IIoTで農業機器のリアルタイムデータを収集し、農業の生産性を向上させる

農業におけるIIoT – 記事

レポートの概要

巨大な可能性を広げる

農業産業は間違いなく、これまで以上に重要なものになるでしょう。国連食糧農業機関(OECD)によると、世界は増加している人口を養うために、2050年には食糧を今よりも70%多く生産する必要があります。

気候変動、限られた耕地面積、水不足、労働需要、苦痛を伴う移住、害虫や病気の発生に伴う作物不足の発生率などの要素が、この世界的な食糧生産の需要をさらに悪化させます。この需要を満たすために、農業者や農業企業がIndustrial Internet of Things(IIoT)に目を向け、その技術は重要な役割を果たすでしょう。世界の農業機械メーカーは、企業やエンドユーザーの生産効率を向上させることを検討しています。

彼らは、農家が目的を持って精密農業を実践できるよう機材の管理と追跡、および機器の状態に関するリアルタイムデータの収集を行い、農業機器をセンサーテレマティクスソリューションに適合させることでIIoTにおける近年の進歩を利用しようとしています。

業界は技術革新に新しいものではありません。 しかし、IIoTの導入により、農業は次のレベルに躍進すると予想されます。

IIoTセンサーは農家にデータの力を与えるでしょう。このデータを用いて、農家は降水量・土壌栄養水準・作物収穫量を正確に把握・予測し、害虫の侵入や作物の倒壊を防ぐことができます。

スマート農業の主な目的は、データを収集することだけでなく、このデータを有意義な洞察に変換して生産性を向上させ、手作業を削減することです。農業におけるIIoTの急速な進歩に伴い、農法が発展し続け、連結性が改善され、生産性が向上します。いくつかの伝統的な農業機器メーカーは、連結性および他の高度なスマート製造技術への移行をますます進めています。

このデータのすべてが農業にもたらし得る画期的な機会を探求し、発見することはエキサイティングなことです。この業界に関しては、IIoTの概念は遠い将来のものではありません。今が考え、行動する時期なのです。

目次

  1. 第1章 エグゼクティブサマリ
  2. 第2章 産業IoT – 研究の展望
  3. 第3章 農業におけるIIoTの概念の導入
  4. 第4章 IIoTが農業を変え得るトップエリア
  5. 第5章 農業OEMによるデジタルイニシアチブ
  6. 第6章 農業における最新動向とビジネスモデル
  7. 第7章 成長の機会
  8. 第8章 採用への主要な課題
  9. 第9章 最後の言葉

レポート情報

レポート名 IIoT in Agriculture
発行元 ReportBuyer
販売開始日 2017年12月
金額 $4,950(本記事記事公開時点)
ページ数 57
言語 英語 – 翻訳サービス

関連記事/レポート

11506

Report Buyerについて

Report Buyerは業界トップレベルの業界インテリジェンスソリューションであり、トップの出版社からのすべての市場調査レポートを提供しています。

ブロックチェーンがソフトウェア業界のインフラストラクチャを向上させる。2018年〜2022年の市場価値、成長パターン、現... 世界のIoTに関するレポート公開中