競合企業がすでにIIoT戦略を始めている3つの理由

競合企業がすでにIIoT戦略を始めている3つの理由 – 記事

インダストリアルIoTIIoT)について読んだことがあるのであれば、すでに準備ができているようです。将来は知覚できるロボットも含め、あなたの家庭や生活はこれまで以上に効率的で快適になります。スマート冷蔵庫の中の牛乳が酸っぱくなることはありません。牛乳が悪くなる前にスマート・ゴミ箱に捨てて知らせてくれるためです。 IoTは、次のステップを自動的に予測することによって、これまで以上に生産性を向上させます。

メディアによる誇大宣伝は、いつものように、トレンドに既に定着しているものの最先端にあります。機器の健全性を担当する誰もが知っていますが、インダストリアルIoTの担当者は、機器をニーズの予測ができるインテリジェントな機器に変えています。しかし、インダストリアルIoT戦略を実施するには計画が必要になります。

IIoTの導入が増加している理由

インダストリー4.0」の一環として2013年にドイツ政府によって定義されたスマート工場は、クラウド、コグニティブ・コンピューティング、IoT接続、そして、物理システムと仮想システムの組み合わせから成る4つの主な自動化メソッドと効率的な通信メソッドを採用しています。この理論の確立と同時に、そのスマート設備は実現されています。現代の産業のいくつかのトレンドの収束は、以下のようなインダストリアルIoT導入の増加をもたらすでしょう:

  1. センシング機能:インダストリアルIoTに不可欠なあらゆるセンサー技術と機能は益々入手しやすくなっています。今後数年間、価格が引き続き下落するにつれ、より多くの工場が、接続された技術を導入できるようになるでしょう。ROIがセンサーや設置コストよりもはるかに高くなると、インダストリアルIoTの実装が急速に増加することでしょう。インダストリアルIoTは、特別プロジェクト、専任チーム、サーバーでいっぱいの部屋、そして、非常に高価なセンサーを要する大規模なカスタム作業ではなく、手頃ですぐに使用可能なものになるでしょう。
  2. 接続性:マシンからクラウドへのデータ転送に必要な帯域幅は、数多くのデバイスがオンラインになるにつれ、急激に増加しています。これは、ネットワーク価格が下がっているという事実と関連しており、過去に私たちが想像できなかったことが起こっています。センサーの価格と同様に、接続性が高いということは、施設がデータを処理して通信を容易にするために独自のサーバーをホストする必要がなくなることを意味します。
  3. クラウドベースの洞察と機械学習:インダストリアルIoT戦略を実行する主な動機は、接続されたマシンを維持するために、意思決定プロセスを最適化することです。コンピューティングおよびデータ集約型のプロセスをクラウドに移行することで、運用コストが削減され、より実現可能になります。ここ数年で大量のデータを計算する能力は劇的に向上しましたが、統計学者の大規模なチームへの依存度が低下します。 高度な人工知能への移行、そして機械学習機能は、さらに多くの社内施設の洞察を促進し、データ駆動型の実行で未来を変えています。

現在、インダストリアルIoT・アプリケーションでは、接続、センサー・スイート、クラウド・コンピューティングの統合、分析などのカスタマイズが必要です。施設内のインダストリアルIoTプログラムの早期採用者は、既存のマシンからの洞察を収集し、すべてのレガシー・マシンをオンラインにする革新的な方法を見つけ、大量のデータから結論を導き出すため複数の課題に直面しています。

カスタム実装を構築する代わりに、最初の移行者と提携してドメイン専門知識を活用します。それがあなたの得意分野でない場合、正しく行なうために多くの時間と特定の専門知識が必要です。インダストリアルIoTが全面的に不可欠なコンポーネントになるためには、センサー、クラウド、および接続性を使用するための共通の言語とソリューションが必要になります。

それまでに戦略的に活用されていれば、膨大なデータが利用可能です。インダストリアルIoTが現状になるのを待つ間、今行動する者は、先行者のメリットを獲得し、将来のスマート施設へ導きます。

原文はこちら: 3 Reasons Your Competitors Have Already Begun Implementing IIoT Strategy

幅広い業界に影響を与えるブロックチェーン。市場の動向、テクノロジーの問題、主要な使用事例を調査 世界のIoTに関するレポート公開中