ブラジルのファクトリーオートメーション、2020年には80億8,000万ドルに。市場分析と今後5年間の予想

ブラジルのファクトリーオートメーション、2020年には80億8,000万ドルに。市場分析と今後5年間の予想 – 記事

レポートの概要

ブラジルのファクトリーオートメーションおよび産業制御市場は、2015年の58億8,000万ドルから2020年には80億8,000万ドルに達すると予測されており、この期間中に6.61%のCAGRで成長するでしょう。

ブラジルのファクトリーオートメーションは、労働賃金や電気代などの不規則な要因によって支配されています。 BRICS諸国の楽観的支援と国内GDPの回復は、ファクトリーオートメーションの市場を推進している同国の産業部門の格上げを促す要因です。

ブラジルは、成長する経済のニーズを満たすために、工業生産、流通インフラ、電力容量を増強し、その伝達を強化しています。この産業的生産は、ブラジル政府が現在取り組んでいる自動化の採用によって、より速いペースで達成することができます。これらの要因は、激しさを増しているブラジルの産業部門を活性化させ、工場の自動化のための市場を推進することが期待されています。

このレポートは、アプリケーションおよびエンドユーザー業界に基づいて市場を分析します。詳細な市場シェアが提示され、今後5年間の予測が推計されます。

ABB、ゼネラルエレクトリック、シーメンスなどの市場の主要企業を調査し、その戦略を分析します。最近の動向と市場への影響も分析されています。

目次

  1. 第1章 はじめに
  2. 第2章 研究のアプローチと方法論
  3. 第3章 ブラジル市場 – 調査の主な所見
  4. 第4章 エグゼクティブサマリー
  5. 第5章 ブラジル市場の概要
  6. 第6章 市場動向
  7. 第7章 技術概要
  8. 第8章 製品別ファクトリーオートメーションおよび産業制御市場
  9. 第9章 エンドユーザ産業別ファクトリーオートメーションおよび産業制御市場
  10. 第10章 ベンダー市場シェア
  11. 第11章 競争力のある知見 – 企業プロファイル
  12. 第12章 投資分析
  13. 第13章 ファクトリーオートメーションおよび産業制御市場の将来

レポート情報

レポート名 Brazil Factory Automation & Industrial Controls Market
発行元 ReportBuyer
販売開始日 2017年12月
金額 $3,850(本記事記事公開時点)
ページ数 135
言語 英語 – 翻訳サービス

関連記事/レポート

  • 産業用ロボット市場、2024年末までに700億ドル超。各分野の種類別、地域別、企業別の世界予測はどうなのか?
    https://mono-watch.com/11628/

  • CNH Industrial Sorocaba、ブラジルの工場が世界クラスの製造業でシルバーレベルの指定を取得
    https://mono-watch.com/5491/

  • ファクトリーオートメーション市場規模は2兆2122億ドル
    https://mono-watch.com/71/

12206

Report Buyerについて

Report Buyerは業界トップレベルの業界インテリジェンスソリューションであり、トップの出版社からのすべての市場調査レポートを提供しています。

関連記事はこちら:
【日本海外事例集】BitPesaとSBI Remitが日本とアフリカ間のブロックチェーン支払いのために提携
グローバル5G市場 – 5年間で約97%のCAGRで拡大し、2025年には251億米ドルの価値に達する見込み
2022年までに15.8%のCAGRに達するための製造市場におけるスマートロボティクス