【IoTトレンド】「プーチンがトランプに贈ったサッカーボールには、トランスミッターが仕掛けられていた?」など最新の記事まとめ

IoTトレンド】「プーチンがトランプに贈ったサッカーボールには、トランスミッターが仕掛けられていた?」など最新の記事まとめ – 記事

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。

プーチンがトランプに贈ったサッカーボールには、トランスミッターが仕掛けられていた?

プーチン大統領がトランプ大統領と会談を行った際に贈呈したサッカーボールに、盗聴器が仕掛けられているのではないかとの懸念がありました。
実際のところは、これはAdidas AGボールが宣伝していたフィーチャーの一つで、フィールド近くでのコミュニケーションを可能にするタグだったのです。製造工程で、NFCチップがロゴの下の部分に取り付けられたのだと、Adidasが自社のウェブサイトで説明しています。自分のモバイルをこのチップ部分に近づけることで、ファンは選手のビデオにアクセスしたり、懸賞に応募したりすることができます。Adidasによれば、このチップをリライトしたりして悪用することは不可能だと言うことです。
しかし、このチップを取り外して、盗聴器を変わりに取り付けてあるのではないか、という懸念に対しては、ホワイトハウスは、全ての贈り物はセキュリティチェックを受けている、と回答しています。

話題の元記事はこちら: Putin’s soccer ball for Trump had transmitter chip, logo indicated

デバイスでのマシーンラーニングのためにGoogleが超小型AIを開発

2年前、Googleは、同社のデータセンターからAIタスクを実行するTensor Processing Units (TPU)を発表しました。今回、同社はAIのノウハウをクラウドから離し、エッジ部分で行うことを可能にするEdge TPUを発表しました。超小型のAIアクセレレーターでIoTデバイスレベルでマシーンラーニングを実行するものです。
Edge TPUは“推論”を実行するようにデザインされています。この新型のチップは、個人で使用するスマホではなく、産業レベルのデバイスで使用されるようにデザインされています。
Googleだけでなく、ARM、Qualcomm、Mdeiatekなども自社でAIアクセレレーターを開発しています。
しかし、Googleが他者に先出ている部分は、バーティカル・インテグレーションを可能にしている点です。
Googleは又、このEdge TPUをデベロップメント・キットとしても販売しています。

話題の元記事はこちら: Google unveils tiny new AI chips for on-device machine learning

IOTA FoundationがAnes Hodžićを迎え入れる

IOTA FoundationはAnes Hodžićをアドバイザーとして迎え入れました。Anesはエアバスグループのデジタル・トランスフォーメーションオフィスのVP-デジタルフォーメーション及びIoTの役職についており、エアバスのIIoT戦略と実行の責任を担っています。彼は、12年間BOSCH勤務を経て2017年にエアバスに入社しました。
彼の大企業でのデジタルトランスフォーメーションに関する豊富な経験が、IOTA Foundationに多大な利益をもたらすことを期待しています。Anes自身も、アドバイザーとしてIOTA Foundationの発展に貢献できることを楽しみにしている、というメッセージを発信しています。

話題の元記事はこちら: Welcome Anes Hodžić to the IOTA Foundation

Xagaがブロックチェーン向けのIoTセキュリティ・ソリューションに取り組むため、1,200万ドルのシリーズA資金調達に成功

シリコンバレーのブロックチェーン・セキュリティ・スタートアップ、XagaがMarch Capital Partners主導の1,200万ドルのシリーズA資金調達に成功したと発表しました。GE Ventures、City Light Capital、NexStar Partnersもこれに参画しています。
Xagaはデバイスを使用するのに安全な環境を提供することを企業活動の核にすえています。ブロックチェーンが信頼メカニズムの中核にあれば、企業はIoTデバイスが侵害されることは無いという確信を得ることができます。Xagaはブロックチェーンは問題解決の最良の応えであると考えています。セキュリティの課題が解決されれば、大規模な産業規模でのIIoTの普及が加速されることでしょう。

話題の元記事はこちら: Xaga secures 12 million series A for IoT security solution on blockchain

創業126年のGEがブロックチェーン・サイバーセキュリティ・スタートアップに投資

GEのベンチャーキャピタル部門が、サイバーセキュリティ・スタートアップ、Xagaの1,200万ドルのシリーズA資金調達に参画しました。産業界がIoTの恩恵を得る為には、常に接続を維持すると同時に自社のオペレーションを保護しなくてはなりません。Xagaは、これらの最先端技術を、エネルギー、運輸、テレコムその他のグローバル産業で採用することを可能にしています。
GE Ventureの投資部門MD,Abhishek Shuklaは、GEがXagaの革新的アプローチに関わることを歓迎している、と語っています。
Xagaが開発した技術は、それぞれの機械のデジタル指紋を認証できるデバイスの分散型ネットワークを作成します。機械の多くがセキュリティ問題が浮上する前に作られている事実が、産業型のコントロールシステムを安全に保つことを困難にしています。
CCNによれば、GEの運輸部門の子会社、GE TransportationがBlockchain in Transport Allianceに参加したと発表しました。この組織は昨年11月に運輸セクター企業のために発足しました。

話題の元記事はこちら: 126 year old General Electric (GE) invests in blockchain cybersecurity startup

【IoTレポート】次世代スマートファクトリー:産業用ロボット、IIoT、3D印刷、高度なデータ管理 世界のIoTに関するレポート公開中