【IoTおすすめ本】IoTとは何か 技術革新から社会革新へ (角川新書)

IoTおすすめ本】IoTとは何か 技術革新から社会革新へ (角川新書) – 記事

IoTのコンセプトを世界で初めて提唱した著者が、すべてを教える。

内容紹介

今までの日本ICT(情報通信技術)戦略は、技術で始まり技術で終わることが多く、出口戦略がなく、結果として使われないものになっている。
IoTがその轍を踏まないようにすること、そのためにも哲学が重要なのである――。

「IoT=モノのインターネット」とは何か。何のための技術であり、私たちの社会や生活は、一体どう変わるのか。技術研究開発や社会制度設計、ビジネスや実用の最前線から、豊富な実例をあげつつ、その現状・課題・未来像と、日本への指針を示す!

目次

  1. 第1章: IoTの登場
  2. 第2章: IoTの実用化とその可能性
  3. 第3章: オープンとクローズ ― 日本の選択

書籍情報

書籍名 IoTとは何か 技術革新から社会革新へ (角川新書)
著者 坂村 健
販売開始日 2016-03-10
金額 ¥864(本記事記事公開時点)
ページ数 145
出版社 KADOKAWA / 角川学芸出版

関連情報

情報の更新: 2018年07月18日現在

インダストリー4.0テクノロジ市場2023年に214億ドルに達すると予測。市場の変化の詳細と懸念要素 世界のIoTに関するレポート公開中