【IoTトレンド】「IoTチェーンチップを紹介」など最新の動画記事まとめ

IoTトレンド】「IoTチェーンチップを紹介」など最新のビデオ記事まとめ – 記事

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。

IoTチェーンチップを紹介

チップは、ブロックチェーンにおいて、2つの大きな役割を担っています。一つはデバイスをIoTに接続すること。そして、個別のIDをそれぞれのIoTデバイスに提供することです。
これにより、異なるデバイス間でアップロードやダウンロードを行うことが可能となります。
従来型のIoTとブロックチェーン型のIoTの違いを説明します。先ず、従来型のIoTは3つのデベロップメントフェーズがあります。一つは、IoTへの接続がないもの、次に航空機などの大規模デバイスでリアルタイムのモニタリングを必要とするもの、そして最後は、インターネット・オブ・エブリシング、鍵、冷蔵庫などがこれに当てはまり、スマホからコントロールすることが可能です。
しかし、この場合の問題はセキュリティが脅威にさらされることです。TEE(Trusted Execution Environment)を作り出すことで、それぞれのデバイスが独自のIDを持ち、又それぞれのトランズアクションにもブロックチェーンIDが与えられます。

話題の元記事はこちら: Introducing the IoT Chain Chip

5Gワイヤレスの到来

MMWsは建物があるところを通り抜けるのが難しく、雨や植物にも吸収されてしまいます。これはシグナルに影響を与えます。又、MMWsなどの高周波は、波長が短いので遠くまで届けることができません。この問題を解決する為に、5Gは小型のセルステーションを活用します。4Gは数十のセルポートを用いましたが、5Gには数百のセルポートが必要となると言うことです。
これにより、5Gが発する電波やWiFiシグナルによる危険が発生します。例えば、より濃密な電磁界の乱れや、皮膚や目や心臓を含む内蔵への影響、植物の健康、自然界のエコシステムへの影響、などです。
5Gプロバイダーは、私たちに正確な情報を流さないので、身を守る為に、自分の身体が一体どれくらい5Gにさらされているかを理解する、様々な種類のEMFに関する知識を得る、などが必要となります。

話題の元記事はこちら: 5G Wireless – Cell towers & relay boxes everywhere – Smart cities – Smart grids – IoT

旧式のデバイスをモダンIoTアプリに接続する

IoTアプリを構築する際には、高い頻度で、既存のシステムやインフラをクラウドに接続する必要が出てきます。今日のIoTショーでは、Azure IoTチームのPM、Chris Seguraが、実行する際に必要なこと、旧来型のシステムとクラウドでパワーを得ているモダンなIoTアプリの橋渡しをAzure IoT Edgeはどのように行うのかを、紹介します。
Azureのカスタマーは、現段階では、豊富なデータを持った既存のシステムをどのようにIoT環境で活用するかに頭を悩ませています。更に、デバイスデベロッパーは旧式のデバイスも含め、デバイスに関する知識は備えていてもクラウドに対する理解が低い場合や、その逆に、デバイスに関する十分な知識がないこともあります。この部分の交通整理を行うのがAzure IoTチームの役割の一つです。

話題の元記事はこちら: Connecting legacy systems to modern IoT apps

IoT向けのDynamics Connected Field Service

DynamicsチームのプリンシパルPMマネジャー、Kyle Youngが、Azure IoT HubとDynamics Connected Field Service間の統合が、どのように仕事の流れの自動化を可能にし、IoTの世界と企業の橋渡しを行うかを紹介します。
Dynamicsは、組織が行う様々なオンサイトディスパッチに関連した業務を支援します。
従来型のフィールドサービスでは、いつメンテナンスを実行するかなどをあらかじめ計画しなければなりませんでした。また、機械が壊れてから初めてアクションを起こすことも少なくありませんでした。
しかし、それぞれの機械をIoTデバイスでモニタリングすることで、もっと能動的なフィールドサービスを行うことができるようになりました。

話題の元記事はこちら: Dynamics Connected Field Service for IoT

ブロックチェーン・エキスポ2018 - Ambrosus

アムステルダムのブロックチェーン・エキスポ2018の会場からお届けします。
今日のビデオで紹介するのは、Ambrosusの特徴、市場での現状などです。
Ambrosusのミッションは食品及び薬品分野で安全な環境を提供し、製品を起因とする死亡事故を防ぐことです。製品の製造元情報を提供し、消費者が安全性の確認を行うことができるようにします。

話題の元記事はこちら: Ambrosus Talk | WaBi, VeChain, Origintrail IoT killer from Swiss | 100x long term??

AIの採用により製造プロセスの完全自動化、応答性の高いマシンを実現。コグニティブ・ファクトリーを可能にする 世界のIoTに関するレポート公開中