【IoTトレンド】「Azure Stream Analytics:IoT Edgeでタイムラインとコーディングを管理する」など最新の動画記事まとめ

【IoTトレンド】「Azure Stream Analytics:IoT Edgeでタイムラインとコーディングを管理する」など最新のビデオ記事まとめ – 記事

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。

Azure Stream Analytics:IoT Edgeでタイムラインとコーディングを管理する

このビデオでは、ホストLara RubbelkeがJean-Sébastien Brunnerを迎え、インテリジェント・クラウド、ストリーミング解析の為のインテリジェント・エッジビジョンを実現する為の、新機能を検討します。Stream AnalyticsはIoT Edge上でカスタムコードを使ったリアルタイム解析を実行します。
今回はサブストリームに関してもカバーします。これは個々のデバイスのタイムラインを独立してプロセスするフィーチャーで、IoTシナリオにとって有効です。又、最近発表されたSession Windowも取り上げます。

話題の元記事はこちら: Azure Stream Analytics : Managing timelines and coding on IoT Edge

Azure IoT CentralのMap機能をチェック

Azure MapsはAzure IoT Centralアプリに完全に統合されました。これにより、多岐にわたるジオ・ロケーションとジオ・コーディングが提供できます。今日のIoTショーでは、Azure IoT CetnralチームのPM、Miriam Berhane Russomを迎え、デモを交えてこの新機能を紹介します。
Azure IoT Centralは利用者が簡単にIoTアプリを構築することができるようにサポートするシステムです。以前はMapsは別個の独立した機能でしたが、今回Azure IoT Centralと完全に統合したことで、更に使い勝手がよくなりました。

話題の元記事はこちら: First look at Maps in Azure IoT Central

Azure IoT Hub Manual Failover

事故はどんな場合でも起こりえるもので、分散型システムの機能不全に関しては常に準備をしておくことが大切です。これに関しては、クラウドサーバーも例外ではありません。
今日のIoTショーでは、Azure IoTチームのPM、Roopesh MandaがあなたのIoTアプリのレジリエンシーをIoT Hubがいかに保障し、新たな機能、Manual Failoverが致命的なシナリオの実験でどのように利用できるかを説明します。
レジリエンシーとは、不具合をリカバーしシステムが継続して機能することを可能にするソフトウェアです。

話題の元記事はこちら: Azure IoT Hub manual failover

KafkaとAzure IoT Hubの統合

Kofta愛好家の方にとっても、ただ単にAzure IoT Hubがどれ程簡単にKoftaからのデータを消化することを可能にするのかに興味を持っている方にとっても、今日のIoTショーは満足の行くものだと思います。
今日のショーでは、IoTデバイスデータをどのようにKafkaにフィードするのか、をテーマに進めます。Kafkaはオープンソースのイベントストリーミング・プラットフォームで、Microsoftを利用しているいないに関わらず、ユーザーからとても人気のシステムです。IoTが登場する以前の旧型のシステムを利用していて、その機能をそのまま使い続けていたい人にとっても、Kafkaは利用価値の高いものです。Kafkaの機能はEvent Hubと良く似たものですが、その違いはサービスオペレーションモデルです。

話題の元記事はこちら: Kafka integration with Azure IoT Hub

Google Cloud(Cloud Next ‘18)上でIoTアプリを構築する

IoTデバイスを構築してクラウドに接続したい、思い続けていますか?でも、これを実現する為には様々なパーツが必要で、これが思い切って挑戦してみることのネックになっていませんか?
Google Cloudを使えば、これを簡単に行うことができます。選び抜かれたチームが、あなたの目の前でデバイスからフロントエンドまでの完璧なアプリを構築します。まるでTVのお料理番組を見ているようです。
チームがアプリを構築している間に、ハードウェア、ソフトウェア、アーキテクチャなどここで利用されたGoogle Cloudの製品についても紹介します。

話題の元記事はこちら: Building IoT applications on Google Cloud (Cloud Next ’18)

【IoTトレンド】「Azure Stream Analytics:IoT Edgeでタイムラインとコーディングを管理する... 世界のIoTに関するレポート公開中