【動画】OpenHack Data&IoT – ムンバイ

動画】OpenHack Data&IoT – ムンバイ

OpenHackは2018年6月4~6日にムンバイで行われました。OpenHackは40もの企業から約80名が参加し、Microsoftのサービスを体験しました。

OpenHackでデータやIoTについて扱った事はとても良かったです。OpenHackのフォーマットはとてもユニークで、今回は第二回目になりました。先程ユニークと言いましたが、何がユニークかと言いますと、OpenHackは参加者にとって、チャレンジをする場である事なのです。デベロッパー同士で協力し合います。

エンドツーエンドのIoTデータソリューションを作る為にはデータの取り込みからデータの消費に至るまで様々なサービスが必要です。

OpenHackはデベロッパーが実践をしてマイクロソフトのデータとIoTプラットフォームを使う経験が出来ます。

OpenHackはBHEL Puriによって様々な方法でAzure IoTを体験するフォーラムとなっています。専門家の素晴らしい公演も行っています。

SudhirやRobertなどはHTインサイトに関する事を話しており、さらにはAzureの安全性についても触れていました。

Eknoor SighはOpenHackに参加してとても良い体験だと感じています。普段彼はそれほどの技術を要する仕事をしていませんでした。その為、OpenHackは彼にとってとても良い体験になりました。

OpenHackは情熱によってのみ満たされるものではなく、実世界の問題を解決する多様性を多く学べる場です。

このOpen Hackで様々な企業から沢山の事を学べ、この経験はAzureを使用して顧客に役立つソリューションを構築する方法になります。

Robert EichenseerはMicrosoftのコーチとしてOpenHackに参加しました。コーチとしてもIoT OpenHackは素晴らしい体験になりました。私が見る限り、参加者は自分から主体性を持って様々な事に挑戦していました。OpenHackで学んだことをそのまま応用している人も見られました。

日本人の井上大輔氏もこのOpenHackに参加しました。彼はこう言っています。
私はインドの開発者との交流はこれが初めてでした。たった3日間で彼らはとても多くの事を吸収しており、もっとたくさんのデベロッパーにOpenHackに参加して欲しいと思いました。

Annie Mathew氏はこう言っています。
OpenHackはものすごい熱気で溢れていました。デベロッパー達はチームとなって沢山の事を学んでおり、失敗を繰り返し沢山の事に挑戦していました。それぞれのテーブルにMicrosoftのエキスパートがいる事でその人に聞くことができ、Azureが提供しているIoTのサービスについてを深く知る事が出来ます。

学習はプロセスの一環です。OpenHackはただの始まりにすぎません。デベロッパーが学ぶ続ける事でMicrosoftの技術を使ったソリューションが生まれるでしょう。

動画


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方