【IoTトレンド】「IoT入門」など最新のハウツー記事まとめ

【IoTトレンド】「IoT入門」など最新のハウツー記事まとめ – 記事

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。

IoT入門

IoTソリューションが生み出すデータの真価は、デバイスの効果的な配備と管理にかかっています。AzureはAzure IoT Hub、Azure IoT Edge、Azure IoT Hub Deviceなどの機能を提供しています。利用者は、Azure IoTデバイスカタログからデバイスを選ぶか、自分の持っているデバイスを使用することができ、C、Python、JavaまたはC#/.NET用のAzure IoTソフトウェアデベロップメントキットを使って接続することができます。
IoTに関するセキュリティは大きな関心を集めていますが、Azure IoT Hubは、セキュリティトークンやx.509などの様々なデバイス認証メカニズムをサポートしています。
セキュリティとプロビジョニングが完了した後に、デバイスの管理を行います。ここで重要なのが、デバイスに関する全てのメタデータをどのように管理するかです。Azure IoT Hubはこの情報をデバイスツインを介して全てのデバイスにわたって管理することを可能にします。デバイスツインを利用することで、(1)マルウェアアタックの早期発見、(2)組織全体の予防メンテナンス、(3)セキュリティネットワーク全体の設置やアップグレード、などが可能になります。

話題の元記事はこちら: Getting started with IoT – how to connect, secure and manage your things

自分のロボットに最適のパワーソースを選択する方法

ロボットに使用するために適した電池は、リチウム・イオン電池、リチウム・イオン・ポリマー電池、ニッケル水素充電池です。逆に適さないのは、鉛蓄電池、ニッケル・カドミウム電池、ニッケル水素電池です。
リチウム・イオン電池はメタル缶に押し込められている為、安定形状を保つのに優れています。リチウム・イオン・ポリマー電池は前者より後に市場に出たもので、外部シリンダー無しに自らの形状を支えることが可能です。
電池の形には、シリンダー型、プリズム型、ポーチ型、などがあります。
例えば、小型の相撲ロボットであれば、NiMHの場合はAAA電池7本、FDK HR-4Uまたはこれに類似したものや、Li-Ion では 3 X 18650電池パック、Tenergy 31012、11.1V 2200mAh(保護サーキットつき)、Li-Polyの場合にはHyperion G5 50C 2S 850mAhが適しています。

話題の元記事はこちら: How to choose the right power source for your Robot

プロトタイプからプロダクションまで、最適なIoTハードウェアを選択する方法

先ず、プロトタイプ向けハードウェアとプロダクション向けハードウェアの違いを紹介します。プロトタイプ向けハードウェアは、フレキシビリティ、低コスト、モジュラビリティ、簡単な使用方法、初心者向け、などの分野に最適化されています。一方、プロダクション用ハードウェアは、信頼性、生産可能性、高ボリューム、統合が容易、経験豊富な利用者向けに最適化されています。双方のタイプのハードウェアには、デベロップメントキット、マスプロダクションモジュール(MPM)、MPMエバリュエーションキットなどがあります。
その他IoTハードウェアを選択する際に考慮すべきことは、一貫性のあるプラットフォーム/インフラ/ファームウェア及びデベロップメントツール、ドメインエクスパートとサポート、配備の容易さ、などです。

話題の元記事はこちら: How to select the right IoT hardware from prototype to production

あなたの会社でIoTプロジェクトを始動する方法

Samsung AERIK IoTのマーケティングヘッド、Kevin Lee氏が、LiveWorx 2018のイベントでIoTから価値を生み出す方法について語ります。Samsungは家電メーカーとして有名なため、スマート家電やスマートホームの分野で成長しています。Samsungの顧客は産業分野にも拡大しています。
IoTを組織に取り入れる最適の方法は、IoTへの接続によってビジネスをよりよくする方法を模索することです。組織が利用しているデバイスが利用価値の高いデータを収集し、それをビジネスに有効活用で切る形でクラウドに送信し、そこで情報を解析市、ビジネスを向上させることです。
先ず最初に取り掛かるべきなのは、事業課題のうちで最も顕著に効果が現れる分野からです。

話題の元記事はこちら: How to start an IoT project at your company

IoTを取り入れる際の4つの障壁と、それをどのように解消するか

IoTを取り入れる際に、障壁となりうる4つの分野は、セキュリティ、既存のテクノロジーへの整合性、帯域幅-技術面と金銭面に関して、及び実装とサポートです。
セキュリティの課題を解決する為に実行できる最も簡単な方法は、強力なファイヤーウォールをネットワーク全体に設定することです。そして、組織全体で複雑なパスワードのルールを設け、新しいハードウェアやソフトウェアを利用する際には、充分に事前検査を行うことです。既存タイプとの整合性に関しては、IETFやIEEEがオープンスタンダードやアーキテクチャモデルを開発しました。予算に関することでは、組織は、強力なクラウドインフラはネットワーク全体をサポートし、それに高い予算を割り当てることは企業の将来への投資だと理解することが必要です。実装及びサポートに関しては、スタッフへの充分なトレーニングや予算の割り当てが必要です。

話題の元記事はこちら: 4 obstacles to IoT adoption and how to fix them