ファーウェイ(Huawei)PCITCと提携しスマートファクトリー2.0に着手

最新のICTで省エネと排出量削減を実現

地球の環境問題はますます深刻化しています。私たちは深刻な環境問題を認識し、温室効果ガスの排出を抑えるためにシェアバイクや電気自動車を使うようなライフスタイルを取ってきてはいるものの、未だに石油などの再生不能エネルギーにもまだかなり依存している状態です。石油は、地球上にどれだけ残されていて、あとどれくらい持つのでしょうか。保守的な見方をする専門家によれば、残された石油埋蔵量は、今の速度で消費を続ければ、あとわずか30年~40年で尽きてしまうとの予測もあります。そうなれば次のオイルショックは、予想よりもはるかに早く起こりうるのです。世界中の政府と企業は、新しいエネルギーを開発し、第2の石油となるようなエネルギーの探査、生産、利用を促進する社会的責任があるのです。

このような企業のニーズは、もはや従来の技術では対応出来ませんが、インダストリー4.0時代の到来とスマートマニュファクチャリングの台頭は、地球の省エネルギーと排出量削減を可能にすると、大きく期待されているのです。

製造業は昔からある産業であり、石油精製、自動車製造、家電製造、電力網、製鉄所、化学プラントなどが含まれます。製造業のICTシステムは、従来はサポートシステムとして機能していましたが、現在は生産システムとして稼働して来ています。製造業界は、デジタルトランスフォーメーションを目指して、スマートマニュファクチャリングの方向へと向かっているのです。スマートマニュファクチャリングはスマートファクトリー、スマートロジスティクス、およびスマートサービスなどにより構成され、スマートマニュファクチャリングの成功には、クラウドコンピューティングビッグデータIoT(Internet of Things)、AI(人口知能)などの新しいICT技術が不可欠です。

シノペックグループ(中国石油化工集団)は、中国最大の総合エネルギー・化学企業で、 2017年のグローバル・フォーチュン500社では3位にランクインしています。シノペックグループは、Yanshan、Maoming、Zhenhai、Jiujiangをパイロット・スマートファクトリーと選定し、2013年に新しくスマートプラントへの取り組みを開始しました。

パイロット・スマートファクトリーを構築するのは、シノペックグループとPCCW(パシフィックセンチュリーサイバーワークス社)のジョイントベンチャーであるPCITC(Petro-Cyber​​Works Information Technology Company Limited)です。PCITCはスマートファクトリーを実現するためにファーウェイと提携をし、ビッグデータとマシンラーニングの技術を利用しています。この技術により、容易に精製・生産の情報を収集することが出来るようになるため、原油・燃料・触媒の量を適切に調節し、その化学変化プロセスはより効率的になるのです。

これにより、油の品質を損なうことなく、最低限のエネルギーで最適な生産が可能になります。さらに、これまでの異常事例を元に適切なオペレーション&メンテナンスが(O&M)が稼働している機器に設定されています。機器をリアルタイムで監視し、機器の異常状態を予測して予知保全を実行するため、O&Mコストを削減し、予期せぬシステム停止のリスクを低減することに貢献しています。

現在、これら4つのパイロット・スマートファクトリーでは目覚ましい成果が報告されており、これはシノペックグループのスマートファクトリー1.0であると言えます。 4つのパイロット・スマートファクトリーでは、先進的な制御技術の利用率が90%以上に増加しています。例えば生産データの自動収集率は90%を超えており、また汚染源はすべて自動的に監視されています。生産の最適化は、これまでは限られたプロセスのみで、またオフラインモードでのみで実行されていましたが、現在はすべてのプロセスに拡張され、稼働中のオンラインモードでも実行されています。これにより品質だけでなく効率も向上し、労働生産性が10%以上向上しました。

ICTは、石油・石油化学業界企業に明確な利益をもたらし、その投資回収率は最大限に高められています。主な要因は、生産対消費率の向上、石油回収率の向上、運用コストの削減、労働生産性の向上、長期間の安定した機器稼働などです。

ファーウェイのソリューションがスマートファクトリーをパワーアップ

世界有数のICTソリューションプロバイダーであるファーウェイのソリューション製品ラインは、デジタル油田、オフショア油田通信、デジタルパイプライン、スマート精製、そしてその販売ソリューションなどが含まれ、石油・ガス分野の市場で実績を挙げています。これらのソリューションは、ワイヤレスeLTE、IoT、KunLunサーバー、OceanStor 9000ハイエンドストレージシステム、HPC(High-Performance Computing)、クラウドデータセンター、パブリッククラウド、クラウド対応エンタープライズコミュニケーション製品など、ファーウェイの幅広い製品に基づいています。現在、ファーウェイは世界のトップ20石油・ガス企業の60%にサービスを提供しており、エネルギー保有国・地域の41%をカバーする38,000km以上の石油・ガスパイプラインの事業に携わっています。

ファーウェイはPCITCとの提携により、リアルタイム通信、コンピューティング機能、およびアーキテクチャ全体のセキュリティ機能を提供し、シノペックグループのスマートファクトリーにおけるイニシアチブを支援しています。

シノペックグループの子会社であるSinopec Jiujiang Companyは、長江の北岸と廬山の南に位置しています。毎年1000万トンの原油を処理し、30万トンの合成アンモニア、52万トンの尿素、10万トンのポリプロピレンを生産しています。また合計48の生産ユニットを有し、その大部分は業界の中でも経済的・技術的に優れています。

Sinopec Jiujiang Companyは、大容量の通信容量とマルチメディアトランキングディスパッチシステムのニーズに応えるため、ファーウェイのeLTEブロードバンドトランキングソリューションを採用しました。このソリューションは、ディスパッチシステムを「聞こえる・見える化」し、さらに、このソリューションは有線伝送が不要なため、コストを大幅に削減します。Sinopec Jiujiang Companyはまた、O&Mやエンタープライズリソースプランニング(ERP)などのコアビジネスシステムの安定を確保するために、ファーウェイのOceanStorハイエンドストレージシステムを採用しました。この新しいストレージシステムは、将来のクラウドへのデータセンターリソースの統合とサービス移行を見据えて設計されているため、将来的にも保証されています。 また、ファーウェイのハイエンドストレージシステムにより、電子メール、オフィスアプリケーション、ポータルサブシステムを含む統一されたOffice Automationプラットフォームを構築し、データの一元管理も実現しています。さらに、ファーウェイのTE30オールインワンHDビデオ会議エンドポイントシステムは、簡単に電話会議を開催できるシステムで、社内外の通信だけでなくビデオアシストシフトハンドオーバーも可能にし、通信効率を大幅に向上させました。

Sinopec Jiujiang Companyは、4Gワイヤレスネットワークアプリケーション、IoTベースのスマートウェアハウス、全プロセス統合最適化プラットフォームなど、一連の高度なテクノロジー/テクニックを採用しました。これらのすべては、製油所では初めて実装されたものです。

スマートファクトリー2.0の時代はすぐそこに

2017年4月、PCITCとファーウェイはスマート製造プラットフォームを共同発表しました。これは、戦略的パートナーシップ締結後、初の重要な共同のイノベーションであるだけでなくシノペックグループ内のSmart Factory 2.0のかなめでもあります。

このプラットフォームには、集中管理、IoTアクセス、IT管理と制御、最適化、共有サービス、データ処理、分析、AIという8つの主要機能があります。このプラットフォームは、スマートな製造のための「ベンチマーク・オペレーティング・システム」になるでしょう。このスマート製造プラットフォームは、クラウドコンピューティング、IoT、ビッグデータ、バーチャルリアリティ、マシンラーニングなどの新しいICT技術も統合しており、業界をリードするスマートマニュファクチャリングプラットフォームになることが期待されています。このプラットフォームの8つの機能の要点は次のとおりです。

  • 集中管理:このプラットフォームは、スマートファクトリーのデータと情報を統合してデータ資産の集中管理を可能にし、アプリケーションシステムとの効果的な統合を可能にします。
  • IoTアクセス:このプラットフォームは、スマートファクトリーに必要なユビキタス・相互運用能・スマート統合通信サービスを提供し、デジタル倉庫、危険化学物質の追跡、主要機器の振動および腐食監視、環境監視などの幅広いサービスアプリケーションをサポートします。
  • IT管​​理と制御:このプラットフォームは、クラウド管理、セキュリティ管理、O&M管理、統合開発を実装します。クラウドノードの集中管理、監視、およびリソース割り当てを可能にします。
  • 最適化:このプラットフォームには、最適化ツールとエンジンが付属しており、生産プロセス全体を合理化し、デバイスの操作を容易にし、エネルギー効率を向上させます。
  • 共有サービス:このプラットフォームは、ビジネスおよびテクノロジーサービスコンポーネントを一元的に管理および制御し、統一された開発を容易にする共有クラウドサービスを提供します。
  • データ処理と分析:このプラットフォームはビッグデータの可能性を発揮し、生産例外分析、機器障害診断、製品品質分析を可能にします。
  • AI人工知能):このAI対応プラットフォームは、ルール、モデル、知識を画一化に貢献し、ディープラーニングや推論データを使って石油化学プラントのための「スマート脳」を作り出します。

ファーウェイのスマートマニュファクチャリングソリューションを選ぶ理由

ファーウェイは様々なグローバルパートナーと連携して、効率的管理、アジャイルディスパッチ、オープンアーキテクチャを特徴とするフージョンクラウド・スマートマニュファクチュアリングソリューションを開発しました。このソリューションは、産業オートメーション、情報コンバージェンス、サービス中心の製造、およびフレキシブルな生産等のニーズに答えるもので、生産・製造業界のお客様にとっては最適なソリューションです。

このソリューションは、ファーウェイと、SAP、Accenture、PCITC、Halliburton、ForceConなどの業界パートナーとの共同作業の産物です。これにより、設計、生産、供給、物流、マーケティングという製造プロセスのエンドツーエンド管理が可能になり、クラウドベースでサービスの充実した製造が実現するのです。ビッグデータの分析と検索は、製造企業の、根が深く骨の折れる問題の解決に寄与します。これらによって、インテリジェントな管理と統一アーキテクチャを兼ね備えた、クラウド対応の製造プラットフォームを構築する道が開かれるのです。

私たちが石油を使い果たす日は、遅かれ早かれ到来するでしょう。しかし、クラウドコンピューティングやビッグデータなどの新しいICT技術によって、石油化学企業は、より効率的で環境にやさしい方法でエネルギーを利用し、より地球にやさしい新しいエネルギー源を探索し続けることが出来るでしょう。

今日までに、フォーチュン・グローバル上位500社のうち197企業、上位100社のうちの45企業が、デジタルトランスフォーメーションのパートナーとしてファーウェイを選択しました。 ファーウェイのデジタルトランスフォーメーションサポートについて、詳細は以下をご覧ください。
http://e.huawei.com/topic/leading-new-ict-en/index.html?utm_campaign=lni17-minisiteen&utm_medium=hwdc&utm_source=ebghome-en&source=eebghq175155l

原文はこちら: Huawei Joins Hands with PCITC to Embrace Smart Factory 2.0

【IoTレポート】トップインダストリアルロボティクス、トップサービスロボットによるトップロボット市場 – 2... 世界のIoTに関するレポート公開中