Tech Mahindra、Toshiba Digital Solutionsがスマートファクトリ市場を拡大

Toshiba Digital SolutionsとTech Mahindraは、メーカーが製造ライン間で統合されたスマートファクトリソリューションを採用するのを手助けするために協力しました。
両社は、グループ製造業の経歴、ドメインの専門知識、既存の顧客基盤を相乗的に活用して、スマートファクトリ市場でビジネスを拡大します。

「情報技術と運用技術の統合能力、そして製造実行システムと同盟システムのグローバルな経験は、私たちがデジタル変換の旅に乗り出す企業にとって理想的なパートナーになるでしょう」

と、Karthikeyan Natarajan(Tech Mahindraの上級副社長兼グローバルヘッド、統合エンジニアリングソリューション)は述べています。
 
Tech Mahindraは、IoT空間のリーダーの一社であり、有機的手段と無機的手段を組み合わせて機能を構築しています。
Toshiba Digital Solutionsはスマートな製造ソリューションスイート「Meister」シリーズを開発しました。

「Toshiba IoTアーキテクチャSPINEX」に基づいて、生産ラインで生成されたIoTデータを収集、蓄積、利用し、製造プロセスを最適化し、品質と生産性を向上させ、ビジネスライフサイクル全体にわたってサポートを提供します。 
Toshiba Digital Solutionsの産業ソリューション事業部副社長であるShunsuke Okada氏は、

「Tech Mahindraとのチーム編成は、世界中のさまざまな地域の顧客にサービスを提供するToshibaのスマートファクトリソリューションの可用性を拡大するだろう。」

と述べています。

日本のToshiba(東芝)は、前年同期の1,153億円の利益に対し、当期純利益498億円(4億3,800万ドル)を計上しました。
この期間の営業利益は、同社の記録的な数字であり、2016年の同期間の収入の2倍以上の2,138億円に増加しました。
また、売上高も2.4兆円となりました。これは、エネルギー・インフラ部門の売上が減少したものの、倉庫や電子機器の売上が増加したためです。

原文はこちら: Tech Mahindra, Toshiba Digital Solutions to boost smart factory market

産業オートメーション市場 – アジア太平洋およびヨーロッパ地域における市場の大幅な成長を予測 世界のIoTに関するレポート公開中