【動画】香港IoT協議会2018 – Ir Peter YEUNG

【動画】香港IoT協議会2018 – Ir Peter YEUNG

Ir PeterYeungが香港IoT協議会で学んだことを語っています。

パネルディスカッションでは、様々な問題について話し合いました。話し合いの中で、一つの重要な側面が見えてきました。それは、IoTアプリケーションとスマートシティアプリケーション、つまり、アプリケーション自体についてです。このようなアプリケーションは、ビジネスにおける問題をどのように解決する事ができるのでしょうか。

重要な事は、これらの問題はどうユーザーに影響するかです。技術はますます進歩しています。様々なアプリケーションで出来ることを増やしています。

また、相互運用性と互換性に関する安全の基準についても議論しました。オープンデータとシェアデータについても話し合いました。そして、その議論の結果、全てのデータがオープンにされるべきではないとなりました。

多くの聴衆は特定の目的の為にデータを共有する事を好みます。例えば、個人の健康状態や、個々のヘルスケアに関するコストを削減するためのデータなどです。

これらの分野を伸ばしていくためには、2つの側面があると思われます。1つ目は、このスマートシティへの動きの中で、どのように一般市民が利益を得られるかを考えることです。結局、市民がこれらに対して有益性を感じなければ、便利性を感じることもないということです。2つ目は、未来を成長させる為には今日の投資が必須だということです。政府や事業の出資者がより多く投資をする必要があると考えています。

技術、アプリケーション、そして様々なユースケースを共有する事はとても良いことだと思います。そして、香港の3つの高齢化問題について考え続けていくことが大変重要です。

1つ目は、人工の高齢化問題、2つ目は、建物の老朽化、そして3つ目は財団規制ポリシーの問題についてです。このような問題を様々な企業と協力して考える事はとても素晴らしい事だと思っています。

元動画


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
【IoTレポート】インダストリアルインターネット(IIoT)と製造業の将来、2021年までの予測 世界のIoTに関するレポート公開中