【動画】SIM機能をIoT SoC設計に統合する為のArm Kigen

動画】SIM機能をIoT SoC設計に統合する為のArm Kigen

Arm Kigenは最新の携帯電話規格と仕様に基づいて構成された加入者識別モジュール(SIM)ソリューションのポートフォリオを提供しています。

Arm Kigen OSはパートナーとデバイスメーカーの統合されたSIMをデバイスに組み込む事が出来ます。

Arm Kigen Remote Provisioning Solutionを使用してプロビジョニング出来ます。

この技術の恩恵を受ける機会がOEMとデバイスメーカーに訪れました。デバイスをすぐに接続できる状態で出荷する事(Out-of-the-box connectivity)によってグローバル展開の為に1つのユニットのみでソースのトラッキング(追跡)が出来ます。

世界中のモバイルオペレーターと共同で作業していても、サブスクライバーを識別する為の極秘データは安全なサーバーに送信されます。極秘のデータは暗号化されiSIMデバイスを製造する為に使用されています。

OEMは当社のパートナーに在庫を簡単に送信する事が出来るようになりました。デバイスがオンラインになると、ローカルモバイルネットワークはそれぞれのサブスクリプションを使用する事が出来ます。

iSIMが実世界で使われる例をご紹介します。

iSIM対応のパーキング・メーターにはArm技術が採用されており、IoTアプリケーションを使うようになりました。

パーキング・メーターがどこかに設置されると、Arm Kigen Provisioning Platformを使用してリモートで接続、および管理をする事が出来ます。

デバイスがネットワークに接続されると、Bootstrap profileと呼ばれるものを使ってMbedクラウドに場所を提供します。場所の位置データはローカル接続でプロファイルが送信されます。この事をOperational Profile(運用プロファイル)と呼びます。

グラフィカルユーザーインターフェイスを利用してデバイスのグループを選択し、デバイスを出荷する場所に合わせて、初期のBootstrap profileプラグラムから運用プロファイルに切り替える事が可能です。

動画


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方