42Q、デジタルファクトリースターターキットを発売

クラウドソリューションには、デジタルファクトリトランスフォーメーションを加速するために設計されたコア製造機能とビジネスインテリジェンス機能が含まれています

クラウド製造実行システム(MES)のリーディングプロバイダである42Qは本日、デジタルファクトリトランスフォーメーションを加速する主要機能を備えたソリューションであるデジタルファクトリースターターキットのリリースを発表しました。 デジタルファクトリースターターキット(Digital Factory Starter Kit)には、工場フロアおよび品質機能、トレーサビリティ機能、およびビジネスインテリジェンス(BI)レポートが含まれています。 デジタルファクトリースターターキットは、42Qクラウドソリューションの一部であり、メーカーは42Qを使用してわずか数週間でデジタルファクトリートランスフォーメーションの価値を実現することができます。

「従来型の社内MESプラットフォームを導入する際のコストと複雑さは、基本的な機能性のために9〜18カ月の期間を要する可能性があります」

とCTOのSrivats Ramaswami氏は述べています。さらに

「デジタルファクトリースターターキットは、デジタル変換に必要な主要機能を組み込み、ビジネスプロセスや顧客を中断することなく、数週間で企業を稼動させることができるように設計されています」

と言っています。

LNS Researchの調査結果によると、大部分のメーカーは、適切に実行されたMESの導入により大きなメリットを得ることができます。しかし、現在、この技術を使用しているのはメーカーのわずか20%です。 この低い採用率の理由としては、コスト、複雑性、ビジネス中断のリスクが挙げられます。 42Qのデジタルファクトリースターターキットを使用すると、導入が簡単なクラウドソリューションを使用してこれらのリスクを最小限に抑えることができます。

デジタルファクトリースターターキットの主な機能には、電子トラベラー、サイクルタイム管理、ショップオーダー管理、プロセスルーティング制御などがあります。 従業員の確認と電子作業指示、トレーサビリティ、製品の系図、表示、制御計画など、品質管理の機能が完全に統合されています。 デジタルファクトリースターターキットには42Qのビジネスインテリジェンスモジュールも含まれています。このモジュールは、製造作業からのリアルタイムアラートとデータの視覚化のためのツールを提供します。

「導入が容易な一方で、デジタル工場スターターキットは、企業が品質や操作を管理し、歩留まり、WIP、スループットをリアルタイムで監視できる完全なソリューションです。このソリューションは、医療、航空宇宙、および自動車製造業を含む高度に規制された産業の多くの製造施設で実証済みで既に導入されています。」

とRamaswamiは語っています。

42Qは、エンタープライズリソースプランニング(ERP)システムと工場内の製造装置の間で動作する包括的で実証済みのクラウドベースのMESソリューションを提供し、Industry 4.0を使用したスマートな工場のより簡単でコスト効率の高い実装を可能にします。 堅牢で実証済みの機能性を備えた42Qは、製造業者が従来の自動化、エンジニアリング、運用、ITの境界を容易に越えることを支援します。 現在、世界中の50カ所以上の工場に展開されている42Qの実績あるスケーラブルなソリューションにより、長い時間を要するインフラストラクチャの取得と設定プロセスを排除し、ソリューションを展開してすぐに利益を得ることができます。
デジタルファクトリースターターキットはすぐに入手できます。 詳細については、デジタルファクトリースターターキットをご覧ください。

42Qについて

42Qは、60を超える製造施設に導入されたクラウドMESソリューションの大手プロバイダーです。 私たちの使命は、スケーラブルで柔軟で簡単な製造ソリューションを顧客に提供することです。 当社の経営陣は、幅広い垂直市場に展開された先進のMESおよび製造自動化システムの構造、開発および実装に関する豊富な経験を持っています。 42QはSanmina Corporationの事業部門です。 42Qの詳細については、42Qをご覧ください。
ロゴ – http://photos.prnewswire.com/prnh/20160502/362634LOGO

原文はこちら: 42Q Launches Digital Factory Starter Kit for Manufacturers

AIによる医療革命。創薬、臨床試験、ロボット手術、患者管理を効率化 世界のIoTに関するレポート公開中