【動画】Phillips LightingとVodaphone IoTが協力し都市照明を改善

パートナーシップにより、企業は国民と国のリーダーたちの両方に高いレベルのサービスを提供することができます。 Philips LightingはVodafone IoTと提携して、拡張可能なM2M接続を活用した照明設備を顧客に提供します。ボーダフォンのIoTと既存のセルラーネットワークインフラストラクチャを使用して、街中の光を監視し、制御することができます。
スマートシティインフラストラクチャーの詳細はこちら: http://www.lighting.philips.com/company/beyond-illumination/smart-cities/lighting-in-smart-cities


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

「街灯は街にとってとても重要です。それは街をもっと住みやすく、もっとワクワクするような、安全な場所にしてくれます。」

と話すのは、Philips LightingのAndreaas Knoblochさんです。

イノベーションは、Philips Lightingのモットーだと言います。

街灯から消費電力、インフラの管理や予知保全などさまざまな技術のイノベーションを目指していると言います。

「City Touch」は彼らのリモート街灯システムです。
また、Vodafone IoTのはこのシステムの根幹だと言います。セルラーネットワークを活用して各電灯をコントロールしているそうです。

「私たちは、すでに存在して、活発に動いているネットワークを活用しなければならないのは明白だった」と話すのはPhilips LightingのVasanth Philominさん。

このため、世界中につながりのあるVodafoneと協力できたことはとても良かった、と話します。

このシステム「City Touch」を使うと、すべての街灯の光の強さを変更することができます。
もしどこかで事件や事故が起こった際には、1クリックでそこの周辺を強く照らしたり、故障も検知したりするので修理が効率的に行えると言います。

このシステムは、すべては道路が安全で明るいことで住民が安心して暮らせる環境を作るためです。

世界中のVodafoneとVodafoneのパートナー企業たちのネットワークはとても重要なのだそうです。

このプロジェクトは現在700件、35カ国以上にも及び、迅速に成長しているそうです。また、このスピード感を出すためにもVodafoneは一翼を担っていると言います。

現在セルラーネットワークを活用して街灯に接続する事業を行なっている会社はPhilips Lightingのみです。
また、今後このプロジェクトで得られるすべてのデータを活用し、さらにより良いサービスを提供できるようになると予想しています。

Phillipsについて

オランダにて拠点を構えるPhillipsは、人々の健康にテクノロジーで貢献するヘルステック分野のリーディングカンパニーです。健康な生活、予防、診断、治療、ホームケアという一連のヘルスケアプロセスを通じて、先進的なテクノロジーと、医療従事者および消費者のインサイトを基に、人々の健康を改善し良好な結果をもたらすための包括的なソリューションを提供しています。

詳しくは、https://www.phillips.com/をご覧ください。

Vodafoneについて

イギリスに本社がある携帯電話キャリアです。今や規模は世界最大の携帯電話会社となっています。1985年1月創業した後、2006年6月には市場価値が1340億ドルにも登りました。Vodafoneは現在26か国に子会社があり、33か国以上にパートナーネットワークが存在しています。

詳しくは、http://www.vodafone.com/をご覧ください。

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方