【IoTトレンド】「IoTプロトタイプ用DIY開発ボード10個」など最新のリスト記事まとめ

IoTトレンド】「IoTプロトタイプ用DIY開発ボード10個」など最新のリスト記事まとめ – 記事

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。

4つの方法でデータ科学サービスがIoTの目標を達成するビジネスをより迅速に支援

データ科学者は、IoTの事業展開に不可欠な要素です。 これらは、データを解釈し、機械学習に関する貴重な文脈を提供するという重要なニーズを満たすものです。 しかし、IoTのイニシアチブが拡大し、ビジネス内で成熟するにつれて、社内のデータサイエンスリソースは、薄く伸びていく可能性があります。 これにより、データパイルアップが作成されます。これは、デプロイメントを元に戻す確実な方法です。

4つの方法とは、

  1. 主要プロジェクトは、順次ではなく、並行して機能させる
  2. ニーズに応じてスケールアップおよびスケールダウンを考慮する
  3. 開発のための深度と専門知識の幅広さを持ち合わせる
  4. 高優先事項に集中させるために、社内のデータサイエンスのリソースを解放する

話題の元記事はこちら: 4 ways data science services is helping businesses reach IoT goals, faster

3HongKongが台湾のFast EasToneによる商業用NB-IoTローミングを開始

国の第2位の通信事業者である3HongKongは、より安定したエンドツーエンドのNB-IoTを企業に提供する、商用のNB-IoTローミング機能を、アジアで初めて運用することになったと発表しました。

この発表/開発は、海外企業に大きなビジネスチャンスを与えることを期待しています。 これらは、NB-IoTローミングを介して台湾のFast EasoneのNB-IoTネットワークと相互につながりを持っているものです。NB-IoTチップが埋め込まれたデバイス(センサーやトラッカーなど)は、NB-IoTローミング対応ネットワークが利用できる国で接続できます。 これにより、企業は海外でビジネスチャンスを掘り起こすことができます。

話題の元記事はこちら: 3 Hong Kong Launches Commercial NB-IoT Roaming with Taiwan’s Fast EasTone

ビジネスが知る必要があるIoTに関する10の事柄

IoTに関して知っておくべき10のこと:

  • モノのインターネットは、モノではなくデータである。
  • すべてがセンサーに関するものということではない。
  • IoTはビジネスの必須要素であり、技術的な仕組みではない。
  • AIとIoTが両立することがある。
  • IoTはコストを削減し利益を増やすことができる。
  • IoTは効率性向上だけではない。
  • IoTプロジェクトは簡単ではない。
  • IoTセキュリティは絶対確実ではないため、リスクを管理するためには初期の計画が必要。
  • 概念実証が必要ではあるが、それはあなたのいる業界に依存する。

話題の元記事はこちら: 10 things about IoT that business needs to know

IoTプロトタイプ用DIY開発ボード10個

コネクティッドデバイスやIoT(Internet of Things)を使い始めるメーカーやハッカーは、開発ボードの選択肢がたくさんあります。 過去18ヶ月でDIY市場は様々なボードが入手できるようになり、爆発的な伸びをみせました。 開発者は、マイクロコントローラベースのボード、システムオンチップ(SOC)ボード、シングルボードコンピュータ(SBC)、スマートBluetoothとWiFiをサポートする専用ボードから選択する必要があります。

IoTプロトタイプ用DIY開発ボード10個:

  1. C.H.I.P
  2. Mediatek Linkit One
  3. Particle Photon
  4. Tessel
  5. Adafruit Flora
  6. LightBlue Bean
  7. Udoo Neo
  8. Intel Edison
  9. Raspberry Pi
  10. Arduino Uno

話題の元記事はこちら: 10 DIY Development Boards for IoT Prototyping

IoTがソーシャルメディアを変えている3つの方法

ビッグデータとIoT(Internet of Things)は、ソーシャルであることやオンラインで見られるということ自体の意味を変えています。 接続性が向上し、多くのデバイスやシステムに接続できるようになると、企業は変化するテクノロジーを常に追い、採用し、特にクライアントやコンシューマーにサービスを提供するための優れたコミュニケーション活動を確立できる必要があります。

変化1:企業がより良いサービスを提供するようになる

変化2:企業が顧客とのよりよい関係を構築し始めている

変化3:プライバシーの重要性が増してくる

話題の元記事はこちら: 3 Ways IoT Is Changing Social Media

進化し続けるグローバル情報通信技術(ICT)。5Gネットワ​​ーク機器に関する世界市場調査 世界のIoTに関するレポート公開中