産業用ロボット市場、2024年末までに700億ドル超。各分野の種類別、地域別、企業別の世界予測はどうなのか?

産業用ロボット市場、種類別、地域別、企業別の世界予測 – 記事

レポートの概要

世界の産業用ロボット市場は、2024年末までに700億ドルを超えると予想されます。

産業用ロボット市場は、主に自動車および電気・電子分野が中心です。自動車・電気・電子分野の総合市場規模は、年70%以上を占めることが予想されます。最近の傾向として、協働ロボットは自動車産業でより頻繁に使用されています。 BMWを含む多くの自動車メーカーが組立ラインに協働ロボットを導入しています。彼らはまた、車のドアの最終的な組み立て作業を実行しています。彼らは人間を助けるので、生産性と価値の向上に役立ちます。

このレポートは、自動車産業、電気・電子、金属、化学、ゴム、プラスチック、食品などの産業用ロボットの様々なアプリケーションに関する包括的な評価とコア・インサイトを提供しています。効果的かつ効率的に組立ラインを構築し、長期的には大幅なコスト削減を実現します。したがって、自動車産業および電気産業は、将来の世界の産業用ロボット市場を後押しする重要な要因です。

このレポートでは、産業用ロボットの年間出荷も地域別にカバーしています。アメリカ地域では、さらに4つの地域(米国、カナダメキシコブラジル)に分けました。

アジア&オーストラリア地域では、さらに6つの部分(中国インド日本韓国台湾、タイ)に分けました。ヨーロッパ地域では、さらに6つの地域(中東欧、フランスドイツイタリアスペイン、英国)に分けました。アフリカ地域についても報告しています。

目次

  1. 第1章 エグゼクティブサマリ
  2. 第2章 グローバル産業用ロボット市場&ボリュームの分析(2010年〜2024年)
  3. 第3章 シェア分析-グローバル産業ロボット(2010年〜2024年)
  4. 第4章 セグメント分析 – 産業用ロボット市場(2010年〜2024年)
  5. 第5章 セグメント分析 – 産業用ロボットのボリューム(2010年〜2024年)
  6. 第6章 国別 – 年間出荷量(2015年〜2024年)
  7. 第7章 グローバルキープレーヤー分析(2010年〜2024年)
  8. 第8章 産業ロボットの世界的成長の要因
  9. 第9章 産業ロボットの課題

レポート情報

レポート名 Industrial Robotics Market, Volume Global Forecast by Types, Regions and Companies
発行元 ReportBuyer
販売開始日 2018年2月
金額 $1,190(本記事記事公開時点)
ページ数 89
言語 英語 – 翻訳サービス

関連記事/レポート

11628

Report Buyerについて

Report Buyerは業界トップレベルの業界インテリジェンスソリューションであり、トップの出版社からのすべての市場調査レポートを提供しています。

セルラーIoTと低電力ワイヤレスネットワークの最新動向と発展を分析。中国で新しい波が起こると予測 世界のIoTに関するレポート公開中