メーカーがインダストリー4.0に必要な5つの技術

メーカーがインダストリー4.0に必要な5つの技術 – 記事

メーカーがインダストリー4.0に必要な5つの技術

今日の製造業では、デジタル化と接続性がマシンや労働者にとって重要な役割を果足しています。

一般にインダストリー4.0と呼ばれるこの新しいパラダイムは、より良い意思決定を行えるよう、生産性を向上させ、安全性を高め、そしてステークホルダーが権限を持たせるといった、技術の革新により可能となりました。

日々新しいツールやシステムが登場していますが、この新しい時代での成功に不可欠な5つのコア技術があります:

1.インダストリアルIoT

インターネット技術とスマート・デバイスにより、複数のマシンをニーズや要望と一致させることができました。私たちは、コンピューターと通信する電話機に情報を送信することができます。データ交換のサイクルが始まると、いずれかのデバイスが効率的に単独で提供できるほどの認識を得られます。ユーザーの好みを分析して機能を変更する冷蔵庫もあります。

インダストリアルIoTは、これらの概念を産業用マシンおよびデバイスに適用します。 デバイスの統合ネットワークを介したデータの共有 (工場フロアからバックオフィスまで)、予知保全、リモート監視、およびその他の新しい機能によってコスト削減し、生産性を大幅に向上させることができます。また、製造業者が作業を迅速に拡張し、移行することも容易になります。

大型装置の移動や制御によく使用されるアクチュエータは、IIoTと正常に統合できる従来の部品の一例です。近代的なアクチュエータは、即座に、機械が機能しているかどうかを作業者に知らせるデータを提供することができます。 この情報により、チームは故障を防ぎ、パフォーマンスを最適化することができます。

2.ビッグデータ

今日の製造業者は、IIoTなどのシステムを通じて、効率を向上させ、ビジネス上の意思決定を賢明に行うために、前例のない情報へのアクセス方法を持っています。大きなデータ技術の出現により、この情報をうまく活用することができます。

さまざまな分野の有線および無線ネットワーク機器を製造するエクストリーム・ネットワークスは、サプライヤー、部品、およびプロセスに関するすべての情報を統合するための大規模なデータ・ソリューションを利用していました。統合により、生産上の課題に対処する際に、積極的に対応することができるようになりました。

この多数のデータに貢献するツールとシステムがいくつかあります:

  • IIoTデバイス
  • Salesforceなどの顧客管理システム[CRM]
  • Recurly、Stripeなどの金融ツール
  • トーマス・ネットワークなどの産業データベース
  • Thomas Networkなどの産業データベース

3.ブロックチェーン

もともとデジタル通貨Bitcoinのために発明されたブロックチェーン技術は、あらゆる業界の企業が、購入するにあたって安全でアクセス可能なデータを保持することを可能にします。産業企業および製造業者は、サプライチェーン・プロセスに関わる全員との間の取引にこのシステムを使用しています。

産業界の企業は、この技術に多額の投資をしており、幅広い用途でこれを使用しています。

IIoTデバイスを遠隔から検証
改ざん防止の日付と時刻をレコードに添付して編集や操作を防止
従来のパブリック・フォーマットではなくプライベート・ブロックチェーンに切り替え、機密情報をビジネスパートナーやエグゼクティブと共有
ブロックチェーンの機能を使用して、すべての取引にユニークなタグを付けて品質管理と説明責任を向上させる

4.拡張現実(AR

拡張現実(AR)は、情報や視覚資料とともに起こる身体的な経験によって、暮らしを豊かにする技術です。製造者やエンジニアはAUデバイスを使用してプロセスを強化し、より効果的にコラボレーションすることができます。この技術を使って、機械エンジニアが部品を設計しているときに、経営陣からのフィードバックを受け取る機械エンジニアを想像してみてください。この方法は、設計図を前後に渡すよりもはるかに高速です。

この技術は、安全トレーニング、物流、保守、製品開発などの不可欠なプロセスを変革する可能性があるため、製造業にとって混乱を招く可能性があります。貴重なデータとのリアルタイムのやりとりを可能にするウェアラブル・デバイス(通常はヘッドセット)は、製品とコンピューターの間を行き来する時間を短縮することで、従業員の効率化を支援しています。

5.ロボット工学

現代のロボットは、IIoTと通信して、迅速に学習し、より生産的になります。これらの機械は、人間にとって危険である可能性のある輸送や作業を支援することができます。たとえば、Pipeguard Roboticsは、水道管を泳いでリークを検出するロボットを生産しています。 各デバイスは、クラウドベースの分析プラットフォームと通信します。この方法はデータを統合し、製造業者および地元の水道当局に貴重な洞察を提供します。 ロボットは人々にパイプを検査し、それらに損傷を与える危険性を回避させます。

これらの技術を取り入れて統合することで、メーカーはビジネスを成長させながら業界を引き続き推進することができます。

技術はインダストリー4.0の基盤となるかもしれませんが、現代の産業環境で繁栄するためにメーカーが習得しなければならない他の重要な要素があります。 これらの他の教義の詳細については、無料の電子ブック(英語)「4 Keys To Industry 4.0 Success(インダストリー4.0を成功させる4つの鍵)」https://business.thomasnet.com/lp-four-keys-to-success-in-industry-4?_ga=2.56709802.1897769805.1531983485-1769714898.1531983485 をダウンロードしてください。

原文はこちら: 5 Pieces of Technology Manufacturers Need for Industry 4.0

AIシステムによって飛躍する自動車産業。自動車産業におけるAIハードウェア、ソフトウェア、サービスの詳細な市場予測 世界のIoTに関するレポート公開中