【IoT用語集】3Dフードプリンターとは?

はじめに

3Dフードプリンター」という言葉に聞き覚えがある方はいらっしゃるでしょうか。おそらくあまり多くの方はこの言葉に聞き覚えはないかと思われます。3Dプリンターは、ご存知の方が多いでしょう。

あれは樹脂やプラスチックなどを素材に立体物を作り出すことが出来ますね。それの食べ物を作る版とでも言えばわかりやすいでしょうか。

この3Dフードプリンターを使えばたとえ料理が出来ない人であろうとも、好きな料理をスイッチを入れるだけで作り出すことが出来るのです。スーパーに買い物に行って食材を買い、台所に向かって淡々と調理をする。これら全ての料理を作る工程を無くすことが出来るのです。

とは言うものの、現在の段階ではまだなんでも好きな料理を作れるという段階まで来ていません。しかし、将来的にボタン一つでなんでも料理を作り出せるようになったらどれほど素晴らしいでしょうか。

それではこれからその3Dフードプリンターについて詳しくご紹介致します。

3Dプリンターの進化

食べ物とプリント、全く関係ないように見えるこの両者ですが実は昔から縁があることはご存知でしょうか。例えば、家族や友人の誕生日にはチョコレートソースでケーキにメッセージを書いて贈りますよね。そうです、あれこそが食べ物に文字をプリントしたものと言っていいでしょう。

文字を食べ物にプリントしていたものが、これからは食べ物そのものをプリントする時代に進化するのです。

3Dフードプリンターは、一体どうやって食べ物を作りだすのでしょう。流石に普通の3Dプリンターのように樹脂やプラスチックで作りだしてしまっては、見た目は同じようなものを作れますが食べることはできませんよね。

そのため3Dフードプリンターでは粉末状にした香料や栄養素を専用のカートリッジに内蔵させ、それを3Dフードプリンターにセットし、機器の内部にあらかじめ用意されていた油、水に混ざり設定した料理を作り出します。

誰でも気軽に簡単になんでも料理が作れる、そんな時代はすぐそこまで来ようとしています。

3Dフードプリンターによる世間による影響

現在ではまだ3Dフードプリンターは一般にはまだ普及していませんが、もしも開発が進み誰でも一家に一台は置いてあるほど普及されるとしたらどのようになると思いますか。

3Dフードプリンターは専用のカートリッジさえあれば好きな食べ物、料理を作り出してしまいます。自宅でスイッチ一つで好きな料理を食べられたらどんなに嬉しいことかは容易に想像できますね。

しかし、それは「外食」といった概念に大きな影響を与えてしまいます。我々は、なぜ外食をするのでしょうか。

それは、普段家では食べられないおいしい料理を食べたいからですよね。それをもしもわざわざ店に出かけて高いお金を払わずに実家で食べられるとしたら皆さんはそれでも外食に行きたいと思いますか。

ほとんどの方は、もし家で外食と同じ料理を食べられるとしたらわざわざ外食を食べに行くことはしないでしょう。そうです、これが3Dフードプリンターが一般家庭に普及されたら考えられる影響です。

他にもスーパーなどで売っている食品などにも影響を与えるでしょう。3Dフードプリンターに必要なカートリッジ以外は需要が無くなってしまいます。コンビニのおにぎりのような外出した際に手軽に食べられる物には、大した影響は無いかと思われますがスーパーの食品は話が違います。

食品を買ってきてそれを調理するというこの料理において行われる全ての行為にかかる手間を省けるようになるとしたら、ほとんどの人は3Dフードプリンターを使ってその手間を省いてしまうでしょう。

ただし、外食は友人と一緒に食事をすることが目的だったり、その店の雰囲気やサービスが好きな場合、自宅では料理好きな方は自分で作る場合があるので一概にこれまでの食文化が否定されるわけではありません。

しかし、それでも飲食業界に影響を与えることは間違いないので3Dフードプリンターの普及は一般には望まれることですが、飲食業界に携わっている方には望まれていないことでしょう。

まとめ

これから世間に3Dフードプリンターが普及していくことによる可能性とその影響についてご理解いただけたかと思います。

我々一般市民にとってはこの革命的な発明に多くの期待が持てることでしょう。その便利さから冷蔵庫や電子レンジのようにどの家庭にあっても当たり前の存在となることも近いかもしれませんね。

1人暮らしでカップラーメンのようなものばかり食べて食生活が偏りがちな方なんかには特にありがたい存在だと思います。

しかし、飲食業界に与える影響も大きな課題となります。3Dフードプリンターでは得られないメリットを作る、これからの飲食業界の対応にかかっていますね。それとも飲食業界が廃れてしまう結果になってしまうでしょうか。

我々の生活に大きな影響を与えるであろう3Dフードプリンター。その活躍が今からとても楽しみですね。

5Gへのロードマップ:4G、5Gアーキテクチャ、ネットワーク戦略、および計画を含む5Gに向けたワイヤレスネットワークの進... 世界のIoTに関するレポート公開中