4つの基準企業がクラス最高のIoTデバイス管理を使用

4つの基準企業がクラス最高のIoTデバイス管理を使用 – 記事

IoTのデータ管理と分析ツールに魅了されて、IoTデバイス管理の重要性と複雑さを見落としてはいけません。

誰もがモノのインターネット(IoT)のデータ収集と非常に困難な統計旋回の実行を興奮して語っています。IoTのデータ管理と分析は非常に重要です。これは工場資産の予測保守をどのように達成できるか、ロボットは人間とよりよく交流し、車の後ろに乗っている17歳の息子さんよりも安全に車を運転することができます。

賢明なことに、IoTデータ管理は実装が比較的容易ですが、大量の異機種デバイスのIoTデバイス管理をうまく達成することは、海のモンスター、スキュラ(ギリシャ・ローマ神話〜)とカリブディスを越えてあなたのカヌーをナビゲートするぐらい難しいものです。

IoTの素晴らしいデバイス管理とは何でしょうか?

IoTデバイス管理(DM)は、IoT資産の展開と継続的な保守に関連するデバイス・ライフサイクル管理機能を提供する製品です。典型的なDM機能には、IoTアセットに関連付けられた特定のメトリックに関するアセット・プロビジョニング、ファームウェア・アップグレード、セキュリティーのパッチ適用、アラート、およびレポートが含まれます。典型的なIoT資産には、IoTゲートウェイ、改装された新しい産業機器、およびArduinosのようなLinuxベースの機器が含まれます。企業はIoT DMを様々な重要なタスクに使用します。実際、MachNationのIoTテスト環境(MIT-E)でIoTプラットフォームの実地試験を完了すると、企業がIoTデバイス管理プラットフォームで行う、以下のような25の典型的なワークフローを完成させます。

  • DMプラットフォームに新しい管理対象論理デバイスと管理対象外の論理デバイスを追加
  • デバイスのデバイス・エージェントの設定とコンパイル
  • 現在および過去のネットワーク状況の監視
  • デバイスおよび顧客定義のメタデータ・パラメータの構成
  • ファームウェアとソフトウェアをデバイスにプッシュ
  • デバイスに対してリモートからコマンドをトリガーする
  • デバイスの診断ログの取得
  • リモートでデバイスをリブートする

クラス最高のIoTデバイス管理を採用する企業は、IoTソリューションを導入する企業にとって非常に重要であるため、MachNationは、エンタープライズ要件に基づいて、IoT DMの上位4つの要件を特定しました。

1. 北回りと南回りの統合を容易にするプラットフォームを選択する

企業は、既存のハードウェアおよびソフトウェア資産と容易かつ効率的に統合することができるIoT DMを選択するとともに、新しい資産導入のための明確な道筋を提供する必要があります。

効果的なDMは、管理対象デバイスと非管理対象デバイスをプラットフォームに統合し、センサとマシンのデータを外部システムで使用できるようにするための適切なプログラムおよびプログラム以外のリソースを提供する必要があります。

2.展開と継続的な運用のために優れたデバイス・ライフサイクル管理を持つプラットフォームを選択する

先進のライフサイクル管理ソリューションは、オン・ボーディングやソフトウェア導入などの初期資産展開と、診断、監視、アラートなど、その資産の継続的な運用保守の両方の機能を提供する必要があります。効率的かつ有能な運用管理レイヤーは、サービス期間中の接続資産の費用対効果の高いサポートを提供するための鍵となります。

3.適切なアーキテクチャーとセキュリティーモデルを持つプラットフォームを選択する

DMプラットフォームのアーキテクチャーは、初期導入時にIoTソリューションが効果的に機能するようにするために不可欠であり、デバイスの数やプラットフォームの複雑さが増すにつれて、実装の存続期間にわたって顧客にサービスを提供します。優れた基盤となるDMアーキテクチャーのない高品質の技術的な実装は、顧客には必然的に高価な間違いがあります。 企業は、セキュリティーモデル、製品化、プラットフォームのスケーラビリティ、およびマルチ・テナント/マルチ・カスタマーの柔軟性という4つのDMアーキテクチャー全体の基準を評価する必要があります。

4.IoT DMベンダーが十分に考慮されたビジネス戦略を持っているか確認する

企業は、IoT DMベンダーのビジネス戦略とパートナーシップを理解するのに時間を費やす必要があります。他のすべてが同等である(それは決してそうではない)ので、大規模なIoT DMベンダーは、小規模のDMベンダーよりも、IoT DM製品を成功させるために必要なリソースを提供し、導入の成功を確実にすることができます。最高のIoT DMベンダーは、技術とビジネスを可能にするパートナーのネットワークが十分に発達しています。IoTソリューションの専門知識がないため、企業はこれらのパートナーシップ・ネットワークに依存して、業界のベスト・プラクティスを使用しIoTソリューションを効率的に実装します。

IoTデバイス管理は、IoT技術で最も複雑なものの1つです。多くの企業は、IoTデバイス管理プラットフォームを採用して概念実証を行い、後でそのプラットフォームが大規模な展開をサポートしないことを発見しています。IoT DMプラットフォームの機能を理解する実践的なユーザビリティーと機能テストに依拠することは、企業にとって適切なプラットフォームを決定する最も慎重な方法です。

原文はこちら: OPINION 4 criteria enterprises use to pick best-in-class IoT device management

【IoTレポート】5Gインフラの市場規模、2026年までに337.2億ドルに 世界のIoTに関するレポート公開中