インテリジェント製造において主要な7つのトレンド

インテリジェント製造において主要な7つのトレンド – 記事

私たちはよく消費者を対象としたモノのインターネットのデバイスを見ますが、別の分野にも多くの進歩があります

一部のインダストリアルIoTトレンドは消費者向けのものを反映していますが、他は製造などの分野に合わせて調整されています。ここで、今後数年間に期待されるインダストリアルIoTトレンドのトップ7を紹介します。

デジタルツインが引き継ぐ

デジタルツインは、産業分野で使用される物理的コンポーネントに仮想的に対応します。例えば、自動車製造に使用されるロボットアームは、デジタルツインを使用して監視することができ、アームの操作に関するデータを収集し、定期的なメンテナンスや交換が必要なコンポーネントの情報を提供します。デジタルツインは予測保守を容易にし、効率を向上させる貴重な視覚化機能を与えます。IoT情報を得てして管理する方法はたくさんありますが、デジタルツインは直観的かつ強力なアプローチをもたらします。

革新的なヒューマン・マシン・インタフェース(HMI)

コンピュータ画面やより初期のディスプレイは依然として産業地域で支配的ですが、それは変化しています。拡張現実感アプリケーションは、物理的コンポーネントを見るときに貴重なフィードバックを提供し、製造設備に関するIoT由来情報を従業員に提供することで、企業は投資をより有効に活用できます。バーチャルリアリティーも役割を果たし、より伝統的な技術では不可能な強力な視覚化機能をワーカーに提供します。VRARは通常、特定のタスクに合わせて調整されていますが、ヘッドセットやスマートメガネの普及や価格低下は、特に産業環境でこれらの技術をより一般的にしています。

予測的メンテナンスの改善

予測的なメンテナンスは、何年もの間、産業環境でより大きな役割を果たしてきましたが、IoTコンポーネントの継続的な増加により、以前に増してさらに多くの情報を提供しています。現代の産業用ソフトウェアは、機械学習やその他の人工知能ツールと組み合わされることで、部品の交換が必要な時を判断する際などにおいてさらに優れた結果をもたらします。他の技術とは異なり、予測保守のメリットは計算が簡単で、今後、Cレベル経営幹部の優先リストの上位にいることは間違いありません。

セキュリティーの強化

IoTの初期段階では実行にやや不安があり、多くの企業にとってデバイスのセキュリティー確保は最優先事項ではありませんでした。これはもう通用しません。そしてIoTへの投資を検討している企業は、新しい投資がサイバー攻撃から保護されることを確実にするためにますます措置を取るようになっています。この変更の一部は、サイバー攻撃のますます有利な性質により、侵害された産業機器は特に魅力的であるためです。企業が今後直面する課題の1つは、攻撃者からデバイスを安全に保つためのワンステップ・ソリューションがないため、適切なセキュリティー・パラダイムを使用し、コンプライアンスを確実にすることです。

優れた柔軟性

ダウンタイムのコストが高い、すなわち、ハードウェアやソフトウェアの変更をできる限り避けることが望ましいという状況のため、産業組織は時々ゆっくりと動きます。しかし、全面的な効率性の向上によって、企業はより迅速なアプローチを採用できるようになります。人工知能は人間が決して探索しないかもしれない相関関係を見つけるのに適しているため、IoT解析は時々驚くべき結果に繋がることがあります。産業界の長期的な移行は、情報に迅速に対応する方法を見つけることになり、この動きは今後数年で増加し続けることでしょう。

自動化

自動化は常に産業界にとって重要な位置を占めていますが、デジタル技術によりより大きなものとなってきています。高価な重機に投資する代わりに、企業はより幅広い製造コンポーネントを補完する低コストのデバイスに頼ることができるのです。自動化システムが引き続き価値を証明するにつれて、企業はより多くの投資を行い、大幅な効率向上と労働コストの削減を目指します。しかし、最も徹底的に自動化されたシステムでさえ、進歩を監視し、効率を最大化する方法を模索する人が必要であるため、人を雇うことは依然として必要になります。

エッジへの移行

IoTコンポーネントによって収集されるデータの膨大な量は驚異的なものであり、インダストリアルIoTアプリケーションのボトルネックの1つは、システムが必要な情報を監視できるかどうかということです。IoTオペレーションの強力なコンポーネントは、セントラルサーバーに送信される前に、データを収集、処理、そして分析するエッジ・コンピューティング・デバイスに依存しています。サーバーやオフサイトのクラウドソリューションへの投資は今後も増加し続けますが、将来エッジデバイスには大きな投資が見込まれます。そして今日の産業環境に共通する処理ストレスの一部を軽減します。

IoTの概念が生まれて以来、センサーは長い間、成功した操作の中心的な要素であったため、IoTデバイスは産業環境に自然に適合しています。しかし、汎用IoTデバイスのメリットは産業操作の変革であり、業界固有のIoTデバイスは長年にわたって益々強力になっています。業界の保守的な性質にもかかわらず、IoTの採用は急速に増加しており、この傾向は引き続き大きくなっていくことは間違いありません。

原文はこちら: 7 Key Trends in Intelligent Manufacturing

北米の近接センサー市場、2018年までに12億3000万ドルに達する見込み。その市場動向と分析 世界のIoTに関するレポート公開中