【動画】Cushman & Wakefieldと不動産のIoTに関するMCSソリューション:Internet of Things World 2018

動画Cushman & Wakefieldと不動産のIoTに関するMCSソリューション:Internet of Things World 2018

IoTが不動産にどう関与しているのか、Cushman & Wakefieldが説明し、ケーススタディを提供します。

Colette Temmink氏はCushman&Wakefieldで働いています。Cushman&Wakefieldは不動産サービス会社で、彼女はアメリカの物件の運営を担当しています。

私達は顧客に常に焦点を当てています。スマートビルディングソリューションを使って建物の効率性について考え、生産性を高める為に様々なサービスを提供します。

Cushman&WakefieldとMCSはスマートビルディングソリューションによる取り組みを行っています。先程も言ったように運用をもっと効率的にして職場での仕事を快適に向上させます。

MCS Solutionはベルギーに本社を置いていますが、ほとんどの顧客はアメリカ人です。スマートビルディングソリューションやオートメーション化をする為のサービスを提供しています。

金融機関は私達の顧客の一人であり、空間占有率を最適化して、建物の使用方法をケーススタディによって編み出しました。顧客に空間占有の情報を共有する事によって顧客はより快適にその空間で過ごすことができます。

IoTは不動産業において重要ですが、常に重要という訳ではありません。なぜなら、建物内で利用可能な情報を引き出しているからです。人々は常に情報を追跡できる訳ではありません。情報を得ることができれば、その情報を再度使うことができ、その情報を最大限に役立てる事ができます。

動画


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方