【動画】インダストリー4.0:将来のためのASEANの製造業の再活性化

【動画】インダストリー4.0:将来のためのASEANの製造業の再活性化

ASEANには今、世界の工場としての地位を取り戻す絶好の機会があります。そしてこの機会は生産性の向上によって築かれています。インダストリー4.0は莫大な生産性向上を掴むことができる可能性を持っています。政府と企業、大学や訓練機関が協力する事によって、いち早くインダストリー4.0に移行すれば、業界のリーダーとなり、世界の工場としてのASEANの地位を取り戻すことができるでしょう。
デジタルテクノロジー・インダストリー4.0は製造業で大人気となっています。機械と製品の接続性、高度なデータと分析、バーチャルリアリティーと拡張現実、ロボティクス、3Dプリンティング、その他の高度な製造のメソッドは生産性を高め、効率を引き出し、市場へ出荷するまでの時間を加速させ、ビジネスモデルを変革させます。

今日、ドイツアメリカが世界の最先端となっています。Mckinsey & Companyの調査によると、アジアの会社は参入にとてもスローで、とても楽観的です。この地域の回答者の90%が、インダストリー4.0は彼らのパフォーマンスを上げると信じており、96%の回答者が彼らのビジネスモデルを変化させると信じていますが、たったの13%しか変換を始めていません。

しかし中国では労働賃金が上がっており、経済は輸出から国内消費へ転換しています。今ASEANの製造業は世界の工場としてのステータスを取り戻すことができるチャンスがあります。そしてその機会は生産性の向上に基づいて築かれています。

ASEANの生産性はここ数十年で向上しています。しかしこれらの多くは個々のセクターの向上よりも、農業からの大幅なシフトによるものです。

破壊的デジタルテクノロジーの合流であるインダストリー4.0は、これの原型をとどめないほど変化させることができます。

この新しい産業革命は、2025年までに1.2兆ドルから3.7兆ドルを生み出すと予想されています。

ASEANは216億ドルから6270億ドルの価値のある生産性向上を掴むことができる可能性があります。

この可能性を認識すると、政府と、産業と、学界の間での本当の協力が必要となってきます。

政府は税制優遇措置や金銭的サポートを、産業連合を促進し、地域協力を奨励し、訓練やタレントイニシアチブをサポートするためにする必要があります。そして明確な国の基準を築く必要があります。

企業は、共同産業クラスターを形成し、最新の技術にアクセスできるよう世界的なパートナーシップを結ぶのに、現存する障壁を乗り越える道を見つけなければなりません。

大学と訓練機関は、労働力への将来の要望に合わせて現在の人材育成を修正する必要があります。必ず新しいデジタルや解析の技術とビジネススキルの融合に特に焦点を当てているに違いありません。彼らはまた、インダストリー4.0の基礎と、応用研究を押し進める事によって、技術発展を助けなければなりません。

ASEAN地域はデジタル変換をすぐに始めなければなりません。ビジネスモデル、製造システム、最終的に企業全体が、デジタルの視点から再形成される必要があります。

利益プールはバリューチェーンに沿って再調整されるので、早く移行に成功した会社は、将来業界のリーダーになるでしょう。工場の未来を築くだけでなく、世界の工場としてのASEANの地位を取り戻すことができるでしょう。

元動画


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
IIoTで農業機器のリアルタイムデータを収集し、農業の生産性を向上させる 世界のIoTに関するレポート公開中