【IoTトレンド】「存在感を増すIoTにカレッジキャンパスはどう準備するか」など最新のハウツー記事まとめ

IoTトレンド】「存在感を増すIoTにカレッジキャンパスはどう準備するか」など最新のハウツー記事まとめ – 記事

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。

存在感を増すIoTにカレッジキャンパスはどう準備するか

多くのキャンパスでは、近年、情報のセキュリティなど解決が難しい問題に直面しています。しかしIoTの存在がこの状況を変える可能性を持っています。IoTを利用して、学生に教室の変更や休講の連絡をしたりする他に、使われていない講義室の電灯や空調の管理を行い、電気代を節約することも可能です。
学生寮で、自分の部屋や体育館へのアクセスをスマホのアプリで行っているところもあります。又、講義に対する学生の理解度をモニタリングしてその結果を教授に送信し、講義の理解度を上げることに取り組んでいる大学もあります。
ここで課題となるのが、学生のプライバシー保護と情報セキュリティです。脆弱なパスワードのデバイスを介して侵入したボットネットにより、キャンパスの5,000を越えるデバイスが機能不全に落ちいったこともあります。
今後IoTの導入を計画しているキャンパスでは、デバイスのアクセス承認権限を誰が与えるか、どんなデバイスやアプリが使えるのか、などの基準をしっかり定めることが大切です。

話題の元記事はこちら: Increase presence of IoT and how to prepare your college campus

IoTのゴールにどうやって到達するか

IoTを実装することはマラソンのようなもので、短距離走ではない。全てのデバイスを一度に接続しようとすることは、プロジェクトの避けられない失敗を招く、とSoftware AGのIoT啓蒙家、Anthony Sayersは語ります。
Ciscoの調査で明らかになったのは、全てのIoTプロジェクトのうち3分の2が失敗に終わっていると言うことです。このような状況の中で、成功を収める為には、以下の事柄に留意することが大切です。

  • ステージ1. 自分が飲み込める以上の量を噛んではいけない
  • ステージ2. どこに価値があるのかを理解する
  • ステージ3. プロセスから成功まで

組織は、IoTを技術的な課題だと捉えることを止め、失敗を避けるためには時間をかけることが重要です。
最終的にIoTの競争に勝利する為には、ビジネスそのものの長期的なゴールにプロジェクトを合わせる事が大切です。

話題の元記事はこちら: Its a marathon, not a sprint; how to successfully cross IoT finish line

MRベースのアプリで障害物の上部又は前面にオブジェクトを配置する方法

この記事では、AdvancedKeepInViewCotrollerを紹介します。これは、前回デモで紹介したものと類似のものですが、第4のエレメントとして、Tボタンを押すか、トグルと命令することで、トグルできるようになっています。
主な特徴は以下のようなものです。

  • ヘッドが一秒間に一定の角度以上に動いたときにのみ、対象物がロテートする。これには、CameraMovementTrackerを利用しています。
  • オプションとして、対象物を仮置きした後で、微妙な調整を加えることができます。(各動作ごとに2回可能)
  • オプションとして、サイズ調整が可能
  • オプションとして、対象物を自分の目の前に持ってきたり、逆に消してしまうことも可能

以前のモデルと比べ、GetObjectBeforeObstructionが提供する機能を最大限に活用できるようになっています。
更なる改良の余地はありますが、使い勝手のよいものに仕上がっています。

話題の元記事はこちら: How to Place Objects on Top or in Front of Obstructions in MR-based Apps

ネットワークインフラが、自動運転車両の鍵

IEEEメンバーでAmbient Intelligence Research GroupのグループリーダーであるDr Kevin Curranは、人々の生活がサイバースペースにどっぷりつかっている現代で、自分で車を運転することは時間の無駄だと信じています。但し、自動運転車両が普及する為には、適切なインフラが必要となります。
何件かの事故はありましたが、多くの人は今でも自動運転車両が将来主流になると信じています。国家規模の交通網インテリジェンスと統合することで、自動運転車両はもっと安全で信頼できるものになるはずです。
いくつかのプロトタイプは、既にグリッドやクラウド、他の車両とコミュニケーションを図るようになっています。それほど遠くない将来に、スマートカーはデフォルト機能として、サービスやデバックを記録するようになるでしょう。5Gが普及するようになれば、自動運転車両も増えることでしょう。
しかし、ここでもプライバシーが課題となります。車両の状態や現在位置情報などが、容易に第3者にわかってしまうと言う懸念もあります。

話題の元記事はこちら: Network infrastructure is key for driverless cars

IoTを制御する方法

IoTはどんどんビジネスの世界で普及していますが、これらのシングズを適切に管理することが重要です。IT Operations Management (ITOM)は役に立ちますが、企業が膨大な量のIoTデバイスをどのように接続しモニターするかは重要な問題です。
IoTがインフラとオペレーションに与える影響は多大で、これを理解していないビジネスリーダーは、手痛い目にあうことになります。行動を起こすのは今です。次の数年の間に、ITオペレーションが全てのIoTイニシャティブの40%程度を推進・実装、又は運用する可能性が高いと言われています。
IoTがもたらす課題の一つに、数多くのIPアドレスの管理があげられます。その他の課題としては、IoTデバイスから生み出された膨大な量のデータをいかに管理するかです。
ITOMは、IoTをモニターし管理する為のニーズに合致するように進化し続けていますが、これがIoTのスケールの進化の速度についていけているかは、ITマネジャーの技量にかかっています。

話題の元記事はこちら: How to tame IoT:A guide for IT Ops

AI技術の活用が期待される医療業界。ヘルスケア市場における人工知能の分析と人工知能アプリケーションを紹介 世界のIoTに関するレポート公開中