【IoTトレンド】「IoTの未来」など最新の解説記事まとめ

【IoTトレンド】「IoTの未来」など最新のWhat記事まとめ – 記事

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。

IoTの未来

Internet of Thingsという言葉の生みの親、Kevin AshtonがLiveWorx 2018のイベントで、TechRepublic’sのAlison Denisco Rayomeに彼が思い描くIoTの将来に関して語ります。
IoTという概念は1999年に始まりましたが、この成長は線上に続いているだけでなく、年々増え続けています。今後私たちは、製造プロセス、ロボット、輸送システムなどへのネットワークセンサーの統合が益々増えてくることを目にすると思います。
スマートホームは益々増えてくるでしょうし、2030年頃までには、自動運転車両ももっと一般的なものになって来るでしょうし、人々もIoTを、さらに受け入れるようになるでしょう。
企業のトップから、IoTにどう取り組めばよいか?と尋ねられることがよくありますが、私はその度に少しずつ段階的に始めることだ、とアドバイスしています。IoT時代にアジャストすることは、ゆっくりと確実に行うべきです。

話題の元記事はこちら: What is the future of IoT?

自動運転車両が、リアルタイムデザインに関してIoTから学べること

自動運転車両は、近い将来もっと一般道に進出してくるでしょう。これは、車両が人間と交信する頻度が高くなることを示します。これを安全に実現する為には、何が必要なのでしょうか? 自動車会社は、リアルタイムの顧客体験とタイムラインの視点から、消費者の差別化を行うと言うだけでなく、信頼性と安全性の観点からも失敗の無い製品を作ることが求められます。
2040年までには、ほとんどの車が、殆ど又は完全に自動運転機能を備えるようになると予測されています。完全自動運転の車両間(V2V)、車両とインフラ間(V2I)、車両とネットワーク間(V2N)テクノロジーと検査規格に関しては、まだファイナライズされていません。自動車産業にとっての課題は、量産が行われるようになったときに、メーカーが最新技術を実装できるよう、全てのインフラ、標準、法的要件を管理することです。通信技術は、車両の安全性と法律要件を満たす上で欠かせないものです。

話題の元記事はこちら: What autonomous vehicles can learn from IoT about real time design

拡張現実(AR)についてどう考えるか

ポケモンGOがもたらした拡張現実への衝撃は大きなものです。拡張現実への最も高い関心を示しているのがゲームです。これに続くのが、アプリやネット、TVでの広告です。
Gut Checkが拡張現実に関する調査を行いましたが、そこで明らかになったのは、以下のようなことです。

  • 一般の消費者が拡張現実について知識を得るのは、サーチエンジン、ネットニュース、アプリストア、ユーチューブなどからです。
  • ほとんどの人が、拡張現実は自分の日常生活には関係が無いと考えています。
  • 拡張現実の利用者は、若くて、テクノロジーに明るく、オープンマインドで新しいことに挑戦したい世代です。
  • 拡張現実と聞いて、人々が思い浮かべるのはポケモンGOとMicrosoft Hololensです。
  • 多くの人がショッピングに関連した拡張現実に興味を持っています。
  • 拡張現実に関する懸念は、セキュリティ、人体の健康への影響、安全性とコストです。

話題の元記事はこちら: What people think of Augmented Reality

ヘルシンキで何が起こったのか?その他

国家安全保障の専門家は誰もが、トランプ大統領がプーチン大統領と実際のところ何を話し合ったのかを探りだそうとしており、それはアメリカの国家情報局長も例外ではありません。DNIのDan CoatsはNBCとのインタビューで、会談の内容はわからない、と語り、NBCのインタビュアーからホワイトハウスが、秋にトランプ大統領をワシントンに招待したと発表があったと知らされ、驚きを隠せませんでした。Coatsは又、通訳のみが同席した会談の形式は、自分が薦めたのではなく、大統領が選択した、と語りました。
Coatsは、サイバー攻撃の脅威には再び赤信号が点っている、とも述べ、アメリカへのサイバー攻撃にはロシア政府が関与していると考えていることを示唆しました。

話題の元記事はこちら: What happened in Helsinki?; China targeted IoT before summit; Putin coming to DC; McFaul proposal puts Pompeo on the spot; and a bit more

IoTエッジプラットフォームをリードする為に必要なもの

IoTに関する調査会社、MachNationが“Five requirements of a leading IoT edge platform”という白書を発表しました。
その中で、MachNationが指摘しているのが、(1)データの取り込みに関する広範なプロトコルサポート、(2)オフライン・ファンクションの強力な機能性、(3)クラウドベースでのデバイス・ライフサイクル管理のサポート、(4)ハードウェアに依存しないスケーラブルなアーキテクチャ、(5)包括的な、解析と可視化ツール、です。
MachNationの定義によれば、IoTエッジ・コンピューティングとは、データが生み出されるポイントの近くで特定の計算機能と解析機能を実施するテクノロジー・アーキテクチャです。IoTエッジ・コンピューティングは、特定のプロセスが最適化されたロケーションで実施されることを可能にし、更に安全で信頼性の高いスケーラブルなIoT配備を可能にします。

話題の元記事はこちら: What it takes to be leading IoT edge platform