【IoTトレンド】「IoTが企業の成功に貢献する為に向上すべき5つの分野」など最新のリスト記事まとめ

IoTトレンド】「IoTが企業の成功に貢献する為に向上すべき5つの分野」など最新のリスト記事まとめ – 記事

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。

IoTが企業の成功に貢献する為に向上すべき5つの分野

Deloitteの最新の調査で、IoTが解決すべき5つの課題が明らかになりました。又それらに対する改善策も紹介します。

  1. セキュリティ - 調査によれば、より新しく高いコンピューティングパワーを持ち、セキュリティ機能を備えたデバイスの登場が、IoTセキュリティの課題を改善する傾向に
  2. プラットフォーム - ハードウェアとの統合をより簡単に行えるプラットフォーム及び、縦型の統合を実現したプラットフォームの登場
  3. 高額でパワー消費量の高いネットワーク - LPWANs(low power – wide area network)の登場
  4. 解析が難しいデータ - AIやマシーンラーニングを活用した解析の導入
  5. レイテンシ - クラウドでのデータ解析から、ネットワーク・エッジでの解析への移行

今後は、企業や産業分野でのIoTの成長が最も顕著なものになるだろうと予測されており、2020年までにはIoT関連の支出の半分以上をこの分野が占めるだろうと言われています。

話題の元記事はこちら: 5 ways the IoT must improve to achieve enterprise success

IoTが小売業を変革している5つの分野

スーパーマーケットでの買い物といえば、会計を待つ長い列、支払いでのもたつきなどがすぐに頭に浮かびますが、Amazonが試みている実店舗、Amazon Goでは、実際に商品を手に取る楽しみと、未来の買い物体験が提供できるユニークな形態が体験できます。
小売業界で導入されてきている新しい分野には、以下のようなものがあります。

  • 実際の買い物とデジタルを組み合わせて、新しいカスタマーエクスペリエンスを創造
  • 利便性とセキュリティの向上 
  • 空調、照明などの費用対効果が高い、スマート・ストアの創造
  • ロボットの活用による、危険作業や単純作業の代替、人件費の削減など

IoTテクノロジーは、本質的なところで、小売業界のオムニチャネルを上手く利用し、ショッピングをユニークな参加型の体験に昇華させています。

話題の元記事はこちら: 5 ways the Internet of Things is transforming the retail industry

消費者向けモバイルIoTデバイスのeSIMをアクティベートする3つの方法

1990年代に最初の携帯電話が発売された頃は、テレコムとの接続をコンフィグするのは大事でした。
その後、SIMカードが普及して、プロバイダーに接続するのはとても簡単になりました。SIMallianceによれば、2017年には56億のSIMカードが販売され、これは世界で最も使用されているITエレメントとなっています。
これが更に進化したeSIMは、どの様な機種にも対応でき、簡単にアクティベート出来るなどの利点を持ち、2022年までには2.5億まで利用が拡大すると見られています。このeSIMを遠隔で安全にアクティベートするには、3つの方法があります。
一つはQRコードを利用するもの。そして次は、デフォルトSM-DPプラスアドレスを利用するもの、そして最後がGSMAのRoot Discoveryサービスを利用したものです。

話題の元記事はこちら: 3 ways for eSIM activation of consumer mobile IoT devices

今すぐビジネスに導入できる5つのIoTアプリ

IoTは未来のテクノロジーという位置づけから、ビジネスにとって今すぐ無くてはならないもの、に急激にそのポジションを変化させています。それに伴いIoTがビジネスに貢献する分野は企業のサイズの大小に関わらず拡大しています。IoTを導入することによるビジネスそれ自体への利点は、生産性の拡大、遠隔でのモニタリング、オペレーションコントロールなどです。又、付加価値をつけたサービス、アップセリングなどの分野でもIoTが貢献しています。
企業にとって、すぐに活用できるIoTアプリには以下のようなものがあります。

  1. スマートロック - 職場での利便性とセキュリティの向上
  2. スマート空調と照明 - 経費削減及び、より快適で生産性の高い職場環境の実現
  3. 音声によるアシスタンス
  4. サプライチェーンでの、データの記録及び管理
  5. バーコード読み取り機及びRFIDタグ

話題の元記事はこちら: 5 IoT applications you can put to work for your business right now

2026年までに2,100万台の自動運転車両が実現

自動運転の実験車両が公道を走り始めてからしばらく経ちますが、これが大量生産されるにはどれ程の時間を有するのでしょうか?
完全な自動運転車両がショールームに大量に並ぶにはまだまだ時間がかかりそうですが、2026年までには全世界での販売台数が2,100万台に達するのではないかと予測されています。
Juniperの調査によれば、極東と中国アメリカ及び西ヨーロッパがこの市場をリードしています。同社はまた今年の終わりまでには公道を走る4,500万台の車に、何らかのドライバーアシスト機能が備わっているだろうと述べ、この数は2020年間までに1億台に達するだろうと予想しています。
自動運転の分野ではGoogleが他をリードしており、これに続くのが、Volvo、Tesla、Daimler及びAudiです。
現状では、自動運転車両は物流やシャトルサービスの分野で利用されており、個人の利用への販売はまだありません。

話題の元記事はこちら: 21 million self driving vehicles projected by 2026

製造業に多大な影響を与えているIIoT。その各分野での実装例と将来の成長予測について 世界のIoTに関するレポート公開中