIoTを一言で表せば、“なされるべき仕事を探し出す”と言うことです。現状では施設長は一度に様々な場所に注意を配っていることが求められますが、それをIoTが手助けしよう、と言うことです。
IoTを導入することで、機器管理や在庫管理、エネルギー消費の削減、安全性の強化、よりスマートで効率的なデザイン、などの分野が充実します。患者のデータ収集、緊急事態へのより迅速で効果的な対応、なども見込まれます。

話題の元記事はこちら: What is IoT’s future in healthcare facilities

Lean Six Sigma(Black Belt)とは何か、そして何故これが産業型IoTにとって重要なのか?

Lean Six Sigmaの教義は、プロセス主導の環境で、欠陥を排除し品質向上を図る、一連のデータ施行の管理方法の提案です。
Leanにおける7つのムダはが発生する工程は、輸送、待機時間、動作、生産過剰、不具合、余分なプロセス、在庫です。
クラウドコンピューティング、IoT、AIの進歩がLean Six Sigmaテクニックをより関連性のあるものにしています。
Six Sigmaをより適切に適用することで、データをインダストリアル・プロセスとプロダクトを更に改善するインサイトとなります。
Six Sigma Black Beltを活用することで、生のデータが行動可能な情報となり、究極的には産業界のデジタルトランスフォーメーションに貢献します。
クラウドコンピューティングAIの効果は、これをLean Six Sigma実行者が主導することで全てのプロセス主導の市場での効率を加速します。

話題の元記事はこちら: Why is Lean Six Sigma important for Industrial IoT?

完全なIoTには何が含まれるか

IDCのリサーチャーたちは、全世界のIoTへの支出は年間13.6%の割合で増加し、2022年には1.2兆ドルに達するだろうと予測しています。しかし、IoTへの投資を増加しようと計画している組織のトップでも、IoTは実際のところ何を含むものなのかを理解している人たちは極わずかです。
殆どの専門家は、最もシンプルな方法でIoTを説明するとすれば、ハードウェア、接続性、プロセッシング、そしてユーザーインターフェースの4つのコンポーネントからなる、テクノロジースタックだと答えます。ハードウェアとは、接続される個々のシングズを指し、様々な接続性テクノロジーがデータを送受信し、プラットフォームでそれらのデータをプロセスしたり解析したりします。
IoTの効率性は、ユーザーインターフェースによって左右されます。

話題の元記事はこちら: What comprises a complete IoT system?

AIによる医療革命。創薬、臨床試験、ロボット手術、患者管理を効率化 世界のIoTに関するレポート公開中