【IoT用語集】テレマティクスとは?

 【IoT用語集】テレマティクスとは? – 記事

はじめに

テレマティクスとは、移動する車両等に移動体通信を組み合わせて提供される情報サービスの総称です。テレマティクスサービスと呼ばれることもあります。

テレマティクスの目的は、2つあります。一つが車両ないし安全運転技術の向上であり、もう一つが移動体に対する情報提供です。前者に属するものが、例えば運行管理・ドライバーの動きをモニタリングし、運転者の補助を行うこと・危険度に応じた保険料を決定するなどのサービスです。

一方、車の外から道路状況を知らせ正しいう回路に誘導する、車内エンタテイメントを提供するといったサービスが後者に属します。後者は、インフォテイメントと呼ばれることもあります。

利用される技術

テレマティクスで利用される技術は、通信・センサ・受発信機・車載用プラットフォームなどがありますが、大きく分類すると車載と非車載の技術に分かれます。

車載技術

たとえばカーナビ・ETC端末・エアバッグのセンサ・エアバッグと連動する緊急通報システム・コネクテッドカーに搭載される車載OS・車両や運転者を監視するセンサ・通信モジュールなどがあります。

センサ等で集めたデータをビッグデータとして利用するサービスも始まっており、車載テレマティクス技術も多彩なものになっています。センサ類もAIを用いるものが車載用に登場しています。これは自動運転の実現に向けた車載技術ということができるでしょう。

非車載技術

非車載技術に関しては、車のIT化が進んでいることからメーラー・道路交通情報や、エンタテイメントコンテンツを発信するサービスといったインターネット経由のサービスが車の外のサービスプロバイダーにより提供されています。

ETC2.0のサービス・ITS高度交通管制システムから発出される交差点安全情報等、車外の公共サービスの発信に関する技術も重要な非車載技術です。将来これらの技術も自動運転技術の一部を構成する技術と目されています。

テレマティクスとIoT

利用目的において、安全・危険予知といったリスクの低減に関わる技術には、近年IoTのセンサ技術・と通信の組み合わせで取得したビッグデータの解析が多くつかわれるようになってきています。

日本におけるテレマティクスの歴史

日本でのテレマティクスは、当初国土交通省・東京都の第三セクターなどもっぱら政府主導で提供されていました。目的は、情報提供が主であり、テレマティクスの黎明期には、インターネットの普及率も低くとどまっており、双方向性がないサービスが主流でした。

  • 1995年ITS 高度交通管制システム
    国土交通省による人と車両と道路を情報通信で結び、交通事故や渋滞を防止・回避するためのシステムです。
  • 同年 ATISの誕生
    東京都が出資する第三セクターの「交通情報サービス」により運営されている技術です。カーナビを使った交通情報の配信サービスです。
  • 1996年VICSの誕生
    電波ビーコン・光ビーコンにより、事故・故障車・工事情報を配信するシステムです。
  • 2001年ETCの誕生
    高速道路などでノンストップでの料金収受を行うことができるサービスです。2016年次世代型のETCの登場により新機能が追加され、渋滞時のう回路提示・災害時の支援サービス・道路情報の配信などが追加となっています。

日本におけるテレマティクスの現在

現在では、上記の政府主導のサービスに加え、民間各社がテレマティクスサービスを提供しています。テレマティクスの初期と比べて、双方向性のあるサービスが主流となってきています。

  1. 商用車向けサービス例 
    商用車管理サービス、安全運行管理サービス、ドライバーモニタリングサービスなどセンサ技術と無線技術を組み合わせた商用車に向けたサービスが、自動車部品メーカーやリース会社等から市場に出回っています。
  2. 走行実績をもとにしたサービス例 
    テレマティクス保険が、この例の一つです。過去の運転情報を車に搭載した端末から集め、速度・急ブレーキ・急発進などの情報を分析した結果、事故率を算定した保険がテレマティクス保険と呼ばれます。

    日本では、あいおいニッセイ同和損害保険がこうした保険を売り出したのが最初です。保険のほか、近時では運転傾向の分析と安全運転サポート音声ガイダンス機能を提供するソリューションなどもこうした走行実績をもとにしたサービスの例として挙げることができます。

  3. インフォテイメント 
    通話・音楽や映像メディア・メールの読み上げなどを車載のコンピューターが行います。通信機能を搭載し、インターネットと接続されたコネクテッドカーの中には、トヨタの高級車種などのようにインフォテイメントの機能を充実させているものも登場しています。

まとめ

テレマティクスは、自動運転技術にも関連性がある技術によりサービス提供が行われることから現在市場の注目・関心を集めています。

その一方で、古いテレマティクスインフラもETC2.0に見るように技術的にもサービスの質的にも進化している途中です。自動運転の完全実現時期を占う意味でもテレマティクスの動向から目が離せません。

AIの採用により製造プロセスの完全自動化、応答性の高いマシンを実現。コグニティブ・ファクトリーを可能にする 世界のIoTに関するレポート公開中