【IoTトレンド】「IoTソリューションに必要な8つのフィーチャー」など最新のリスト記事まとめ

【IoTトレンド】「IoTソリューションに必要な8つのフィーチャー」など最新のリスト記事まとめ – 記事

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。

IoTソリューションに必要な8つのフィーチャー

8と言うのは、中国の文化ではとても縁起がよい数字ですが、IoTソリューションにおいて必要な8つのフィーチャーとはなんでしょうか?

  1. 自社のプラットフォームが、どんなデバイスやセンサー、ネットワークに接続でき、将来のテクノロジーの進化にも対応できること
  2. オープンで独立していること
  3. デバイスが迅速に登録・起動できること
  4. 分散型アーキテクチャ
  5. 容易に刷新できること
  6. 無料のメソドロジーとデザインタイム・ツール
  7. 市場をリードするプラットフォームであること
  8. 戦略的なパートナーシップが組めること

話題の元記事はこちら: 8 Features to Look for in an IoT Solution

スマートシティIoT、5つの例

世界の様々な都市で、インサイトを得て都市運営をもっと効果的に行うための、IoTのテストケースが試されています。Georgia Institute of TechnolotyのCenter for the Development and Application of Internet of Things Technologiesがこれらの急成長を遂げている技術に関する白書(Driving New Modes of IoT Facilitated Citizen/User Engagement)を発表しました。
この白書では、IoTテクノロジーに関する、実装、データのオーナーシップ、セキュリティ、ビジネスモデル及びロードマップに関して掘り下げています。ここで取り上げられている5つのビジネス機会は以下のものです。

  1. 役所が提供するサービスの管理
  2. ユーティリティ
  3. 公共の安全
  4. トランスポーテーション
  5. ヘルスケア

話題の元記事はこちら: 5 smart city IoT use cases

IoT安全性5戎

私たちのIoTへの貪欲さは、とどまるところを知りません。Gartnerの調査によれば、2017年には84億であったIoTデバイスは、2020年までには200億を超えると予測されています。このような状況で、IoTの安全を確保することはとても重要です。
IoTセキュリティの専門家ではないけれど、IoTデバイスを購入し続けている私たちに出来るデバイスとデータの安全性を確保する方法とはどの様なものでしょうか?

  1. 新しいデバイスを購入する際には、値段だけでなくセキュリティのアップデート情報にも気を配ること
  2. デバイスのアップデートが自動で実施されること
  3. リモートコントロールは拒否すること
  4. デフォルト・ログインやパスワードは変更すること
  5. WiFiは独自のネットワークを構築して接続すること

話題の元記事はこちら: 5 IoT security commandments

3つのサイバーセキュリティIoT神話

この記事では、IoTのサイバーセキュリティに関する3つの神話を検証します。

  1. IoTのサイバーセキュリティは消費者の問題である - ATMから現金が下ろせなくなったり、街路灯が点灯しなくなったりという事象がSNSで話題になったりしますが、ビジネスリーダーにとって重要なことは、ビジネスアプリはサイバーセキュリティの脅威に思ったよりも影響を受けやすいということを理解することです。
  2. デバイスの製造業者によって問題は解決できる - 完璧に安全なデバイスを作ることは非常に難しい。これはコストや資源などの理由によります。
  3. 通常のセキュリティでは対応できない特別な問題である 

一番重要なことは、問題が起こってから対応するのではなく、予防措置をとることです。

話題の元記事はこちら: 3 cybersecurity IoT myths

購入すべき7つの代替IoTストック

IoT関連株が注目株だと言うことは、一目瞭然です。しかし、値上がりが予測される株を見分けることは簡単ではありません。これは、シンプルにIoTと言うカテゴリーでくくることが難しいからです。
一番明確なガイドラインは、ブルーチップ企業を選択すると言うことです。IoT関連と言うとすぐに思い浮かぶのは、チップ製造業者ですが、代替企業でも有望株を見つけることは可能です。
この基準に基づいて、現在最も有望なのがHoneywell株でしょう。同社はホームプロダクト、エアコン、セキュリティシステムなどを製造しています。次はセキュリティシステムのADLです。その他では、Johnson Controls、Emerson Electric、NetGear、Analog Devices、Fitbitなども注目に値します。

話題の元記事はこちら: 7 alternative Internet of Things stocks to buy