【IoTトレンド】「OYO、ムンバイを拠点とするAblePlusを買収」など最新の記事まとめ

【IoTトレンド】「OYO、ムンバイを拠点とするAblePlusを買収」など最新の記事まとめ – 記事

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。

OYO、ムンバイを拠点とするAblePlusを買収

ホスピタリティ会社のOyoは、ムンバイに本拠を置くInternet of Things(IoT)のスタートアップであるAblePlusを買収したと発表しました。この契約の詳細は明らかにされていませんが、AblePlusチーム全体がOyoの技術チームの一員になる予定です。この買収により、Oyoはホテル管理システムの基本的な領域にIoTを導入する予定です。

同社はまた、ハリヤナ州とラージャスターン州の州政府によって採用されたDigital Arrival&Departure Registerの業界初の取り組みを導入しました。さらに、Oyoでは、ユーザーの旅をパーソナライズするための機械学習(ML)ベースのアルゴリズムも使用しています。

話題の元記事はこちら: Oyo acquires Mumbai-based AblePlus to invest in IoT

上院議員、「スマートテレビはプライバシーを侵害しているため、捜査すべきである」と発言

民主党の上院議員2名は連邦取引委員会に、インターネットに接続されたテレビに関するプライバシー問題を調査するよう求めました。

D-MassのEd Markey氏とD-ConnのRichard Blumenthal氏は、「インターネットに接続された多くのスマートテレビには、ユーザが視聴しているコンテンツを追跡し、その情報を使用してターゲットとする広告を消費者に配信する洗練された技術が装備されている」とFTC(連邦取引委員会)のJoseph Simons会長に手紙に書いたそうです。 「残念なことに、スマートテレビのユーザーは、テレビの視聴習慣に関する機密個人情報がどこか知らない人に収集されていることを認識していない可能性があります」と手紙は続きました。

さらに、手紙ではFTCに「スマートテレビメーカーのプライバシーポリシーと実践に関する調査を開始するように」と記されていたと言います。

話題の元記事はこちら: Smart TVs are invading privacy and should be investigated, senators say

The Brilliant Ways Kimberly-Clarkはパフォーマンスを向上させるためにビッグデータ、IoTと人工知能を使用

Kimberly-Clark社はFortune 500に選定されている企業です。 Huggies、Kleenex、Scottなどのパーソナルケア製品ブランドは、175カ国で日々4人に1人の割合で使用されています。Kimberly-Clarkプロフェッショナルを通じて、同社は、食品サービス、医療、製造、オフィスビルなどのさまざまな業界において、健康で安全で生産性の高い職場づくりを実現する製品とソリューションを提供しています。業界のリーダーであるKimberly-Clarkは、急速に変化する消費財分野でのオペレーションや顧客体験を向上させるために、デジタル革新を推進することに全力を注いでいます。 Kimberly-Clarkがビッグデータ、IoT(Internet of Things)やAI(artificial intelligence)を運用に使用しているいくつかの方法があると言います。

  • K-Challenge(起業家フォーラム)、消費者パッケージ商品業界に革命
  • セルフサービス小売分析
  • 施設管理者のためのIoTアプリ
  • データによる複雑なサプライチェーンの簡素化

など。

話題の元記事はこちら: The Brilliant Ways Kimberly-Clark Uses Big Data, IoT & Artificial Intelligence To Boost Performance

スマートテレビ、あなたの電話であなたを監視している可能性が

昨年、米国連邦取引委員会(FTC)は、テレビメーカーのVizioに200万ドルの罰金を科しました。そのスパイボックス(テレビの比喩)は、IPアドレスと1100万人のユーザーの人口統計情報を含むデータを収集していたとされています。

リビングから人々のデータをすべて吸い上げることで、テレビの利用者が何を見ているかをすべて知ることができます。
本記事では、事例を交えながら、テレビが吸い上げる情報に関しての危険さを訴えかけるような内容となっています。

話題の元記事はこちら: Smart TVs are spying on you through your phone

インテルはeASICを買収し、チップセットをIoTやその他の将来の技術革新に大きく前進

BroadcomがQualcommの買収を遂行できなかったことを受けて、Intelは次世代コンピューティングに対応するために自社のビジネスを調整する際に別のチップ会社を買収しようと計画していました。

同社は今日、ワイヤレスおよびクラウド環境で使用するためのカスタマイズ可能なeASICチップを製造するファブレス半導体企業であるeASICを買収したことを発表しています。

買収価格はインテルにとって重要ではないため、契約の財務条件は明らかにされていません。 eASICは、従業員120名で1999年に設立され、Khosla、Kleiner Perkins、Seagateを投資家として迎え、合計で149百万ドルを調達しました。それは2012年に再資本化されたため、2017年11月の最後のラウンドでPitchBookによれば、価格設定の球場の基本的な考え方を伝えるために約1億1000万ドルの資金がかけられたと言います。

話題の元記事はこちら: Intel acquires eASIC to take its chipsets deeper into IoT and other future technologies

【IoTトレンド】「OYO、ムンバイを拠点とするAblePlusを買収」など最新の記事まとめ 世界のIoTに関するレポート公開中