アジア太平洋地域に浸透するインダストリー4.0、IIoT促進における各国政府の役割を調査

アジア太平洋地域に浸透するインダストリー4.0、IIoT促進における各国政府の役割を調査 – 記事

レポートの概要

IIoTを活用して持続可能な製造業の成長を促進する

デジタル技術の普及は、消費者製品の普及の状態に達しています。デジタル化は、より安価でより良い消費者製品を生産するために徐々に製造部門に浸透しつつあります。不確実で激しい経済状況の時代に、製造業者は生産方法の近代化とアップグレードによって競争優位を求めています。

ドイツのような先進工業国は、インダストリー4.0またはより広義のIndustrial Internet of Things(IIoT)を通じた製造能力のデジタル化の道を切り開いてきました。この製造業の変革は、日本、韓国、シンガポールといった国に牽引され、アジア太平洋地域に急速に浸透しています。 APACの各国政府は、持続可能な製造業の成長を創造し、グローバルサプライチェーンでの役割を確かなものにするための実用的な方法として、IIoTを検討しています。ただし、APACのすべての国でIIoTの準備が整っているわけではありません。

この調査では、Frost&Sullivanがイニシアチブ、行動計画、資金調達スキームを通じてAPACのIIoTを促進する際の政府の役割を調査しています。 APACの製造経済は徐々に第4次産業革命を受け入れているため、インフラ能力のギャップを埋めることが重要な要素です。 APACの8つの輸出集約型経済と「IIoT準備状況」ランキングのプロファイルが提供されています。後者は、主要な経済指標を活用してAPACでトップ8のIIoT対応国を、客観的にランク付けするFrost&Sullivanの方法論です。

目次

  1. 第1章 エグゼクティブサマリー
  2. 第2章 市場概要
  3. 第3章 韓国 – マニュファクチャリング3.0における革命
  4. 第4章 日本 – バリューチェーン・イニシアティブ
  5. 第5章 中国 – メイド・イン・チャイナ 2025
  6. 第6章 台湾 – プロダクティビティ 4.0
  7. 第7章 シンガポール – スマートネーション
  8. 第8章 その他のAPAC – オーストラリア、マレーシア、タイ
  9. 第9章 IIOTレディネススコア – 国別ランキング
  10. 第10章 成長の機会と企業の行動
  11. 第11章 最後の言葉

レポート情報

レポート名 Role of Governments in Promoting the Industrial Internet of Things (IIoT) in Asia-Pacific
発行元 ReportBuyer
販売開始日 2017年7月
金額 $4,950(本記事記事公開時点)
ページ数 90
言語 英語 – 翻訳サービス

関連記事/レポート

11628

Report Buyerについて

Report Buyerは業界トップレベルの業界インテリジェンスソリューションであり、トップの出版社からのすべての市場調査レポートを提供しています。