【動画】Optimal+についての取材:IoT World Conference 2018

動画】Optimal+についての取材:IoT World Conference 2018

Optimal+の職員であるMichael Schuldenfrei氏は高度なIoT分析をどのように活用しているかについてを説明しています。

Optimal+の特徴は、とてもユニークなソリューションでエンドツーエンドを通して顧客にソリューションを提供し、データを使いそのデータをリアルタイムで分析したりする事が可能です。

Optimal+はGartner Cool Vendorの支援をして成功した為、最近ではGartner Could Vendorとの事を話しています。私達は自律型自動車の分野でIoTデバイスの製造品質を向上させています。

Gartner社自身が自分の会社を誇っている為、とても良い方向に向かっています。そして、Optimal+は未来を創るには欠かせないソリューションとなります。

Verticaの採用はビジネスを様々な形で変えます。まずは、顧客のサービスの一環としてビッグデータの提供です。数年前までは出来なかったような事もスケーラビリティを通して可能にしました。

ビッグデータなどの沢山の技術が進歩し続ける事で、それを合わせた時に一つのとても素晴らしいソリューションが出来上がる事になるでしょう。

1分以内に数十億のデータポイントでのやり取りを行えるようなスピードを提供しています。各半導体デバイスから何千もの測定値を通してたった1分で測定できる事は素晴らしいです。

何十億というデータポイントの統計情報を収集してその結果が出るまでの応答時間はたった数秒です。つまり、ユーザー向けのアプリケーションは効率的に分析する事に使用出来ます。

Verticaを使う事の利益は異なる時間枠のデータを補間する能力がある事です。機械が稼働している間は常にセンサーからのデータを時系列で取得します。機械で製造されている特定のボードやチップ、デバイスやシステムに関連するデータを取得します。統計、分析機能の働きがとても良く、データを一緒に相関させる事でセンサーからのデータを効果的にします。

動画


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方

【動画】Optimal+についての取材:IoT World Conference 2018 世界のIoTに関するレポート公開中